新人薬剤師がミスを連発して辞めたい時に考えること

必死に勉強して、薬剤師になったのはいいものの、周りの同僚よりもミスが多く自分は薬剤師に向いてないんじゃないかと悩んでしまうこともあるでしょう。

調剤ミスをしただけで笑われたり、自分の不手際のせいで患者さんからクレームをもらったり、どうしても自分には向いていないと考えがちになります。

また、時々ミスをするぐらいならまだしも、毎日のようにミスを繰り返してしまうと、新人であってもいっそのことやめてしまいたいと考えてしまいます。

しかし、まだ薬剤師になったばかりなのに退職してしまって良いのか、今後のキャリアに傷がつかないんだろうかと心配な部分も多いでしょう。そこで、今回は新人薬剤師がミスを連発して止めたい場合の注意点についてまとめていきます。

ネガティブな理由で退職する場合

「ミスをしているから辞めたい」というのは一般的に見れば、ネガティブな退職理由です。そのため、薬剤師を辞めたとして転職する際に不利になる場合が多いです。

 「ミスが多い」のは誰のせいか

薬剤師に向いていないかもと考える人は100%自分に非があると思っているかもしれません。ただ、よく考えてみれば、自分以外のところに非があるケースも例外なくあるはずです。

確かに、最終的にはミスをしてしまう自分が悪いのですが、根本的な原因としてその職場が関わっていることがあります。

例えば、落ち着いて作業すればこなせる作業なのに、上司が必要以上に怒るせいで集中できずにいつも連発してしまうなどがあります。

また、一緒に働いている先輩薬剤師から適切なフォローが得られない場合もミスをする要因として挙げられるかと思います。

何やら自分の責任を人になすりつけているように聞こえますが、何が問題なのかを客観的に考える事は悪い事ではありません。

客観的に考えて、全面的に自分が悪い場合にはもちろん真摯に受け止めて改善していく必要があります。

ただ、1番の原因は会社側にあるのにそれを全て自分の責任だと自分を追い込みすぎてしまってはいずれメンタルが崩壊してしまいます。

そのため、今自分で起こしてしまったミスは本当に100%自分の責任なのかということを客観的に考えていくようにしましょう。

この時、一時的な感情に流されないようにしましょう。ミスをしてしまって落ち込んでいる、もしくは怒っているときに客観的に考えようとしても不可能です。

落ち込んでる時は自分が悪い要因ばかり出てきます。反対に、怒っている場合は会社側の悪いところばかりに目がいってしまいます。

そこで、できれば働いている職場とは関係ない第三者の人に判断してもらうようにしましょう。例えば、家族や友人などの意見を参考にしてみるのです。

自分が悪い場合は会社を辞めても問題ないのか

客観的に自分のミスを分析してみて得られた答えが100%自分が悪い場合は会社を辞めた方が良いのでしょうか。

これに関しては、自分がどんなミスを犯したかによって変わってきます。調剤ミスをしてしまうといった場合、調剤業務のない職場に転職すれば働きやすくなるでしょう。

ただ、入力ミスや情報の伝達ミスはどこの職場に行っても必要なスキルなので転職したところで何も変わりません。

つまり、自分の向き不向きによって選べる業務と、仕事であれば必ず必要になってくる業務のどちらの部分でミスをしてしまっているのかを考える必要があります。

ただ、向き不向きによって選べる仕事でも薬剤師1年目の人が多少調剤ミスが多いからといって自分には向いていないと考えるのは早計です。

ミスばかりしてしまう環境は辛いかもしれませんが、できれば2年3年は続けなければ自分にその仕事が向いてるかどうかなど正確にわかりません。

また、調剤業務など薬剤師特有の仕事内容でミスが多い場合、あなたが薬剤師を続けたいのなら転職することをお勧めできません。

薬剤師の仕事は基本的にはどこに行っても同じなので、結局転職先でも同じミスを繰り返してしまいます。

そこで、薬剤師を続けたいのなら、今の職場で調剤スキルを改善する努力をしていくのが手っ取り早いでしょう。

薬剤師一年目の新人でも辞めたい場合

自分の向き不向きを正確に理解してから職場を辞めるようにしましょうという話をしてきましたが、もう限界が来ていて1日でも早く仕事辞めたい人もいるでしょう。

こうした理由としては、調剤ミスが多いせいでいじめられたり、「お前向いてないからとっととやめろ」といった暴言を浴びせられるからといったケースが多いです。

このように自分のミスから、人間関係が悪くなってしまった場合毎日のように責められるので精神的に辛くなってしまいます。

さらに、人間関係が悪いから必要以上に緊張感が溜まってしまってミスが多くなるのです。

1.ミスが多い

2.人間関係が悪くなる

3.さらにミスが多くなる

といった悪循環が生まれている場合もあるのです。このように、人間関係の悪化からミスが増えてしまっているのであれば、環境リセットするために転職するのも1つの方法です。

転職をする意志が固まったら

冒頭でも少し説明しましたが、ネガティブな理由で退職するとその後の転職が不利になります。そのため、戦略を練っていく必要があるのです。そこで転職サイトを活用してきます。

新人で辞めてしまった場合には必ず今度は長く仕事が続けられるのかということを心配されます。

ここで一番考えなければならないのが退職理由です。転職時の面接で確実に質問されるところです。

言わずもがなとは思いますが、ミスが多いから前職を辞めたとは伝えない方が得策です。ミスが多い人材を採りたい企業はゼロだからです。

ただ、新人で1年目で退職してしまった場合は退職理由についてかなり追求されるでしょう。

そこで、ネガティブな理由をポジティブに変換する能力が求められます。例えば、

薬局の仕事がルーティン化してきてやりがいを感じられなくなってしまった

病院で最新医療を学びたい

と言った感じでポジティブな理由に変換していくのです。

基本的には過去から理由をつくるのではなく、未来から理由を作ればポジティブなものになります。

しかし、人間関係の問題はポジティブにしにくいです。「人格を否定しない上司の元で働きたい」と言ってもネガティブに聞こえてしまいます。

この時、転職サイトのコンサルタントと相談することで、プロ目線からアドバイスを聞くことができます。

ネガティブな理由で退職する人の方が圧倒的に多いので、転職時にどのように自己PRしていけばいいか悩んでしまう人がほとんどです。

このような場合、多くの人転職コンサルタントに相談して自分に納得できる退職理由を一緒に考えていくのです。

転職する場合には、プロ目線でのアドバイスを元に戦略を練っていた方が確実です。そのため特に新人でミスが多くて辞めてしまった人は転職時にコンサルタントに相談することをおすすめします。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする