療養型病院で働く薬剤師のやりがい集

病院薬剤師がスキルアップができることで有名ですが、療養型病院で働くとなると話しは別です。

一般的な急性期病院では、病状が不安定な人が多いので、日によって処方するお薬が変わってきます。そのため、幅広い医薬品の知識を身につけることができます。

一方で、療養型病院は病状が安定した患者さんが多いので、決まったお薬を処方します。慣れてしまえば、ルーティンワークになりやすいところがあります。

このような部分で、急性期と療養型ではスキルアップに差が出てしまうのです。

病院薬剤師になる人はスキルアップをやりがいに働くことが多いのですが、療養型病院ではどのようなことにやりがいを感じる人が多いのでしょうか?

療養型病院のやりがい

チーム医療が学べる

看護師などの医療従事者と連携して治療を行います。いわゆるチーム医療が経験できます。

一般的な病院と比べて、スキルアップに差が出てしまうとは言えど、チーム医療に関しては学ぶことができます。

多くの薬品を取り扱う事は少ないものの、チーム医療と言う面では一般的な病院と変わりません。

そのため、他の業種と協力して医療を行った経験は薬剤師としてスキルアップになります。

一般的な病院と比べると学びが多いとは言えませんが、病院薬剤師としては同じなので、全くスキルアップできないと言うわけではありません。

このように、病院ならではの仕事内容を経験して少しでも薬剤師として成長することをやりがいにしている人が多いのです。

一人、一人の患者さんとコミュニケーションが取れる

療養型病院は、単発で1日だけ診察されて終わりという患者さんはほぼいません。

やはり、体調が回復するまで長い期間病院に通い続ける、もしくは入院している患者さんが多くいます。

そのため、患者さんと関係性を作りやすいのです。調剤薬局ではどうしても患者さんの数が多いと一人ひとりにじっくりと服薬指導することが難しいです。

それに比べて、療養型病院は患者さんに対して、面と向かってしっかりと服薬指導ができるのです。

薬剤師の中でも、長期的に患者さんとコミニケーションが取れる機会は珍しいので、このような人との触れ合いをやりがいとしている薬剤師も多くいます。

患者さんを完治させる

患者さんとコミニケーションが取れるという事は、それだけその患者さんに対する思い入れも大きくなっていきます。

薬剤師としては、医薬品を通して患者さんの体調を良くしてあげたいと言う気持ちが増してきます。

もちろんこれは療養型病院に限らず薬剤師全般に言えることですが、長期的に患者さんとコミニケーションが取れるので、その傾向が顕著になります。

患者さんへの思い入れが強い分、患者さんが完治したときの喜びもひとしおです。ただ、もう病院に来なくなることを考えると少し寂しくも感じますが。

このように患者さんを完治させることをやりがいとしている療養型病院の薬剤師は多いのです。

高齢者と接することの強み

現在、少子高齢化が進んでいますので、療養型病院は高齢者の患者さんが多い傾向にあります。

つまり、療養型病院で働き続ければ必然的に高齢者への対応が上手になってきます。

今後さらに高齢者が増えてきたときに病院薬剤師のニーズは高まっていきます。そのため、高齢者への投薬に慣れていればその分、転職活動のアピールポイントとしても使えます。

もちろん、一般的な病院でも高齢者の数が多いのですが、療養型に比べると少し劣っている状況です。そのため、高齢者の患者さんに対する知識が学べると言うのは療養型薬剤師ならではのメリットと言えましょう。

療養型病院の労働環境

ここまで、仕事内容のやりがいについて説明してきましたが、療養型病院の働きやすさをモチベーションにしている人も多くいます。

一般的な病院と言えば、夜勤や当直があったり、年収が低いと言うイメージを持っている方も多いと思います。しかし、このような病院薬剤師のデメリットは療養型病院に関してはありません。

この記事の冒頭でも説明したように、療養型薬剤師は病状が安定した患者さんが多いです。

そのため、急に容体が悪くなったと言う状況も少ないため、夜勤や到着、残業はほとんどありません。

さらに、一般的な病院よりも年収が高い傾向にあります。病院薬剤師の年収は年収は一般的には350万〜500万円ですが、療養型病院では、これより少し高くなることが多いのです。

このようなメリットから、スキルアップに山に物足りなさを感じつつも働きやすい職場とということで、療養型病院を選ぶわけです。

ここまで述べてきたように、療養型病院のやりがいとしては、

  • チーム営業が学べる
  • 患者さんとのコミニケーション
  • 患者さんを完治させる
  • 働きやすさ

この4つが挙げられます。療養型病院は学ぶことが少ないと言うイメージがありますが、メリットはたくさんあります。

そのため、療養型病院の薬剤師になることを検討している方は、この記事で説明したようなやりがいが感じられるかどうかを考えてみてください。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする