パート薬剤師は羨ましいが、デメリットも多くある

パートで働いている薬剤師が羨ましく見える人も多いでしょう。

働く時間を選べるし、正社員よりも簡単に休みを取ることができます。このようにパート薬剤師の強みとしては時間的な融通が利くところにあります。

しかし、忘れてはならないのが、正社員で働く薬剤師にもパート薬剤師にはないメリットがあることです。

現在、正社員で働いていて薬剤師が羨ましく感じるのであれば、転職を考えるのも1つの方法です。

そこで今回は、パート薬剤師のメリットデメリットを正社員と比較しながら解説していきます。

パート薬剤師のメリット

時給だけで見れば正社員より高い

パート薬剤師の平均時給は1,800~2,500円とかなり高めです。週5で8時間働けば、一般的なサラリーマンの年収と同じ位か、それ以上の収入を得ることができます。

パート薬剤師の時給が1,800円を下回ることが少なく、2,000円以上が相場と考えておきましょう。

地方や田舎の調剤薬局は時給が高い求人が多いです。地方で人手不足の薬局なら時給3000以上の求人もあります。

時給換算すれば正社員よりも高い給料を得ることができますので、働き方によっては収入を心配するケースは少ないといえます。

ただ、もちろんボーナスを考えれば正社員の方が年収が高くなる傾向のは事実です。

そのため、年収を上げたいからパート薬剤師を目指すと言うよりかは、時間もお金も大切にしたいと言う人に向いている雇用形態といえます。

アルバイトなので移動や転勤はほぼない

正社員であれば、突然の移動や転勤を言い渡されることもありますが、パート薬剤師はほぼありません。

もともとパート薬剤師は、1つの薬局や病院で長く働いていけるような人材を採用する傾向があります。

また、家庭との両立を考えている人も多いので転勤してくれと言ったところで、「じゃあ辞めます」と切り返されるのがオチです。

パート薬剤師として薬局に応募する人は、家から近く働きやすいからと言う理由で応募する人が多いです。

そのため、転勤する位ならまた今の家から近い職場を探した方が良いと考えるのです。

こういった理由からパート薬剤師にはほとんど転勤や移動はありません。会社の都合で住む地域を変えなければならない正社員にとっては魅力的な一面ではないでしょうか。

時間が選べる

自分のライフスタイルに合わせながら、午前だけの勤務や午後だけの勤務、週2日以上の休みなど働き方が自由に選べるのがパート薬剤師の大きな強みです。

主に、出産や子育てのタイミングで正社員からパート薬剤師に転職するケースが非常に多いです。

やはり、子育てに充てる時間がどうしても必要になるので、時間的な融通が利くアルバイトの方がメリットが大きいと感じるのです。

その他、独立をするためにパート薬剤師として働き、起業準備の時間を作る人もいます。私もパート薬剤師のこの部分は羨ましく感じます。

辞めるのが簡単

正社員と比べてパート薬剤師はスムーズに短縮することができます。正社員の場合、転職先探しや退職手続きなどやらなければならないことが多くあります。

一方で、パート薬剤師は、簡単に雇用が決まるので、次の職場も見つかりやすいです。

また退職手続きも、基本的には上司に申し出をするだけで辞めることができます。

つまりパート薬剤師も気軽に働くことができ、辞めることができるので職場が合わなければ簡単に変えることができます。

パート薬剤師のデメリット

安定性がない

パート薬剤師の1番のデメリットとしては、雇用が安定しないところです。同じ仕事内容で、同じ時間働いても年収や社会保険などに大きな差が出てしまいます。

また、職場が経営難に陥った時に真っ先に解雇されるのはパートや派遣です。

やはり、正規社員ではない限り、何年も安定して同じ職場で働き続けるのは難しいと言えるでしょう。

薬剤師とかけ離れた仕事が多い

パート薬剤師としてドラッグストアで働く場合、商品の発注作業や陳列、レジや接客などの雑務が多くなります。

せっかく苦労して薬剤師の国家資格を手に入れたにもかかわらず、スーパーでアルバイトしてるようなギャップを感じることもあるでしょう。

これは、調剤薬局でも同じことが言えます。

メインの調剤業務は正社員の薬剤師が行い、パート薬剤師は一包化や服薬指導、掃除などを任されるケースが多いです。

そのため、薬剤師としての仕事にやりがいを感じている人やスキルアップを目指した人には向いていない雇用形態だといえます。

パートだと年収500万円が限界

時給だけで見れば確かに、正社員より高いのですが、やはりボーナスが出ないので年収には限界があります。

どんなに頑張って働いても年収は500万円を超えない程度に収まります。

そのため、家庭を持った人で子供が2人以上いる場合は生活が苦しくなってしまうでしょう。やはり家計を支えるとなると、正社員で働いた方が年収は多く、収入は安定します。

パート薬剤師は低く見られる

パート薬剤師は立場上、下に扱われることが多く上司からのパワハラで悩む人も多いです。

もちろん正社員にも、人間関係の悩みはあるかと思います。パート薬剤師に対してあまり良くない印象持っている薬剤師もいます。

今まで紹介してきたような正社員にはないメリットを嫉ましく感じていることが理由としては考えられます。

このような、正社員薬剤師から嫌がらせやイジメに合うケースもあるのです。

目的別パート薬剤師の職場選び

パート薬剤師のメリットとデメリットを比較をして、正社員よりもメリットが大きいと感じた人は転職を検討してみましょう。

年収はそこまで高くなくてもいいから、自分の時間がほしい

転勤による引っ越しがつらい

気軽に入社したり、退職できる方が良い

といった人にはお勧めの雇用形態です。しかし、パート薬剤師で働くにしても、環境によって働きやすさが変わってきます。

ライフスタイルに合わせて働きたい

自分のライフスタイルに合わせた勤務がしたい人は「調剤薬局」がオススメです。

病院は朝から夜まで仕事を行っているため、長時間で勤務できる人が優遇されます。また、ドラッグストアも同じく営業時間が長いので、できるだけ多くの時間出勤できる人が求められるます。

さらに、シフト制だとしても欠員が出た場合には、その穴埋めをしなければならないケースが多いのです。

一方で、調剤薬局であれば患者さんが来る時間が午前中に集中するので、一日数時間の勤務でも歓迎されます。

病院やドラッグストアでもパートであれば、時間が選べることに違いはないですが、最も時間的な融通が利くのは「調剤薬局」になります。

パートながらも高収入を目指したい

パート薬剤師として高い給料を得たい場合には、「ドラッグストア」が適しています。他の求人と比べて時給が高い傾向にあります。

レジや接客、商品管理などの雑務も多いものの、高収入を目指したい人は「ドラッグストア」で働くのがよいでしょう。

スキルアップも目指したい

求人数は少ないですが、パート薬剤師として働きながらスキルアップをしたい人には「病院」がオススメです。

知っての通り、調剤薬局よりも病院の方が様々な症状の患者さんが来院するため、幅広い医薬品の知識を得ることができます。

パートの病院薬剤師の求人を効率よく探すには、薬剤師専門の転職サイトに登録し、コンサルトに相談するのが良いでしょう。

自宅近くの病院薬剤師求人をいくつか紹介してくれるはずです。このように、働く職場によって特徴やメリットが変わってきます。

そのため、パート薬剤師に転職する場合には、自分の希望条件を明確にしてから求人を探すようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする