薬剤師で上司から叩かれる時の対処法

恐怖を植え付けることによる教育は、年々減ってきているものの、いまだに解決されていない問題の1つでもあります。

叩く側は愛のムチだとしても、叩かれる側にとっては、精神的にも大きな傷を負ってしまうケースもよくあります。

その結果、今の職場にいることが辛くなってしまうのです。

しかし、どんな些細な暴力でも、ふられた以上はやり返すことをお勧めします。

もちろん、暴力で返せと言ってるわけではありません。ただ、圧倒的に暴力を振った側が悪いのは明白です。

叩くのは教育ではなくパワハラ

その上司に対して、暴力振ったことについて言及すると必ずと言っていいほど口にするのは、「お前のためを思ってやってるんだ」といった言葉です。

つまり教育の一環として行っているというのが、彼らの言い分なのです。

では、果たしてその暴力によってどんな生産性が生まれるのでしょうか?

現にあなたは今の職場にいづらくなっていて、「仕事に集中」どころでは無いはずです。

このような、精神状態は仕事に対して一体どのような生産性を生むでしょうか?

確かに、少しの恐怖心を使って、集中力を引き上げる教育方法もありますが、精神的にダメージを与えるまでの行為はすべてパワハラに当たります。

2012年に厚生労働省が発表した「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」では、以下の6つの行為を行っている場合、れっきとしたパワハラに当たると明記しています。

1.身体的な攻撃
・殴る蹴る、突き飛ばす、胸ぐらをつかむなどの暴力行為
・物を使って叩く

2.精神的な攻撃
・同僚の前で「バカ」「アホ」「親の顔が見たい」といった侮辱的な言葉を言う
・「どこの職場に行っても通用しない」などの名誉毀損
・「クビにするぞ」などの脅迫的な言葉

3.人間関係からの切り離し

・座席を一人だけ離れた場所に隔離する
・呼ばれても無視をする
・仲間はずれにする

4.過大な要求

・明らかに達成不可能なノルマを課す
・仕事のやり方がわからないのに無理に押し付ける

5.過少な要求
・延々と単純作業のみをさせる
・仕事を与えない

6.個の侵害
・従業員の携帯電話をのぞき見する
・休日の予定や恋人についてなど、プライベートについて執拗に問う

以上の6つの行為は、現在もなお教育の一環として行っている人が多いといいます。

仕事の能力が低い、ミスが多いといった従業員に対して、嫌がらせをすることで仕事に対する意識を変えようとするのです。

ただ、もっとひどい場合には、ただ単に自分が気に入らないと言うだけで、このようなパワハラを行う人も中にはいます

叩くのはパワハラにとどまらず犯罪である

実際に軽く叩くだけでもパワハラにとどまらず、法律上罪にも問われます。

①加療を要する程度の有形力の行使(傷害罪・刑法204条)

②これに至らない程度の身体に対する有形力の行使(暴行罪・刑法208条)

③身体以外に対する有形力の行使(机を叩く、怒鳴り声を上げる等)がある。

つまり、怪我を追わなくても、暴力を振った時点で法に触れるのです。ましてや、体に触れずにものを叩いて、恐怖を与えるだけでも犯罪になるのです。

もしあなたが、職場での暴力に悩んでいるのであれば、訴えれば勝つことができるのです。

そのため、今の状況から逃れるために、裁判を起こすのも1つの方法です。

証拠が何より大事!

ただ、それには上司に暴力を振るわれたと言う確固たる証拠が必須になります。

暴力を振られても、それを証明できなければ、裁判で負けてしまう恐れもあります。

そのため、ボイスレコーダーであったり、第三者の証言を借りるなどして、証拠を提示する必要があります。

労働基準監督署に掛け合ってもらう

また、裁判を起こすべきか悩む場合には、労働基準監督署に相談すると良いでしょう。

労働基準監督署(以下、労基署)とは労働基準法や、労働者保護法規などに基づいて、各職場を監督をしている機関になります。

この労基署には、総合労働相談コーナーが設けてあり、労働者の問題や疑問の相談に乗ってくれます。

「今の自分の状況は、労働基準法違反ではないのか?」

「これって、パワハラ?」

といった疑問など全て受け付けてくれます。やはりパワハラに関する相談は多いようで、その相談件数は6万件を超えると言います。

そのため、叩かれた、暴力を振るわれたからと言ってすぐに裁判を起こすよりも、まずは労基署に問い合わせてみるのも良いでしょう。

転職する人の方が圧倒的に多い

労基署に相談しても、満足な解決策が得られなかったり、穏便にことを済ませたい場合、職場を変えてしまうのが最も手っ取り早いでしょう。

実際に、裁判を起こすとなれば、その分お金と時間もかかります。

確実に相手が悪いと思っていたとしても、決着が着くのは早くても数ヶ月後という話です。

また、そこで判決が出て裁判に勝ったとしても、今の職場では働きづらい雰囲気が漂ってしまうこともあります。

そのため、転職する人のほうが圧倒的に多いのです。

裁判で闘うのがめんどくさいと言う人は、初めから転職して職場をリセットすることで解決するのです。

もし、転職するのであれば、もう二度と今のようなパワハラが起きる職場では、働きたくないと考えるはずです。

では、人間関係が円滑な職場はどのようにして探していけば良いのでしょうか?

ここで、1番のポイントとなるのが、「職場見学」をすることです。

多くの人は求人票だけ見て判断しがちですが、これでは、職場の雰囲気までは調べることができません。

また、求人票に書いてあることが事実でないこともよくあります。

そこで、実際に自分の目でを見ることで、求人票とのギャップも調べることができますし、雰囲気もある程度は把握できます。

職場見学をするには、転職サイトのコンサルタントに申し出をすれば行うことができます。

そのため、転職する際には、必ず職場見学を行ってから求人先を決めるようにしてください。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする