薬剤師が「船舶に乗り込む衛生管理者」を取るメリット

ダブルライセンスとして他の薬剤師との差別化をはかる人も多いです。その1つの方法として船で、働けるように船舶に乗り込む衛生管理者(以下、船舶衛生管理者) 取得してると仕事の幅が広がります。 そこで、今回は船員法に規定されている国土交通省の国家資格である船舶衛生管理者の資格についてご紹介します。

船舶衛生管理者とは

大型の船であれば、緊急時に備えて船舶医が乗船していますが、中型や小型の舟ではこうした船舶医を持っていないケースが多いです。この時、潜伏衛生管理者が乗船することによって、病気や怪我をしてしまった場合に対処することができるのです。 日本は島国なので海に出ることが多くありました。

しかし、陸地に比べて病気の発生率が高いことが問題とされていたのです。もし、乗船中に時になってしまっても、漁が終わるまでは陸地に戻れないこともあり、迅速に対応していればすぐに快方に向かっていたはずが、船上で重症化してしまい治りが遅くなるケースが多々ありました。そこで、乗船中の衛生管理は非常に重要であると考えられるようになったなったのです

船舶での働き方

船舶で働く流れとしては、まず、国土交通省大臣へ「衛生管理者適任証書」の新生ございます。申請を行います。一般的には国土交通省大臣が失効する試験を受けなければ、取得できませんが、薬剤師であれば申請するだけで衛生管理者適任証書を取得することができます。 そして、衛生管理者適任証書を取得している人の中から、船舶の所有者が船舶衛生管理者として選任するわけです。こうして、船上の薬剤師として働くことができるのです。

小型の船舶であれば、主に医薬品や食料を管理する仕事がメインとなります。一般的な衛生管理者との大きな違いとしては、船舶衛生管理者は薬剤投与、注射、傷口の縫合といった医療行為を行うことができるのです。

薬剤師はこのような医療行為な理屈では認められていないため、薬剤師が直接患者さんの治療にあたることが戦場では可能になるのです。そのため、注射薬や麻酔などを扱った経験があれば船上でも生かすことができるでしょう。

これからも必要な資格か

日本は海に囲まれている国であるため、漁業は最も盛んな産業ではあります。そのため、今後も船舶衛生管理者がなくなる事はありません。

薬剤師であれば、資格取得することは簡単ですが、他の薬剤師が普段できない医療行為の技術を身に付けることで、衛生管理全般のプロフェッショナルとして活躍できるようになります。船舶医を雇うことができない小型の船舶も多いため、船舶衛生管理者の方が需要が高いです。

向いている人

医薬品の調剤んだけどなく、自分の手で患者さんを治療することに興味がある人には、衛生管理のスキルアップに役立てることができるでしょう。

また、魚業産業の衛生管理のプロとして薬剤師の知識を活かしたいと言った方には非常におすすめの資格であるといえます。

船舶衛生管理者の求人を探すには

船員に関するハローワーク等でも探すことができます。ただ、薬剤師経由の船舶衛生管理者であれば、薬剤師専門の転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

船舶衛生管理者の求人は少ないですが、キャリアコンサルタントの話を聞くことができるので、仕事内容や職場環境がより具体的になります。

また、船舶衛生管理者として働くには、船舶所有者に選ばれることが必要なので、船舶の種類によってアプローチのかけ方も変わってきます。そのため、情報源の1つとして転職サイトを活用しでおくと船舶衛生管理者の国家資格を有効に使うことができるでしょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする