MS(医薬品卸)の仕事は激務できつい?年収や残業など解説

医薬品を、患者さんではなく薬局や病院に販売する仕事に興味がありませんか?

もっと根本的な部分から薬品について知識を深めたいという人の中には、MS(医薬品卸)で働こうと考える人もいるでしょう。

しかし、MS (医薬品卸)の仕事内容や、年収などわからないことも多いかと思います。

さらに、MSと聞くとハードなイメージやきつい仕事なのでは?と不安を感じている人もいるかと思います。

そこで今回は、MSの労働環境や年収、働い方ついて解説したします。

MS(医薬品卸)とは?

在庫が少ない医薬品を薬の注文を受けて配達してくれるのが、医薬品卸業者です。

薬剤師として勤務している人は、医薬品を発注した際にMSの人に、お世話になった経験があるかと思います。

発注した業者から医薬を配達する役割を担っているのがMS (医薬品卸)なのです。

また、複数の会社の薬品商品の知識を持っているので、医薬品の知識を薬局や病院に提供する役割も担っています。

MSの仕事内容は?

では、具体的にMSの仕事内容を見ていきましょう。主に以下の3つがMSの業務となります。

1.医薬品の納品作業

製薬メーカーから仕入れた医薬品を医療機関などに直接販売し、納品します。

納品後は薬剤師と一緒に薬の数や量に間違いがないか確認していきます。

薬局や病院の薬剤師と一緒に確認作業を行うので、忙しい時間帯に配達するとは落ち着くまで待機しなければならないこともあります。

そのため、思っていた以上に納品に時間がかかるケースも多いです。

このように、時間管理などのスキルも必要となってくる仕事なのです。

2.医薬品情報の提供

最新の医療技術や、病気の知識を深め、いち早く医療の現場に広めるために、医薬品情報の提供することも仕事の1つです。

MSが提供してくれた情報が服薬指導にもに役に立っているといったケースも少なくありません。

また、医師や薬剤師からの質問に回答するといった医薬品に関するサポート業務も仕事内容の1つです。

3.価格交渉

薬品を納品する病院、薬局の経営者または管理薬剤師と打ち合わせをしながら価格交渉していきます。

高い値段で売ることができれば会社の利益につながりますが、価格を上げすぎると売れなくなってしまうので、適切な落とし所を見つけて行かなくてはなりません。

こうした、Win-winの関係を作る交渉の技術もMSにとっては必要不可欠なのです。

MSの仕事はきついのか

MSがきついと言われる理由としては、当直、残業、休日の配達などがあるため、なかなか自分の時間を取りづらいからです。

そのため、働き方を重視する人にはきつい仕事だと感じてしまうかもしれません。

医療に貢献したい、医薬品の知識を広げたい、薬剤師としてスキルアップしたいとと言った自発的なモチベーションのあるひとであれば、楽しく仕事をこなすことができるでしょう。

逆に言えば、仕事は好きでないと続けられない仕事であるといえます。

MRとの違い

病院や薬局に医薬品を販売すると言うと、営業職であるMRを思い浮かべる人も多いでしょう。

MSとMRの大きな違いとしては、自社製品のみか、自社と取引先を含めて販売するかの違いです。

MRは主に自社製品のみを営業しに行きます。一方で、MSは自社製品とその取引先を含めた医薬品まで販売します。

自社だけではなく、幅広い会社から、比較して薬局や病院に薬を提供できるのがMSの魅力です。

また、MRは医薬品情報の提供がメインで価格交渉を直接行うことはありません。そこでMRが販売する薬品に関しての価格交渉もMSが行います。

MSの年収は?

MSの年収は、年齢や職場によっても変わってきますが、平均年収800万円ほどとかなり高収入な傾向にあります。

残業や休日出勤なども多い分、得られる給料も高い傾向にあるのです。

一般的な薬剤師の平均年収は500万円と言われているので、薬剤師の年収よりもかなり高いと言えるでしょう。

医薬品の知識を広げたい、卸について興味がある薬剤師で高収入を目指したい場合には、意義のある仕事です。

MS(医薬品卸)に必要な資格

MSになるための資格が必ず必要と言うものはありませんが、各病院や薬局に医薬品を配達することから、普通自動車免許証は必要となるでしょう。

また、あると有利な資格としては「MS認定試験」というものがあります。

医薬品卸についての知識や薬品に関わる知識の幅を証明できる資格として付与しておくと、プロとしての証明になります。

MS認定試験を持っている人と、そうでない人の話には説得力に差が出ます。

そのため、自信を持って、価格交渉や医薬品情報の提供などを行うことができます。

MS(医薬品卸)に求められるスキル

では、医薬品卸で働く場合には、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

医薬品の情報提供や価格交渉をする以上、以下のようなスキルが必然的に求められます。

1.幅広い医薬品に関する知識

まず、MSは自社の商品だけではなく、自社の取引先の商品も扱っていきます。そのため、幅広い会社の商品知識を持ちを合わせている必要があります。

また、医薬品の情報の薬剤師に提供する際に、知識不足していては仕事がスムーズに進みません。

そのため、医薬品に関する知識が深くなければ、務まらない職場と言えましょう

2.柔軟性

やはり、薬局や病院が混み合っている時間帯に、配達してしまうと待機しなくてはなりません。

事前に配達する薬局や病院の混雑状況を把握しておければよいですが、難しい場合もあります。

こうした場合、もし混雑していて待機時間ができたら「あの仕事に手をつけておこう」といった臨機応変さも重要となります。

3.コミュニケーション能力

医薬品情報の提供や価格交渉、各取引先との連携などを行うにあたり、コミュニケーション能力は必須といえます。

情報の伝達ミスによって、仕事が大幅に遅れるということもあります。

例えば、薬局や病院が発注した医薬品の数量を誤認してしまい、二度手間になってしまうなどです。

必要な情報をしっかりと記憶し、伝えられるコミュニケーションスキルはMS (医薬品卸)でもかなり重要となります。

MS(医薬品卸)のメリット

1.収入が高い

年収800万円なので、医薬品業界ではかなり高い年収だといえます。

そのため、メリットとしては1番に年収の高さが挙げられるでしょう。年収は職場によって変わりますが、大手の業者であれば、比較的高い傾向にあります。

2.知識が広がる

仕事内容として、医薬品情報の提供行うため、自然と医薬品に関する専門的な知識が身に付きます。

薬剤師として作業がルーティーン化していて、知識を広げる機会が少なくなったと感じている人には、刺激的な職業だといえます。

3.研修や勉強会が充実している

MSに関する研修や勉強会は頻繁に開催しているため、自主的にスキルや知識を深められる職業です。

また、薬剤師から転職したばかりで、仕事になれない場合、研修を受けることがでで何度か実践を踏まえた練習をすることができます。

MS(医薬品卸)のデメリット

1.ノルマがある

MSには競合他社と比較して、ノルマが与えられます。このノルマが残業や休日出勤の原因となっています。

製薬メーカーから薬品を仕入れているため、薬品を売ることができなければ、赤字となってしまいます。

そのため、売り切らなければいけない医薬品の数が決まっているので、プレッシャーものしかかってくる職業です。

2.育休や産休が充実していない

女性が少ない職業なので、育休や産休の制度が浸透していません。

そのため、家庭との両立をしたい、出産を考えているといった薬剤師はあまり向いていないといえます。

MSの将来性は

現在、一般用医薬品(OTC)セルフメディケーションニも進んでいて、様々な医薬品が開発されることが見込まれています。

そのため、扱える医薬品の数も増え、より多くの商品から病院や薬局にアプローチをかけることができるできます。

今後、ますますセルフメディケーションは発展していくことが予測されます。

そのため、MSは、将来的にもますます需要が高まっていくでしょう。

MS (医薬品卸)の求人を見つけるには

ノルマや年収は職場によって変わってきますので、出来る限り環境や条件の良い求人先を探したいところです。

そこで、転職エージェントを活用することをお勧めします。転職サイトに登録し、エージェントに相談をすることで自分の自分に合った求人先を調べることができるのです。

そこまで、ノルマがきつくない職場がいい、大手の業者で働きたいなど希望条件を伝えるだけでOKです。

ただ、理想が高すぎたり、条件が多いと求人が見つからない可能性があるので、いつもの妥協は必要となります。

転職エージェントを活用することで、求人票には載っていない情報まで調べることができるので、確実に転職を成功させた人は転職サイトを活用するようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする