公務員薬剤師を辞めたい時に注意すべき点

公務員薬剤師となったものの想像とのギャップを感じて辞めたいと考える人も少なくありません。

しかし、薬剤師国家試験と公務員試験に受かり、手に入れた資格を生かさないのは勿体ないのでは?と感じる人もいるでしょう。

また、公務員ならではの安定性を捨ててしまっていいのだろうか?など何かを迷うことも多いと思います。

そこで今回は、公務員薬剤師を辞める際の注意点や判断基準などをまとめていきます。

公務員薬剤師を辞める理由

まず、公務員薬剤師を辞めるかどうか決断する前に、どのような理由で辞める人が多いかを知っておくと参考になるでしょう。

実際に辞めた人の事例を理解しておき、自分の状況と照らし合わせながら検討することで、誤った決断を防ぐことができます。

給料が低い

公務員薬剤師は民間の薬剤師よりも給料が低い傾向にあります。

平均的には年収350万円ほどで、民間の調剤薬局やドラッグストアであっても年収500万円を超える求人もあります。

その差は150万円もの開きがあるのです。この給料で奨学金の返済を抱えている薬剤師はかなりギリギリの生活を強いられるでしょう。

だだ、公務員といえば、年功序列で年収が上がっていくイメージがあるかと思いますが、民間の薬剤師に追いつくまで何年も働かなくてはなりません。

公務員薬剤師で1年間で上がる給料は月収5000円ほどなのです。年間にする6万円ほど上がりますが、かなり少ないと言えます。

また、昇進すれば、その年に限り3万円ほど給料が上がります。

しかし、昇進試験が難しいケースが多く、なかなか受からないことも良くあるのです。

このように昇給することはあるものの、条件がかなり多く、金額も少ないので仕事量に合わないと辞めてしまう薬剤師も多いのです。

嫌な人が職場にいる

薬剤師の退職理由No.1が人間関係です。これは公務員薬剤師であっても同じで、職場に嫌な人がいれば仕事をしたくなくなってしまうのです。

公務員となるとパートナーやチームで働くことも多いので、長い時間同じ人と一緒にいるといったケースも少なくありません。

そうした時に、チーム内に嫌な人がいると、風通しの悪い空気が流れてしまい仕事を辞めたいと感じてしまうのです。

また、新卒で配属された時にどのような上司の下で働くかによって、モチベーションも大きく左右されます。

部下の人間性まで否定する言葉を投げかけたり、イジメをするような上司に当たってしまった場合は、入って間もなく辞めたくなってしまうのです。

移動が多い

特に国家公務員の資格を持っている薬剤師は全国各地に働き口があります。

そのため、急に移動を告げられることも高い頻度で起こります。

いま働いている市内での移動ならまだ、労力も少ないですが、県をまたぐとなると環境やアクセスも変わってきます。

このような移動の多い公務員薬剤師は、いつも家から近い職場で働ける民間の薬剤師にあこがれて退職してしまうのです。

公務員薬剤師を退職する場合、この3つの理由に縛られてきます。

もし、あなたにも当てはまっているものがあるのなら、転職を考えるのも良いでしょう。

公務員薬剤師を辞めるデメリット

次は、逆に公務員薬剤師を辞めることでどのようなデメリットが起きるのかを解説していきます。

充実した福利厚生がなくなる

公務員ならではの福利厚生の恩恵を受けられなくなることが、一番に挙げられるでしょう。

産休や育休も取りやすく、職場によっては住宅手当や扶養手当などもしっかりと支給されます。

ちなみに、住宅手当は全額会社が負担してくれるところもあるのです。

公務員薬剤師給料は低い傾向にありますが、このような手当が付けば経済的にも安心できるできるでしょう。

簡単には解雇されない

公務員として国家資格を持っていることで働き口が広がるので、よほど大きな問題を起こさない限り解雇になる理由はありません。

一方で、民間企業の場合、働いていた薬局が潰れてしまったなどの理由で転職を余儀なくされる場合もあります。

公務員薬剤師のメリットと言えば、なんといっても安定性なので、将来何十年に渡って雇用が安定しているといっても良いでしょう。

もちろん、人によって公務員薬剤師を辞める際のデメリットは変わってきます。例えば、公務員として病院の薬剤師をしていた場合、病院での経験値を増やせなくなってしまうなどはデメリットになるでしょう。

また、保健所で働いてた人や麻薬取締官にも、その職業でしか得られない知識やスキルもあるはずです。

そのため、「この職場で得るものは得られたか」と自問自答してみると良いでしょう。

辞めるべきではない場合

公務員薬剤師を辞めるデメリットが理解できたところで、今度は退職するにふさわしくない状況について解説していきます。

以下のどれかに当てはまるものがある場合は、いまいちど退職の意を見直すことをおススメします。

雑務でのミスが多い

特に働き始めの新人薬剤師に多いのですが、雑務でのミスを繰り返して、自分にはこの仕事が向いてないと判断してしまうケースがあります。

しかし、あくまでも「雑務」なので、転職したところで、どこへいっても付いて回る業務になります。

例えば、書類を作成する際に、誤字脱字が多いといったもので、あれば職場が変わってもスキルが上がらない限り解決はしません。

当たり前なことのように聞こえますが、ミスを繰り返すと「自分は何もできない」と誇張して考えがちなので、見落としてしまう部分でもあります。

もちろん、何年も公務員薬剤師として働いて、公務員薬剤師ならではの仕事でミスを連発してしまうようなら、見切りを付けて転職するのもアリです。

しかし、最低限どこにいっても必要とされる仕事はできるようにしてから転職するのが好ましいでしょう。

上司や同僚とウマが合わない

これは、人間関係の問題で、その度合いによっても変わってくるのですが、少しウマが合わないという理由で退職するのはおススメできません。

もちろん、イジメにあっているとか、暴力や暴言を喰らっているのであれば、すぐにでも逃げ出すべきです。

ただ、「少し冷たい態度を取られた」「挨拶を返してくれない」「自分の意見に賛同してくれない」といった程度で辞めるのは微妙です。

このような問題は雑務でのミスが多くて辞めるのと同じくどこへ行っても起こりうることです。

転職したからと言ってどうにかなるものでもありません。

人は人、自分は自分という気持ちを持って、いまの職場を続けたほうが良いでしょう。

公務員薬剤師のアピールポイント

公務員薬剤師が民間に転職する際には、どのようなアピールポイントがあるのでしょうか。

ここまで、転職するべきかどうかといった判断について述べていきましたが、実際に転職する意思が固まったら、その戦略について考えなければなりません。

国立、公立病院で働いた場合

病院での経験は公務員に限らず、薬局やドラッグストアでも生かすことができます。

チーム医療の経験や麻酔薬などの扱い、幅広い医薬品の知識などをアピールポイントにしていけば、即戦力としても活躍することができます。

また、薬の効果を確かめる治験に参加した経験があれば、そこで得られたことや感じたことを話すだけでも経験の豊富さが伝わるはずです。

保健所で働いてた場合

保健所では、薬局を始め、クリーニング店や美容室、公衆浴場などの衛生管理や指導を行います。

そのため、民間の薬剤師に転職する場合は、衛生指導を行った経験から、医薬品を安全に処方することができることが強みと言えます。

衛生面での知識は薬局やドラッグストアでも、必要になるところです。

保健所で得られたスキルで薬局でも生かせるものがあれば、大きなアピールポイントとなるでしょう。

辞めても公務員薬剤師に戻ることはできる

公務員薬剤師が転職するべきか、迷ってしまう理由として最も大きいのが、公務員資格の存在です。

資格をもっているのだから、それを生かさないのは勿体ないと感じるでしょう。

しかし、資格はあくまでも道具でしかありません。

理想の職場で働くためのツールとして、資格が存在しているのであって、資格を持っているから必ず使わないといけないことはないのです。

また、もし公務員薬剤師以外の仕事に転職したとしても、資格があれば、また公務員薬剤師として働くことができます。

そのため、一度外から公務員薬剤師という職業を見てみるのも良いと思います。

そして、やはり公務員薬剤師として働きたいという気持ちが沸き起これば、また戻れば良いのです。

このようにあまり資格に縛られず、幅広い視点で自分に合った仕事を探していくようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする