薬剤師が燃え尽き症候群から立ち直るには

毎日働きづめで、日々薬剤師の業務をこなしている中で、ある日突然やる気が全く起きなくなってしまった・・・

もし、このような状況に心当たりのある人は燃え尽き症候群の疑いがあります。

薬剤師の仕事は職場によっては激務になってしまうことがあるので、仕事の過度なストレスからやる気を失ってしまうこともあります。

燃え尽き症候群になってしまうと、正常に仕事こなすことも難しくなります。

そこで、この記事では、ストレスによる仕事に対するモチベーションや記録がなくなってしまった際の対処法についてまとめていきます。

燃え尽き症候群の原因

薬剤師が燃え尽き症候群になってしまう原因は、いくつかあります。人によって変わってきますが、その多くの原因は共通点があるのです。

では、薬剤師が燃え尽き症候群になってしまう原因を見ていきましょう。

人間関係の悪化

日々必死に薬剤師の業務に取り組んでいたとしても、それを評価してくれない上司や、全く手を貸してくれない部下が原因で、メンタルを病んでしまうことも多いです。

どんなに仕事に対してのやりがいがあったとしても、心のどこかで周りから評価されたいと言う気持ちは誰にでもあります。

いくら仕事をこなしても、周りから評価されなければやる気がなくなってしまうのも無理はありません。

こういった社会的なサポートが得られない場合に、燃え尽き症候群にかかってしまうのです。

プライベートと仕事の切り替えができない

激務の毎日を送っている中で、たまに休みがあると、ものすごくうれしい気持ちになりますが、反面、休日が終わっていくにつれてどんどんやる気が失せていってしまうのです。

例を上げるなら、日曜日のサザエさん現象がわかりやすいでしょう。サザエさんが放送される=明日から仕事と連想され、憂鬱な気分になってしまうのです。

これと同じように休日が終わってしまうにつれて、不安も大きくなってしまいます。プラベートと仕事の切り替えがうまい人は、仕事の直前まで仕事のことは考えません。

しかし、プライベートと仕事の切り替えがうまくできない人は、休日の後半からへこんでしまうわけです。

大きなミスをおかしてしまった

また、薬剤師として調剤過誤など非常に大きなミスをしてしまった場合、一気にやる気なくなってしまうことがあります。

周りからもかなり責められるため、過度にストレスを感じてしまいます。その結果、燃え尽き症候群になってしまうんです。

薬剤師は処方する医薬品によっては、人の命にもかかわる仕事なので、その分責任も大きいです。

ただ、プレッシャーが多い分、ミスを起こしてしまった時のダメージははかり知れません。

休みが取りにくい

忙しい毎日を送っているとだんだんと心も体も疲れ果てててしまうものです。

この時、休日を取りづらい環境にいると健康を害してしまう恐れがあります。

薬剤師は体力と精神力を使う仕事でもあるので、適度に休日がほしいものです。

ただ、働きづめの毎日を放置しておくと、最悪の場合うつ病になってしまいます。

以上のような原因から薬剤師は燃え尽き症候群を発症してしまいます。休日の数や仕事こなせているか、人間関係は円滑に保たれているかが大切なのです。

燃え尽き症候群への対処法

もし、過度のストレスで仕事のやる気がなくなってしまったのなら、まずはその原因を探ることから始めていきましょう。

原因を特定できなければ、改善の方法も掴むことができません。できれば、休暇をとってじっくりと燃え尽き症候群の原因を考えるのがベストです。

燃え尽きの原因が分かったら、以下の2つから対処法を考えていきましょう。

1.職場を変える

2.人を変える

人間関係など、職場に問題がある場合は、転職することで解決できる可能性があります。

逆に、自分のミスが原因で燃え尽きてしまった場合は、自分のスキルを磨く必要があるため転職したところでは何も変わりません。

では、詳しく検索した方が良い場合とそうでない場合を比較してみましょう。

転職すべき場合

  • いじめやパワハラが行われている
  • 患者さんの数が多すぎて忙しい
  • 休日がなかなか取れない
  • 残業が多い
  • 給料が低い

上記のような場合であれば、職場か問題を作っているので、転職することですぐに解決することができます。

転職しても解決しない場合

  • 自分のミスが多い
  • 仕事とプライベートの切り替えができない
  • 職場にウマが合わない人がいる

などの原因は自分を変えることで、問題を解決することができます。3つめは人間関係の問題だから転職した方が良いのでは?と考える人もいるでしょう。

しかし、どの職場にもウマが合わない人一人ぐらいはいるものです。

イジメやパワハラなど深刻な俺関係人間関係であれば転職すべきですが、少し自分と合わない人がいるだけで、職場を変えていけばキリがありません。

そのため、自分に非があって、燃え尽き症候群になってしまったのであれば、まずは自分を改善点を直す必要があります。

働きやすい職場を探すには

もし、今の職場が原因で毎月症候群になってしまったのであれば転職する必要があります。ただ、職場を変えるからには、労働環境や労働条件の良い求人先を探したいところです。

今の職場と同じく、パワハラやいじめが起こっていたり、休日や給料が少ない職場に転職しても意味がありません。

そのため、転職という方法で燃え尽き症候群に対処するのであれば、求人先選びを慎重に行う必要があります。

では、環境や条件の良い求人はどのようにして探していけば良いのでしょうか?

自分の希望条件がはっきりと決まっているのなら、転職サイトを活用することをお勧めします。

転職コンサルタントに希望条件を伝えることで、あなたに適した求人を見つけることができます。

「もっと休日の多い職場がいい」

「風通しの良い職場で働きたい」

「給料が高い職場を探している」

など、個人に合わせた求人をピックアップしてくれるのです。おそらく、あなたはこれまでかなりハードな職場で働いてきたとお察しします。

そのため、今よりも環境や条件の良い求人はすぐに見つかると思いますので、焦らず自分と向き合って転職先を決めるようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする