MRから薬剤師に転職するメリットとデメリット

薬を取り扱ってもらえるように、薬局やドラッグストアを転々する毎日。しかし、そんな日々にあなたは疑問を感じているのかもしれません。

MRはビジネスの観点から医薬品業界を見ることができますが、実際にどのように薬が患者さんの役に立っているのか実感がわかない人も多いかと思います。

このような場合、医薬品を取り扱う現場を経験したいと薬剤師への転職を考えるのです。

また、MRという仕事は労働時間が長かったり、ノルマがきつかったりするので、医薬品の知識を生かした転職をしたいと言う人もいるでしょう。

では、MRが薬剤師の転職する場合、どのようなアピールポイントがあるのでしょうか。

また、労働時間や給料など働きやすさはどのように変化するのでしょうか。

この記事では、MRが薬剤師に転職するメリットとデメリットをまとめていきます。

給料は状況に応じて変わる

まずは、給料面は状況に応じてメリットにもなりますし、デメリットにもなります。

MRとしての実績による

例えば、MRとして数々の薬品を薬局やドラッグストアに出ることができれば、年収は上がってきます。ピンキリではありますが、多い人では年収1000万円のMRもいるのです。

こういった、稼げてるMRが薬剤師に転職した場合、ほぼ確実に年収が下がることが予測できます。

また、MRの平均年収は600万円から800万円なります。そして、一般的な調剤薬局の年収が、450万から700万円なので、平均年収で比べれば薬剤師に転職後給料が下がる傾向にあります。

MRから薬剤師への転職で年収を上げるには

しかし、条件は限られますが考えようによっては、MRから薬剤師に転職することで給料が上がる場合もあります。

まず前提条件として、MRとしてあまり稼げていなく600万円程度の年収であれば方法があります。

それは、僻地や田舎の調剤薬局に転職することです。田舎や僻地など人が館入りづらい場所には薬剤師の数が少ないのです。

そのため、人手不足に悩まされており、一人当たりの年収が上がると言うわけです。しかし、1つだけ例外があります。

田舎や僻地といっても、大手調剤チェーンの薬局では、全国で給料一律にしている場合がほとんどです。そのため、個人で経営しているような薬局を探して転職することをお勧めします。

人手不足と言う事はかなり忙しいんじゃないの?と思われる方もいるかと思いますが、実際はそこまで忙しくありません。そもそも、田舎や僻地なので薬局に来る患者さんの数が少ないのです。

MRが薬剤師に転職するメリット

それでは、MRが薬剤師に転職するメリットについてまとめていきます。大まかに言うと、MR特有のデメリットがなくなるようなイメージですね。具体的に一つ一つ紹介してきます。

ノルマのプレッシャーがなくなる

MRに限らず、営業にはつきものなノルマですが、そのプレッシャーから解放されます。

MRの中にはきつすぎて、転職したいと考える人も多いでしょう。私の友達から聞いた話によると、ノルマが達成できないと上司からの研修が待っているようですね。

しかし、その返信を受けたからといって自分で売り上げが伸びるかといえば、そうでもなく逆に研修の振り返りやまとめのシートなどを書くのに時間を取られ、営業に充てる時間が少なり、結果成績が伸びないという意見もあります。

こうなると、ある種無限ループのような形で、

1.ノルマが達成できない

2.研修が始まる

3.研修によって時間をとられる

4.ノルマ達成できない

といった形でMRの仕事に限界を感じてしまう人も少なくないのです。研修の無限ループにはまってしまった人は、ノルマがないだけでも非常に良い職場のように感じるでしょう。

勤務地が毎回固定される

MRが勤めている製薬会社にもありますが、家からそのまま営業先に向かうケースもあります。

一般的には、一度会社に行ってから書類の作成や必要な書類をまとめて、営業先に向かうケースが多いです。しかし、中には前日の夜に必要な書類をまとめて、翌日にそのまま向かうと言う会社もあるのです。

また、MRは移動が多い職業なので働く場所が、コロコロと変わってしまい、1日に仕事に当たれる時間が限られています。

そのため、仕事の効率が悪く1日が終わった後の達成感がないと感じる人もいるのです。

こういった場合、薬剤師転職すれば毎日1つの場所で働き続けることができるので働いた実感を得ることができるでしょう。

現場で薬剤師としてのスキルを上げられる

これは、冒頭でも少し書きましたが、MRは薬品がどのように患者さんに渡され、どのように役に立っているのか実感が湧きにくいです。

そこで、仕事のやりがいを求めて薬局やドラッグストアに薬を売るのではなく、患者さんに売るほうもやってみたいと感じるのです。

この時MR経験がある場合、幅広い薬品の商品知識があるので、どんな薬を仕入れたらいいかを判断ができることが強みになります。

このように、ビジネスの観点から医薬品を見てきたと言うバックグラウンドを武器に転職活動をすることができます。そのため、MRから薬剤師に転職する人は多いのです。

MRが薬剤師に転職するデメリット

では次に、薬剤師に転職するデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。転職する前の判断基準として参考にしてみてください。

自由時間がなくなる

前途の通り、MRは外回りが多いのでその分空き時間が多くなります。

そのため、次のアポイントまでの空き時間をカフェでゆっくり過ごすこともできます。ただ、薬剤師は病院または薬局やドラッグストアで1日中働き続けなければなりません。

この、ノンストップで働き続ける環境に慣れるまで時間がかかるかもしれません。

調剤業務が不慣れ

大学で、薬学の勉強して薬剤師の国家資格も取ったものの調剤は未経験と言った人もいるでしょう。

薬剤師としては初めての職場になるので、新しく覚えることや大学での知識など思い出すことが多く苦労することと思います。

デメリットとして挙げたものの、この辺については他職種に転職すれば、必ず必要になってくる部分になります。

年収が下がる傾向にある

この記事の前半部分で MRから薬剤師転職する場合は、年収が下がる傾向にあることをお伝えしました。

手段や方法によっては年収を上げることもできるものほとんどの場合、年収が下がってしまうのでデメリットとしてあげておきます。

このように、MRから薬剤師に転職する場合、様々な変化が現れます。いい変化もあれば、悪い変化もあるでしょう。最終的には、自分が転職によって何を失いたくないのか、また何を望んでいるのかを明確にして判断していく必要があります。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする