薬剤師が楽な仕事に転職する方法!職場の探し方など

薬剤師として転職する時、なるべく忙しくない楽な職場に転職したいと言う人もいるでしょう。

しかし、薬局や病院よっては立ちっぱなしで何時間も働き続けなくてはなりません。

こういった、仕事内容から薬剤師の仕事で楽な職場なんて本当にあるのだろうかと疑問に思う人も少なくありません。

薬剤師に関する仕事で、そこまで忙しくない楽な職場についてまとめていきます。

楽な薬剤師の業種

まず、結論から言うと、薬剤師の仕事で楽な職場はかなりあります。ただ、職種によって大きく変わってくきます。

まずは、薬剤師の中でどの職業が楽に仕事ができるのかを把握しておきましょう。

慢性期病院

病院と言えば給料が低くて忙しいイメージが強いですが、慢性期病院であれば、楽に働けることがあります。

多くの人がイメージする忙しい病院というのは、急性期病院のことで、主に緊急を要する患者さんを治療する病院です。

そのため、夜勤や当直、残業が多く幅広い薬品の知識を必要とするため激務になることが多いです。

一方で、慢性期病院の場合、比較的病状が安定した患者さんがほとんどです。

扱う薬品の数も少なく、同じ患者さんに定期的に同じ薬を処方するので、仕事も覚えやすいのです。

このような理由から、一般的な病院薬剤師に比べたらかなりラクです。夜勤や当直も少なく、定時に帰れる事が多いのも魅力です。

皮膚科

皮膚科の門前薬局は、一般的な調剤薬局に比べてかなり楽をすることができます。

例えば、病院の門前薬局の場合、症状が様々な患者さんが訪れるため、数多くの薬品を取り扱うことになります。

そのため、薬の名前や新薬を覚えるだけでもかなりの時間がかかります。

しかし、皮膚科の門前薬局であれば、患者さんの症状が皮膚に関する症状に絞られます。すると、扱う薬品も限られてくるのです。

一般的には軟膏やクリーム剤がほとんどなので、調剤未経験だとしても簡単に仕事が進められるでしょう。

また、塗り薬がメインなので、副作用が激しいものも少ないです。「患者さんに深刻な副作用与えてしまうのでは?」といったプレッシャーも感じません。

美容外科

美容外科も薬剤師の楽な職場の1つです。美容外科の薬剤師は、整形などで手術や治療する場合に傷を早く直したり、目立たなくさせる薬を処方します。

皮膚科と同じく、扱う薬が扱う薬品が限られています。

一般的な調剤薬局は1,000種類の薬を扱いますが、美容外科はその半分の500種類しか扱いません。

さらに、日本ではまだ美容医療が浸透していないため、患者さんの数も少ないのです。そのため、比較的楽に薬剤師として働くことができます。

また、内服薬が少ないので、こちらも皮膚科と同じく副作用によるプレッシャーも少ないです。

眼科

眼科が扱う薬は、ほぼ点眼薬がメインです。そのためこちらも、慢性期病院や皮膚科、美容外科と同じく覚えることが少なくて済みます。

眼科自体は、コンタクトレンズを作ったり、メガネを作ったりと忙しいのですが、薬剤師は医薬品の処方だけなので、眼科の中では楽な仕事になります。

ドラックストアのパート

また、薬剤師の仕事で楽な職場を探してるならドラッグストアのパートもお勧めです。

ドラッグストアは店舗によっては忙しいイメージがあるかもしれません。しかし、パートという雇用形態であれば、1日2時間からの勤務も可能のなのです。

また、人通りの少ないドラッグストアであれば、お客さんもあまり来ないので落ち着いて仕事をすることができます。

しかし、パートという選択肢であれば、調剤薬局にもあるのでは?と考える人もいるでしょう。ただ、1日2時間だけの勤務を認めてくれる調剤薬局は少ないのです。

1日3時間以上でも大丈夫と言う人は調剤薬局でも楽な仕事として働くことはできます。

忙しいさはドラックストアも調剤薬局もあまり変わりませんが、自分の時間を幅広く選べた方が良いはずです。

また、派遣の場合、短期間で職場が変わってしまうので、せっかく楽な職場を見つけても続けることが難しいです。

そこで、派遣よりもパートで働くことをお勧めします。

楽で給料が高い求人の探し方  

もし、楽でなおかつ給料が高い職場を希望するのであれば、田舎の調剤薬局を選ぶと良いでしょう。

田舎の調剤薬局では、最初から600万円以上の年収を提示してくれることも多いです。

パートであれば、時給2,500円から3,000円といった求人も少なくありません。

田舎には薬剤師の数が足りないため、一人当たりに支払われる給料が高くなる傾向にあるのです。

そのため、もし状況が許すようであれば中に移転するのも1つの方法です。

薬剤師が田舎や僻地への転職で年収を上げる方法
年収を上げたい理由は人それぞれかと思います。 奨学金を返したい 家計を支えたい 昇進できずに一向に給料が上...

楽な仕事のデメリット

先ほど、薬剤師の中で楽な食事について挙げていきましたが、これらの仕事は中には共通したデメリットがあります。

それは、薬剤師としての「スキルアップができない」という点です。

扱う薬品の数が限られるため、覚えることが少ない分、知識も少なくなります。

そのため、長年皮膚科の門前薬局で働いていた薬剤師が突然、普通の薬局に転職するとかなり苦労します。

今まで手を出さなかった医薬品のジャンルを覚えなくてはなりません。

ただ、慢性期病院であれば、複製のジャンルの医薬品を扱うのでデメリットは少ないです。

それでも、一般の病院に比べれば扱う医薬品は少ないのでスキルアップを目指したい方は楽はできないと考えた方が良いでしょう。

働いてみたら忙しかった!を防ぐを方法

仕事は楽でも人間関係が苦痛

仕事内容としては楽な職場ではあるものの、そこに嫌な人がいれば仕事が苦痛になってしまいます。

例えば、上司によるパワハラがひどかったり、少しのミスで職場全体の空気が一気に重たくなったりします。

そのため、仕事内容だけではなく、職場環境も同じ位調べる必要があります。

むしろ、忙しい職場でも人間関係が良ければ仕事が楽しく感じるので、「内容」よりも「環境」の方が大事かもしれません。

職場見学は必ず行う

そこで、楽な職場に転職する前に、職場見学を必ず実施しておくようにしましょう。

転職サイトのコンサルタントに頼めば、職場を見学することができます。

人間関係や、訪れる患者さんの数など自分の目で確かめることによって転職後のギャップも少なくなります。

求人票や人の話だけを参考にするのではなく、自分で確認することがミスマッチを防ぐために重要なのです。

楽な仕事でも全力を尽くしましょう

ここまで、薬剤師の中でも楽な仕事に行転職するための方法について話を進めていきました。

この記事の内容を確実に実施していけば、問題なく楽な仕事に転職することができるでしょう。

ただ、楽な仕事だからと言って、手を抜く事は絶対に辞めましょう。

せっかくなく理想的な職場に転職できたにもかかわらず、あなたが手を抜いていると周りが感じ取った場合、高確率で人間関係が悪くなります。

職場見学では、現在の人間関係を知ることはできます。しかし、あなたが入社したことで人間関係にどのような変化があるかまでは把握できません。

ただ1つ、円滑な人間関係を保つ方法は、常に全力を尽くして仕事に向き合うことです。

そうした姿勢で日々の業務に取り組んでいれば、自然と周りにもあなたの誠実さが伝わるはずです。

逆に、全力で仕事に取り組んでいるのに否定してくるようであれば、所詮その程度の職場だったと考えましょう。

そして、なぜ職場見学の時に見抜けなかったかを考え、次に生かすようにすれば良いです。

このように、あなたの働く姿勢によって職場の雰囲気が変わることもあります。そのため、どんなに楽な仕事でも責任を持って取り組んでいくようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする