ミスが多い、仕事が遅い!が原因で薬剤師を辞めたい時は

ミスが多くて、仕事が遅いとか役に立っている感が感じられず、仕事を辞めたくなってしまう人も多いでしょう。

ただ、ミスをする場合、仕事を辞めることが賢明な場合と、そうでない場合にがあります。

特にミスをした直後は、自己嫌悪に落ちがちです。今は見えていないだけで、意外と自分ができている部分もあるかもしれません。

そのため、決断を急ぎすぎると、転職した後に後悔する可能性もあります。

そこで今回は、ミスが多かったり、仕事が遅いといった理由で仕事辞めたい薬剤師がとるべき行動についてまとめていきます。

また、仕事をやめたほうがいい時とやめないほうがいい時についても解説していきます。

ミスが多いのはどんな仕事の時かを知る

自分がミスが多いと自覚する時に1番に考えなければならないのが、「どういった部分」でミスてしまっているかを考えることです。

これによって、職場を変えることが効果的かそうでないかが分かるのです。

例えば、調剤ミスなど薬剤師ならではの仕事内容でミスが多いのであれば、適性を見てやめた方が良いのかもしれません。

ただ、服薬指導やデータ入力等の事務的な作業やコミュニケーションでミスが多い場合には、他の職場に行ったとしても同じことになる可能性が高いです。

つまり、薬剤師だからこそ行わなければならない仕事なのか、仕事であればどんな職業でも行なければならない仕事なのかを判断する必要があるのです。

この考えることによって、自分が薬剤師を続けるべきかそうでないかを知ることができます。

ただ、薬剤師は続けるが、職場だけを変えたいと言った場合は、もちろん薬剤師ならではの仕事でもしっかりとできるようになってから転職する必要があります。

これから自分がどういった職業に転職するのかが非常に大切になるのです。

ミスが原因で止めるのであれば、自分がミスの少ない分野の仕事に転職する必要があります。

そのため、自分の適性を見極めてしっかりと求人先を考える必要があるのです。

入社1年や2年で、自分の適性を見極めない

この時よく陥りがちなのが、新人薬剤師がミスが多くて、すぐに仕事辞めたくなってしまうことです。

新人薬剤師のミスが多く、仕事が遅くてあたり前です。

ただ、新人薬剤師は少しでも早く職場の役に立ちたいという気持ちが強いので、理想と現実的のギャップに苦しんでしまうことがよくあります。

そのため、ミスをしてしまう自分に嫌気がさして、また、上司に怒られるなどで、自分は薬剤師に向いてないんだと考えるのです。

しかし、新人薬剤師の段階で適性を判断するのはあまりにも早計です。

石の上にも3年と言われているように、少なくとも3年以上も薬剤師も続けてから自分の適性を見極めるようにしましょう。

3年以上やっているのに、新人薬剤師の時と同じミスを繰り返してしまうようであれば、適性がないと判断するのも賢明だと言えます。

ミスが起きる原因を考える

今日も内容の種類だけではなく、ミスが起きてしまう原因も考えておくと仕事を辞めるべきかどうか正確に判断することができます。

ミスが起きる原因としては大きく分けて以下の2つがあります。

職場が忙しくてミスが起きてしまう

職場忙しすぎて、落ち着いてやればできる仕事もミスになってしまうといったこと

こうした場合、その仕事の忙しさに慣れる、もしくは職場を変えてゆっくりと仕事ができる環境で働くことが必要になります

ゆっくりと落ち着いてやればミスをしないのであれば、薬剤師としての適性は問題ないかと思いますので、こういった場合は転職を考えてみるのも良いでしょう。

人間関係が悪くてミスが起きる

次に、これが最も多い原因でもありますが、人間関係の悪化からミスにつながってしまうことが挙げられます。

人間関係が悪いと言うのは、上司からプレッシャーをかけられたり、少しミスをしただけで怒鳴られたり、現れたりする笑われたりなどです。

薬剤師の転職理由として最も多いのが人間関係の問題なので、一緒に働く人がによっては自分の実力を最大限に発揮できないということもあるでしょう。

こうした場合、職場を変えることをお勧めします。

今の職場の、一人一人の性格や人間関係を変えるのは非常に難しいです。

そのため、1番手っ取り早い方法が転職と言う選択肢なのです。

ただ、転職して、もっとひどい人間関係の場所や今と変わらないような風通しの悪い職場で働くことになってしまっては意味がありません。

そこで、「職場見学」は必ずするようにしてください。

実際に生で自分の目で職場の雰囲気を見ることで、人間関係が悪いか、良いかある程度は把握することができます。

職場見学は転職サイトを活用することで無料ですることができるので、ぜひ転職先を探す際には行うようにしましょう。

不利な転職活動を有利にするには

ミスが多い、仕事が遅いなどのネガティブ理由での転職活動はどうしても不利になってしまいます。

退職理由や志望動機などをありのままに「自分のミスが多くて…」と言ってしまえば、落ちることは目に見えています。

そこで、転職先へのアプローチや退職理由や志望動機を考えなくてはなりません。

おそらくこの部分が、転職活動で1番大変なところかと思います。

この時、薬剤師専門の転職サイトのコンサルタントと手を組むことをお勧めします。

薬剤師における求人先や職探しのプロの手を借りることで、不利な状態からのアプローチであったり、あなたの希望にマッチした職場などプロ目線から提案してくれます。

こうした、コンサルタントと志望動機や退職理由、求人先のアプローチなどを相談したい場合の転職サイトは「ファルマスタッフ」が適しています。

オーダーメイドの求人や求職者の研修や教育制度とかにも力を入れているので、スキルに自信がない場合でも問題なく転職することができます。

そのため、志望動機や退職理由、面接や自己PRなどに困ったらコンサルタントの力を借りることをおすすめします。

プロ目線のアドバイスを取り入れることで、転職先にグサッと刺さるアプローチを考えることができます。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする