薬剤師が容易に転職する方法

薬剤師として転職する場合、できるだけ時間と労力を削減したいと考える人も多いでしょう。

しかし、安易に転職先を決めてしまっては、後になって「やっぱり好ましくない職場だった」と、また転職したいと感じてしまうかもしれません。

とはいえ、毎日の薬剤師としての仕事をこなしながら転職活動をするのは、けっこう大変ですよね。

この記事では、失敗しないで、かつ容易に転職する方法について述べていきます。

できるだけ手っ取り早く転職したい人が注意すべきこと

手間をかけずに転職したいと考え、転職に失敗してしまう人には共通点があります。それは、「情報を精査しない」という点です。

例えば、転職でやってしまいがちなミスとして以下の4つが挙げられます。

  • 友達、上司の紹介
  • ハローワークで職を探す
  • 求人票だけで判断している
  • 年収だけで判断している

これらはすべて「その職場についてよく調べていない」と言えます。もちろん、この4つの方法でも転職に成功できないことはないですが、かなり運まかせな方法です。

友人や上司の紹介は一見良さそうに見えますが、その友人や上司は職探しという点で見れば素人です。

転職コンサルタントの友人から話しを聞くならまだしも、同僚や上司に相談しても、求人の見分け方、人との相性など転職に関してかなり偏った意見しかもらえません。

確かに友人や上司は身近で信頼できるかもしれませんが、それで本当にいい転職できるかはまた別の話です。

では、ハローワークはいいんじゃないの?と思われる方もいると思います。しかし、実際のところハローワークもあまりオススメできません。

ハローワークは企業側が無料で求人広告を出せるため、多くの求人が集まりますが、その分質の質の悪い職場も多く求人を出しています。

実際に、ハローワークはブラック企業が多いことで有名で現在かなり問題視されています。さらに求人票に書いてあることと、実際の環境が異なっているケースも少なくないのです。

ハローワークでは、基本的に企業の情報は求人票しかないので、求人票に書いてあることをうのみにすることになります。このような理由から転職を失敗することが多いのです。

転職サイトを活用する

先に述べたように、求人先の情報をできる限り詳しく調べないと、せっかく転職したとしても今よりももっと労働環境が悪くなるかもしれません。

しかし、現職を日々こなしながら転職活動をするのは、時間も限られてしまい、じっくりと求人を精査するのが難しいのも事実です。

そこで、忙しい薬剤師が簡単かつ、確実に転職を成功させる方法が「転職サイト」を活用することです。

ハローワークとの違い

転職サイトを活用しろと言われても、ハローワークとの違いがよくわからないという人も多いかと思います。

先ほどのハローワークのように、求人票をうのみにしなければならないといったデメリットがないのが、転職サイトの特徴です。

転職サイトとハローワークの一番の違いは、民間企業が運営しているか、国が運営しているかという部分になります。

転職サイトは民間企業が運営をしており、人材紹介ビジネスを行っています。企業が求める人材を紹介し、就職が決まれば、企業側から報酬が出る仕組みになっているのです。

一方で、ハローワークは国が運営しているもので、イメージとしては区役所や年金事務所のような扱いになります。

どちらも求人を紹介するという点では同じですが、転職サイトの場合、企業側が求人広告を出すには料金が発生します。

その分、広告に投資ができるぐらい余裕のある企業の求人が集まるので、質の悪い求人も少なくなります。

さらに大きなメリットとしては、プロの転職コンサルタントが「求人を精査してくれる」ことです。

例えば、求人票に昼休憩は12~13時と書いてあっても、実際はお昼を食べながら仕事をしないといけないような環境であることもあります。

こういった場合、

転職コンサルタントを活用すること求人票のウラまで調べてくれます。もしくは職場見学をさせてもらうことができるため、求人票をうのみにして失敗することは圧倒的に少なくなるのです。

あとは自分の希望条件を伝えるだけ

前途の通り、転職サイト使えば失敗の確率を減らすことができます。

そして、転職コンサルタントが求人先の環境を調べてくれたり、給料などの交渉まで行なってくれます。

あなたが転職先を探すためにやるべきことは、自分の希望する条件をコンサルタントに伝えるだけで良いというわけです。

おそらく、現時点でもっとも容易に転職を成功させる方法だと言えましょう。ただ、注意しないといけないのは、理想が高くなり過ぎないようにすることです。

例えば、都内で年収700万スタートの求人がいいなどの条件では、ほぼ求人が見つからないといった状況になります。

転職コンサルタントを活用するときは、自分がこれだけは譲れないという条件を順位づけしておけましょう。

こうすることで、

  • 多少、田舎でも年収が高いならいいか
  • 年収が低くても風通しの良い職場で働きたい
  • 家から近い職場なら労働時間が長くてもがいい

など転職先が圧倒的に見つかりやすくなりますし、自分の一番適した求人を見つけることができます。少しでも労力をかけずに転職を成功させた場合は転職サイトを活用するようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする