女性薬剤師が産後に復帰する際のベストな選択肢とは?

子供を出産した薬剤師の悩みの1つとして、どのように仕事復帰するべきかというものがあります。

特に、今まで薬剤師として積極的に働いてきた人であれば、早く仕事に復帰したいと考えるでしょう。

しかし、生まれたばかりの子供の世話をしなければならないこともあり、なかなか産後に復帰することも難しい状況かと思います。

そこで、女性薬剤師が産後復帰する際のベストな選択肢について解説していきます。

産休の期間はいつまで?

まず、産後どのくらいの期間で復職することができるのでしょうか?

産休には、出産前に取得できる休み「産前休業」と出産後の出勤することができない期間「産後休業」の二つがあります。産前産後合わせると最長で14週間の休業となります。

産前休業は出産予定日の6週間前から取得することができますが、必ず取得しなければならないものではありません。

産後休業は出産後、8週間まで休業することになります。こちらは法律上「事業主は、産後8週間は働かせることができない」と定めているので、必ず休業する必要があります

ただ、健康状態に問題がないと医師が判断し、本人の意思がある場合は産後6週間で復帰することができます。

つまり、健康状態に問題がなければ、1ヶ月半後には仕事復帰できると考えて良いでしょう。ただ、自分の健康状態や生まれたばかりの子供の状況もあるので、一般的には、8週間しっかりと休みを取るケースがほとんどです。

産休から育休に入るのが一般的

さらに、ほとんどの人は産休が終わったら、そのまま育休に移行することが多いです。

実際に、育休中は会社から支給されるお金である「育児休業給付金」があるので、無収入と言う事ではありません。

そのため、大事をとって子供が1歳の誕生日を迎えるまで、休業することが多いです。

ただ、育休は全ての人が取得できるものではありません。育休を取得するにはいくつかの条件があります。

  • 育休後も同じ会社で働き続ける意思がある
  • 1年以上同じ会社で働いている
  • 週3日以上で働いている

この条件を満たした上で、子供が1歳の誕生日を迎えるまで休業することができるのです。

また特別な理由があれば、1歳6ヶ月になるまで延長することも可能ですが、基本的には1歳になるまで休業することができると考えるようにしましょう。

育児休業給付金はいくらもらえるのか

育休中に生活に必要な資金を支援する「育児休業給付金」ですが、実際どれくらいの金額がもらえるのでしょうか?

育児休業給付金を受給するのにもいくつかの条件をクリアしなければなりません。以下の条件を満たした杯飲み直することができます

・雇用保険に加入する65歳未満の方で、育児休業する前の2年間のうち1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること
・休業中に職場から賃金の80%以上を支給されていないこと
・休業している日数が対象期間中毎月20日以上であること

つまり、雇用保険に入っていて1年間、週3回以上働いていて、長期間の育児休業であれば、基本的に取得することができます。

では、実際にどれくらいの金額がもらえるかというと、育休の期間によって変動があります。

・育児休業開始~約6ヵ月:月給の67%
・育児休業開始から6ヶ月以降:月給の50%

例えば例えば、女性薬剤師の平均月収36万円で考えると、

1.育休開始~6ヶ月
36万円×0.67=24万1200円
2.それ以降
36万円×0.5=18万円

つまり、育児休業給付金を受給することができれば、休業中にも一般的な会社員の初任給程度の金額がもらえるわけです。

育休を取らない場合には

ただ、育休の条件を満たしていなかった場合や、どうしても働かなければならない理由がある場合、育休を取らずに産後に復帰する人もいます。

もちろん、先ほど説明したように、健康状態に問題がなければ最短で産後から6週間仕事復帰することができます。

ただ、この時注意しなければならないのが、遅刻、早退、欠勤です。

やはり、子供が生まれたばかりだと急に熱を出したり、自分の体調の問題などもあるので、仕事にいけない時間も増えてくるかと思います。

生まれたばかりの子供の世話をしてくれる人が自分の他に見つかれば良いですが、なかなか頼れる人もいない人が多いのではないでしょうか?

そのため、どうしても産後に仕事復帰しなければならない場合には、会社に急に休みになってしまう可能性があることをしっかりと伝えておくようにしましょう。

産後休暇後に復職せずに転職することは可能?

あなたの勤めている会社が育児に理解のない職場であった場合、産後明けだとしても融通が利かないことがあります。

例えば、子供が急に熱を出したとしても、休ませてもらえなかったり、早退することができないといった会社も中にはあります。

産後休業は取得したものの、会社に戻って働くことに不安を感じる場合、職場を変えたいと考える人もいるのです。

こうした場合、産休を取ったまま転職することは可能なのでしょうか?

実際に、産後休業のまま職場に戻らず転職することは可能です。

また、育児休業給付金は満額受給したままで、とくに返還する必要もないのです。ただし、職場によっては円満退社には至らない可能性は高いです。

あなたの穴を埋めるために代わりに薬剤師が働いてたりするので、会社側にとってはおもわしくないでしょう。

あなた自身も咎められる気持ちになるかもしれません。ただ、制度上は問題なく産休のまま転職することは可能です。

そのため、どうしても仕事復帰する気持ちがないと言った場合のみ行うようにしましょう。

仕事復帰してから数ヶ月後に転職するとという手段もあります。こちらの方がまだ会社への負担が少なくて済みます。

産後に家庭と仕事の両立を図るには

出産後の子育てを見越して今の職場を選んでいるのであれば、家庭との両立も問題なくできるかと思います。

ただ、今の職場では家庭との両立が難しいと考える場合、どのような選択肢があるのでしょうか?

こうした場合、多くのママ薬剤師は働きやすい雇用形態を選びます。

例えば、時間の自由度が高く、急な休みも取りやすいパートやアルバイトとして働く人が多いです。

派遣やパートといっても時給が非常に高いので、給料の面でもかなり安心することができます。実際に時給換算すれば正社員よりも高いです。

さらに、病院などの求人も派遣やアルバイトであれば見つかるので、一度病院薬剤師を経験してみたいと考えている人にはタイミングが良いかと思います。

病院といっても一般的な薬局と時給は変わらないのですし、働く時間も選べるためスキルアップも目指していきたいと言うのも薬剤師に人気のある職業です。

このように、家庭と仕事を両立させたいとという薬剤師には派遣やパートで働くことをお勧めします。

正社員として働くママ薬剤師もいますが、やはり休みが取りづらく体力的にも精神的にもきつくなってしまうことがあるようです。

正社員=会社に骨を埋める覚悟で役に立ちます!

パート、派遣=できる範囲で会社の役に立ちます!

このような、雇う側と雇われる側の共通認識としてあるので、家庭との両立を考えるのであれば、パートや派遣の方が向いていると考えて良いでしょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする