薬剤師が対人恐怖症になってしまった時の対処法

薬剤師の転職理由で最も多いのが対人関係の問題です。いくら仕事ができて楽しくても、職場に1人嫌な人がいるだけで仕事に対する捉え方が大きく変わってしまいます。

また薬剤師は、人の体に影響及ぼす仕事です。それが、ポジティブな影響であれば良いですが、調剤過誤などのミスで悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

こうした、プレシャーがのしかかる仕事のせいか、働いていく中で対人恐怖症を患っていく人も少なくありません。

薬剤師の中で、服薬指導などの接客業は外すことができませんので、対人恐怖症になってしまえば業務をこなすことが難しくなります。

では、薬剤師が対人恐怖症を患ってしまった場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

対人恐怖症になる原因

ではまず、薬剤師が対人恐怖症になってしまう原因を見ていきましょう。人によっても変わってきますが、これにはいくつかのパターンがあります。

1.仕事上でのミス

やはり根本的な原因として最も多いのが仕事上でのミスです。

ミスをすればもちろん、様々な人から批判されます。上司や同僚、患者様からのクレームなど多岐に渡ります。

このように、多くの人から責められることで自分に自信がなくなっていき、どんどんメンタルを病んでいくのです。

その結果、人と話すことにすら支障が出てしまいます。

仕事上でのミスにより、自分が職場のお荷物になっていると捉えがちなので、対人恐怖症を起こしやすいのです。

2.パワハラ

そして、典型的なのは上司によるパワハラです。しっかりと毎日の業務を行っていたとしても、上司の性格が悪ければメンタルを病んでしまう恐れがあります。

そのため、一緒に働く人の性格も対人恐怖症に大きく関わってくるのです。

パワハラの特徴としては上司という立場を利用して明らかに達成不可能な課題を中に押し付けたり、性的な行為を求めたりなど部下が嫌がる行為を積極的に行うことです。

特に、右も左もわからない新人薬剤師が、日時的にパワハラを行う上司の下で働くと対人恐怖症になりやすいです。

3.イジメ

パワハラと近いものがありますが、職場内でのいじめがあれば、それが原因で対人恐怖症を引き起こす事は自分に考えられます。

自分だけ集まりに呼んでもらえなかったり、わざと聞こえるように陰口を言われたり、ミスをすると笑われたりなどその事例は数多くあります。

こういった複数人からの心理的な攻撃により大きな精神的なダメージを負ってしまうのです。

対人恐怖症になってしまった薬剤師の選択肢

では、実際に対人恐怖症になってしまった場合、どのように仕事に復帰すれば良いのでしょうか?

まず、出来る限り休暇を取るようにしましょう。対人恐怖症患っている限り満足に仕事をこなすことができないかと思います。

おそらく対人恐怖症によるミスも増えると思いますので、さらにメンタルを悪くすることにもつながりかねません。そのため、自分の休暇をとってから今後のことについて考えるようにしましょう。

この時、自分がなぜ、対人恐怖症になってしまったのかを考えるにようにすると良いです。

例えば、上司からのパワハラにあって対人恐怖症になってしまったのであれば、同じ職場に戻ったとしてもまた、パワハラに合う可能性があります。

そのため、このようなケースは別の職場に転職するのが賢明です。ただ、自分の不注意やミスにより対人恐怖症になってしまった場合には、現在の職場に戻って自分のスキルを高めることの方が重要です。

このように対人恐怖症になってしまった原因がわかれば、今後自分がとるべき選択肢が明確になります。

そのため、休暇を利用して、原因を追求していくようにしましょう。

また、どうしても経済的な面で休暇を取ることが難しい場合には、仕事以外の時間で対人恐怖症の原因を考えるようにしてみてください。

対人恐怖症の薬剤師が転職先を探すには

ここで、転職をすると言う決断をしたとして問題なのがどうすれば理想の求人を探すことができるかです。

対人恐怖症を患っている事は、言うまでもなく転職活動する際にデメリットになります。

たとえ、完治したとしてもメンタルが弱いんじゃないの?と心配されてしまいます。

また、転職する側としても、同じことを繰り返さないように、人間関係が円滑な職場を見つけたいところです。

そこで、薬剤師専門の転職サイトを活用するようにしましょう。

転職サイトのコンサルタントに相談をすることで、希望の条件に合った求人先のピックアップから自己PRの方法まで詳しく教えてもらうことができます。

特にお金がかかることもないので、不利な状態から始める転職活動には必須だと言えましょう。

そのため、転職コンサルタントには対人恐怖症になってしまったことや職場の希望条件など、全てありのままに話すようにしましょう。

こうすることで、コンサルタントもあなたに合った求人先を探しやすくなります。

対人恐怖症と言う心の傷は、そう簡単には癒えないと思います。また、ちょっとしたことでぶり返してしまうこともあります。

そのため、可能な限り治療に専念して、完治した状態で転職を始めるようにしたください。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする