予備校講師での薬剤師の年収や仕事内容まとめ

薬剤師は自身経験やスキルを活かして、薬剤師国家試験対策の予備校講師として働くこともあります。何年も薬剤師国家試験に落ちて、浪人している薬学部生に対して、試験対策を行っていくのです。

その内容としては、試験の出題範囲から授業行います。例えば物理屋科学といった基礎科学の講義や薬剤師に必要なリズムとなる薬物動態や副作用等について事業を行います。

このような、薬剤師の中でもから確実的な学術的な内容に興味のある人は予備校の講師として働くこともできるのです。

予備校講師での薬剤師の仕事内容は?

授業は講義形式やマンツーマン指導など予備校によって差があります。最近では、ネット配信を使った講義や、大学への出張を行い国試対策の講義をすることもあります。予備校によっては、大学と提携して授業を行うスタイルのところもあります。

また、薬学部が6年生に移行された際に追加された実務項目などについての授業も行います。予備校で働く薬剤師に求められるスキルとしては、1番にわかりやすく説明できる能力になります。

薬剤師国家試験の内容はどうしても複雑になりがちなので、難しい専門用語や定義などわかりやすく説明する能力が求められます。また、生徒との信頼関係も大切なので、コミュニケーション能力も自然的に必要となってくるのです。

マンツーマンでの指導を行っている予備校であれば、この傾向が顕著に現れます。さらに、講師同士の連携する際にもコミニケーション能力が必要なので、予備校講師には必要不可欠なスキルとなります。

必ずしも資格は必要ありませんが、薬剤師の国家資格を所有している必要はあります。

これから薬剤師国家試験に臨む生徒に対して説得力が薄まりますし、自信を持って教えることも難しくなります。生徒に授業を行う以外の時間帯は、講師同士の会議や、事務作業を進めていきます。授業で話す内容をまとめたり、模擬テストなどを作ったりと書類作成業務が多いです。

予備校薬剤師の年収

年収は平均して350万円程度です。また、初年度はこの年収で働き始めますが、講師として経験を積んでいくと昇給もあります。3年目でも月収35万円、年収で500万円近くになることが一般的であると言えます。

平均年収は低いですが、薬剤師が予備校講師として働く場合、年収は個人によって大きく変わります。

予備校講師で働くメリット

1.説明する能力が身につく

生徒に対して薬品の知識や薬学の知識を教える側に立つと言うところで、やはり説明する力は自然と身についてきます。

この説明力は、どの職業でも活かすことができるのです。例えば、薬局に転職した場合、服薬指導の際患者さんにわかりやすく、薬の使い方を説明することにもできます。また、企業に入れば、プレゼンテーションの際に説明する力を活かすことができるでしょう。

2.派遣やパートなどの働き方もできる

予備校講師は、正社員だけではなくパートやアルバイトといった働き方も多いです。そのため、働く時間を自由に選ぶことができるため、家庭との両立を目指し、薬剤師にも向いています。

また、予備校によっては派遣社員として講師を雇うこともあるので、空いた時間を活用して働くことが出来るのも魅力の1つです。さらに、資格手当や住宅手当て、残業手当など福利厚生も充実しているのです。

3.知識が深まる

生徒に薬学の知識や薬剤師国家試験に関わる知識を教えることによって、自分自身の薬に対する理解も高まります。人に教えることによって記憶が残りやすくなると言われているように、毎日生徒に教えるような予備校講師は知識を深めるにはうってつけの仕事であるといえます。

予備校講師で働くデメリット

1.夜間や土日出勤も多い

薬学生のスケジュールと合わせて、基本的に予備校の授業は夜間や土日に行われることが多いです。そのため、夜遅い時間帯の仕事や、土日出勤が当たり前となります。

パートや派遣と言うこの携帯であれば、働くよりはある程度選ぶことができますが、それでも土日もしくは平日の夜間の勤務となる事は避けられないでしょう。

2.給料が低い

先ほど、給料について解説しましたが、一般的な薬剤師と比べると平均年収は低めになります。ただ、生徒たちからの評価が上がり、人気講師となれば、年収を大きく上げることも可能です。

中には年収1000万円以上稼ぐ人もいます。しかし、ごく1部の人に限られるので、基本的には年収300〜500万円だと認識しておきましょう。

3.薬剤師としてのスキルが身につかない

予備校講師なので、調剤業務はもちろん、薬剤師としてのスキルを身に付けることができません。そのため、薬局やドラッグストアでの実務経験を積みたいなど薬剤師としてスキルアップしてきた人にはあまり向いていない職業だといえます。

薬剤師が予備校として働く際の将来性

薬剤師として働きたいと言う人が増えたこともあって、薬だけは薬学部は6人制に行こうされました。そのため、以前よりも薬剤師国家試験の難易度が上がったため、国試対策として、予備校へのニーズも高まっています。

実際に、2009年から2013年の間で薬剤師国家試験の受験者数は約6,000人から12,000人に増えています。つまり、4年間で倍以上の人数に増えているのです。

ただ、不合格の人数も増えています。6年生に移行してから9でもなかったので、何回も試験に落ちて浪人してしまう人も多くいます。こうした背景から、今後も予備校講師の薬剤師のニーズは高まっていくと予想されます。

このまま、薬剤師国家試験を受験する人数が増えつづければ、今よりもさらに予備校講師の薬剤師の年収も上がっていくでしょう。

薬剤師が予備校講師として働く際の求人の探し方

予備校講師の求人は一般的なにはあまり出回っていません。実際に、インターネットで「薬剤師 講師 募集」と検索してもなかなかヒットしないことも多くあるでしょう。実際に、大学受験に関する予備校であれば数多くありますが、薬剤師国家試験の対策に特化した予備校は数が少ない傾向にあります。

そこで、最も確実な方法としては薬剤師専門の転職サイトを活用することです。薬剤師に特化した求人を数多く保有しているため、予備校講師の求人も見つかるでしょう。

ただ、薬剤師の講師を募集している求人は少ないため、非公開求人として扱われていることが多いです。非公開求人は転職サイトに登録することで閲覧することができます。少しでも早く求人情報を知っておくためにも、あらかじめ転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

知識に触れる機会が減ったと感じる薬剤師に人気

薬剤師として薬局や病院に詰めて詰めていると、どうしてもルーティンワークになりがちです。症状や患者さんの飲み薬に合わせて、必要な薬を調剤したりピッキングするといった流れ作業になってしまうことが多くなります。

薬剤師と言うよりかは、黙々と作業することから、工場で働いているのかと錯覚してしまうこともあるでしょう。このような、知識や薬学に触れる機会が少なくなったと感じる人は予備校講師で働くことをお勧めします。

前途の通り、生徒に説明することで自分の知識も深まっていきますし、人と関わる仕事になりますので、今までとは違った薬剤師の働き方を経験することができるでしょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする