薬剤師で座り仕事やデスクワークの職業まとめ

薬剤師は、病院や薬局ドラッグストア等の袋で働いても1日中立って仕事することがほとんどかと思います。

しかし、体力勝負の毎日に疑問を感じている人も多いのではないでしょうか?

こうした場合、医薬品関連の異業種であれば、薬剤師でも座って仕事ができる職場が多いです。

そこで、今回は薬剤師のデスクワークやつまり仕事の職業についてまとめて解説していきます。

製薬会社で働く

薬剤師のデスクワークや座り仕事がメインの職場として1番に挙げられるのは製薬会社です。

主に、医薬品に関する研究データや調査結果などをまとめる仕事が多いので、PCを使った事務的な作業が基本となります。

製薬会社によるデスクワークの仕事は以下のような職業となります。

コールセンター業務

医薬品食品には必ずお問い合わせ先の電話番号の記載があります。

薬剤師や医師から医薬品に関する質問に答えるためにお問い合わせ窓口を設けているのです。その対応するのがコールセンター業務の仕事です。

コールセンターでは、基本的に電話システムを使って対応するので、PCの前に座って待機してることが多いです。

幅広い薬品の知識と、専門性が求められる職業なので、薬剤師としての知識が非常に生かせる職場だといえます。

DI業務

薬剤師ができる様に仕事の典型的なものは、医薬品卸会社のDI業務です。DIとは、Drag Informationの略で、医薬品に関する情報空間にするプロフェッショナルのこといます。

過去に行った医薬品に関する研究から最新の研究まで、薬に関する情報まとめて管理や提供を行う仕事なのです。

薬品に関する研究や臨床実験のデータはそれなりもありますので、このような専門的なデータを薬剤師の薬品の知識を持っている薬剤師が管理するのが適任といえます。

また、薬品のデータや先進医療に関する情報などを薬局や病院など医療現場に提供するのも仕事内容が1つあります。

開発・研究職

新薬に関する開発・研究を行うにあたり、データを処理したり、管理する業務が多いです。そのため、座り仕事がメインとなります。

新薬が開発されることによって、多くの人の健康に貢献できるため、非常にやりがいのある仕事であると言えます。

製薬会社で働くメリット

製薬会社で働く場合、年収が高くなる傾向にあります。低くても600万円以上、高ければ、1000万円以上稼ぐ薬剤師もいます。

薬剤師として年収1000万円稼ぐのは、非常に難しいですが、製薬会社で経験と実績を積んでいけば可能なのです。

さらに、調剤薬局よりも福利厚生が良く、雇用も安定しています。退職金や手当、保険など一般的な調剤薬局と比べると雲泥の差があります。

そのため、一つの職場で長く働きたい人には向いている職場だと言えるでしょう。

製薬会社以外の座り仕事

では、製薬会社の他にデスクワーク、座り仕事の業務はあるのでしょうか?もちろん、製薬会社以外でも、以下のような職場であれば、座りながら作業することができます。

1.CRA(臨床開発モニター)

新薬の開発を行う「治験」を進める上で、必要な書類や臨床試験データなどをまとめる仕事です。

治験の結果を報告する、症例報告書などの書類作成が多いので、座り仕事やデスクワークが基本となります。

治験に関するの仕事内容については別の記事で詳しく解説していますので、あわせて参照いただければと思います。

薬剤師におけるCRC(治験コーディネーター)の役割についてまとめてみた
薬剤師の中でも、メジャーとは言いがたいCRC(治験コーディネーター)というお仕事。 治験に関わる仕事なので、新薬を開発...

物流倉庫物流センター

物流の倉庫といえば、ベルトコンベヤーで運ばれてくる荷物を仕分けていくイメージがあるかと思います。

そのため、立ち仕事が多いのでは?と考える人も多いでしょう。しかし、実際は薬剤師が出荷作業などを行うことはありません。

薬剤師は事務所でデスクワークの作業がメインとなります。医薬品の種類や数を管理する仕事がほとんどです。

座り仕事、デスクワークは土日が休みが多い

薬剤師として勤務していると、職場によってはなかなか土日に休みが取れないことも多いでしょう。

一方で、上記の通り薬剤師の座り仕事、デスクワークは企業での仕事が多いため、基本的に土日休みになります。

そのため、カレンダー通りの休み欲しい薬剤師にとっては好都合と言えましょう。また、薬局にように人手によって有給が取りづらくなることもありません。

このように、座り仕事の業務であれば、比較的に休みがとりやすい傾向にあります。

座り仕事、デスクワークの求人

薬品業界で座り仕事の業務はかなり希少だといえます。そのため、転職サイトでも「非公開求人」として扱われています。

非公開求人は、転職サイトに登録している人だけが閲覧できる求人のことです。

そのため、求人を探すには転職サイトに登録しなければ見つけることが難しいといえます。

また、労働条件や、職場環境など転職エージェントに相談することで、希望に合った求人を探すことができます。

そのため、座り仕事やデスクワークの求人を見つける場合には、転職サイトを活用するようにしましょう

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする