薬剤師からメディカルライターに転職する際の年収や求人など

医療系分野では、何かと文章を書くことが多くあります。

例えば、医薬品を開発する際の申請書類や論文、症例報告書などです。こうした背景から、現在メディカルライターの需要が高まっています。

実際に、薬剤師からメディカルライターに転職しようと考えている人も多いのです。

実際に、薬剤師の業務よりも、文章書く能力や書類作成能力の方が自信があるという人メディカルライターとして活躍してるのです。

しかし、年収や給料がどれくらいもらえるのか求人数がどれくらいあるのかなど、転職する前に気になることも多いでしょう。

そこで今回は薬剤師がメリカルライターに転職する妻の注意点をまとめていきます。

メディカルライターとは

まず、そもそも右から泣いたとはどういった職業がのでしょうか。日本ではあまり知名度が低いため、その具体的な仕事内容まで把握してる人は少ないと思います。

欧米では長い歴史がある

ただ、実は欧米ではメディカルライターの職業はかなり古くからの歴史があるのです。

例えば、アメリカにはAMWAAmerican medical writers associationという学会前でメディカルライティングの教育を行っています。

1940年に設立設立され、その会員数が5000人を超えています。学会では、単位取得に基づいた近くにでも行われており、医療系文章のライティングについて高等教育行っています。

そのため、アメリカではメディカルライターの職業は医療の医療分野の仕事のカテゴリの1つとして認識されているほどメジャーなのです。

現在では、あまり知名度が低いメディカルライターの仕事ですが、医療の分野では特に文章書く仕事が多いため、今後は日本でも、ますます必要とされてくる職業であるといえます。

メディカルライターの仕事内容

メディカルライターの仕事内容は大きく分けて2つあります。

メディカルライティング

メディカルコピーライター

どちらもように作に行って業務を行うかによって、仕事内容が大きく変わってきます。それでは、それぞれの違いを見ていきましょう。

メディカルライティング

医薬品や医療機器の計画や開発、承認に必要な書類や報告書の作成がメインの仕事になります。

基本的に、医療業界に向けて文章を書く仕事となります。

治験による新薬の開発には、様々な承認や申請が必要になります。

そこで、申請書類をメディカルライターに外注するケースもよくあるのです。

こうした、医療業界内での書類作成業務をメディカルライティングといいます。

メディカルコピーライター

製薬会社から依頼されて、新薬の販売促進に効果的な広告作成します。

新しく開発された薬を、少しでも多くの薬局や病院に取り扱ってもらえるように、キャッチコピーなどを作成するのです。

こちらは、メディカルライティングと比べて、事務的な文章ではなく、商品を売るための文章が求められます。

ひとえにメディカルライターといってもこのように2つのパターンに業務が分かれています。

そこで自分がどういった文章を書きたいのかを考えて、転職する必要があります。

メディカルライターの活躍場所

医療分野では多種多様な書類が取り交わされるため、メディカルライターの活躍の場は幅広いです。以下にメディカルライターの就職先をまとめていきます。

製薬会社

医薬品メーカー

医療系の広告代理店

医療系出版社

在宅ライター

CRO(医薬品開発受託機関)

医療系ウェブサイト

など、非常に多くの職場で活躍できる職業ですが、メディカルライターの就職先は主に以下の3つになります。

製薬会社やCRO

医療系出版社や医療系ウェブサイト

医療系広告代理店

自分がどんな記事を書きたいかどういった書類を書き大家によって就職先が変わってきます。では、それぞれの職場の仕事内容について見ていきましょう。

製薬会社やCROの場合

夜勤開発に関わるライティング業務がメインになります。

新薬の研究開発で、治験によって、医薬品の安全性や有効性が証明された治験薬の厚生労働省に製造承認の申請を行うための書類を書くのです。

また、医師や研究者の論文の作成補助、も製薬会社やCROにおけるメディカルライターの役割になります。

医療系出版社やウェブサイト

ライター自信が取材した内容や知識をそのまま記事にできる職業です。

文章の内容としては、医療従事者向けの内容を求められることが多いです。

メディカルライターの中では非常に自由度が高い職場なので、伝えたい内容を記事にできるという意味では、やりがいのある仕事と言えます。

医療系広告代理店

メディカルコピーライティングの仕事がメインになります。

製薬会社の医薬品情報概要や医薬品メーカーでのMR研修資料の企画作成、医薬品のパンフレットやポスターが販促物の作成がメイン業務です。

製薬会社がクライアントととなり、メディカルライターは製薬会社の要望に応える資料作らなければなりません。

その他の業務としては、新薬のプロモーション企画立案の補助や原稿の作成、編集作業なども行います。

メディカルライターのメリット

ライターと聞くと、締め切りに追われているイメージがあったり、残業が多いのでは?と考える人もいるでしょう。

あまり、メリットを感じられなさそうな作業ですが、メディカルライターには以下の3つのメリットがあります。

カレンダー通り休める

基本的に土日休み。薬剤師が良い薬剤師ではなく会社員。完全週休2日声をとっていることが多い。

ただ、学会資材なのでときには休日出勤することもあります。とはいえ、年に数回程度なので、ほぼカレンダー通り築けることができます。

締め切りや残業のイメージが多いライターの仕事ですが、メディカルライターとしては意外と休みが取れるのです。

働き方の幅が広い

パート、正社員、フリーランスなどメディカルライターとして働く場合、様々な雇用形態で働くことができます。基本的には企業に正社員として務め、業務担当することが多いです。

最近では、外注することもありますが、社内の機密文書を作成する仕事も多いので、なかなか外部の人に依頼することができないという企業も多いです。

ただ、外注をすれば、機密保持契約を交わします。

フリーランスとして働く場合、会社に雇われることなく自分自身で仕事を獲得していきます。フリーライターのようなイメージですね。

一般的には、企業にメディカルライターとして勤め、スキルや人脈を作ってから独立というケースが多いです。フリーランスとして仕事を獲得する場合、人脈は非常に大きな収入源となります。

知識が広がる

薬剤師で働いていた時には見えなかった、医療業界の側面を知ることができます。

薬剤師として、一般的な薬局で働いていると新薬に触れる機会も少ないです。

そこで、メディカルライターとして働くことで、薬品のメリットデメリット、開発・計画など企画段階から新薬について知ることができます。

また、最新医療の技術や薬品に関する研究なども文章書く上で、知ることができるでしょう。

メディカルライターのデメリット

もちろん、メディカルライターにもデメリットはあります。

どちらかと言えば、労働条件や労働環境のデメリットしかなく、仕事内容が自分に合っていないと感じる人も多いようです。

例えば、製薬会社や代理店で働く場合、文章を書く上でかなり細かい制限があります。

自分では書き上げたつもりでも、提出する際に直しを要求されるかもしれません。また、専門性が高いので、1枚の書類を書くためにかなり勉強しなくてはなりません。

また、申請書類や承認に関わる書類にはテンプレートが決まっていることが多く、単純作業になりがちです。

ライターと言うよりかは、事務作業のイメージを持った方が良いです。

逆に、広告代理店などで働く場合、正解がないので人によっては作業が進まなくなってしまうことがあります。

さらに、自分が書きたいことが書けるわけではなく、クライアントの意思を尊重していく必要があります。

ライターとクライアントの中ですれ違いがある場合、フラストレーションが溜まることがあります。

メディカルライターに向いている人

メディカルライターに求められるスキルは主に以下の4つとなります。

pcに強い

メディカルライターとしてどんな職場で働くにしても必ずPCを使うことになります。そのため、PC扱うで基礎的な知識は必要となります。

例えば、パソコンの設置方法からワード、エクセル、パワーポイントなどが扱えることが最低限求められるでしょう。

完璧主義

文章を書く上で、誤字脱字には細心のの注意を払わなければいきません。

特に、新薬の開発に関わる申請書類など重要なものは使う場合には慎重に文章を書く必要があります。

そこで、常に完璧なものを仕上げないと気がすまない完璧主義者な人がライターの仕事として向いているでしょう。

タイピングが早い

やはり、パソコンを使って文章書くのでその分タイピングが早ければ早いほど、スムーズに仕事こなすことができます。

コミュニケーション能力が高い

ライターとして文章書く際に、意外に重要となるのがコミュニケーションスキルです。

前途の通り、自分が書きたい文章書くのではなくクライアントの意向を組む必要があります。

また、広告代理店や製薬会社の場合上司や同僚と連携して文章を書いていきます。

メディカルライターの年収

ここまで、メディカルライターの仕事内容について見てきましたが、実際のところどれくらい給料がもらえるのでしょうか?

特については、働き方によって変わってきます。製薬会社の場合、未経験で年収は300万円〜500万円となります。

広告代理店で働く場合は未経験で年収400万円〜600万円です。一般的な薬剤師の年収は533万円と言われているので、少し低めかもしれません。

ただ、働きによっては昇給することがあり、700万円、800万円稼ぐ人も中にはいるのです。

フリーランスでは1案件につき、5000円〜50000円が相場となります。クライアントからの信頼が得られれば、単価が上がって行きます。

メディカルライターの求人を見るなら

メディカルライターとして、専属で雇う企業は少ないです。実際に開発担当者や研究担当者が兼業してしまうケースが殆どだからです。

そのため、メディカルライターの求人は少ない傾向にあります。探し方としては、転職サイトに登録して非公開求人をあたってみると良いでしょう。

非公開求人とは、転職サイトに登録することで閲覧することができる求人です。

転職エージェントがメディカルライターの求人を持っていることは少ないですが、製薬会社であれば文章作成の募集があるかもしれません。

また、転職エージェントに相談することで、メディカルライターの仕事内容や働き方など詳しく聞くことができます。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする