子育て中の薬剤師の働き方!両立する方法や求人の探し方

専業主婦として、子ども世話ができるなら問題はないですが、家計状況もあって働かなくてはならないママ薬剤師も多くいます。

子育てや家事を考えると長時間の勤務は難しいし、週5日で働くのも無理があります。また、子どもの体調などもあるので、急に仕事にいけなくなることもでしょう。

こうした時、子育てと薬剤師の仕事を両立させるにはどのような働き方をすればよいのでしょうか?

今回は、子育て中の薬剤師の働き方についてまとめて解説していきます。

派遣かパートが最も多い

薬剤師が家庭のとの両立を考えるとき「パートや派遣」という働き方が最も多いです。

派遣もパートも融通が利くので、自分の時間を確保しながら働けることでママ薬剤師に人気があります。

主に、パートや派遣薬剤師のメリットは以下のようなものがあります。

時給が高い

パートや派遣薬剤師は時給がすごい良いです。求人によっては時給2000円~3000円を提示している職場もあります。

仮に時給2500円で週3日、一日4時間働くとしても、月収12万円は稼げる計算になります。

このような働き方であれば、十分に子育ての時間を確保しながら収入を得ることができます。

意外にもパートや派遣は時給だけで見れば、正社員よりも高いのです。

働く時間が選べる上に、給料も高いので、家庭との両立を考えている人にとってはかなり適していると言えます。

週1日から働ける

先ほどは週3日の例で給料を説明しましたが、働く時間をもっと少なくしたい場合でも職場によっては可能になります。

パートや派遣という雇用形態なら極端な話、週1日から働くことができます。派遣で求人を探せば、単日の仕事なども多いです。

そのため、あまり長く働くつもりはないけれど、都合のいいときだけ稼ぎたいという人は派遣薬剤師で短期のものを検討してみると良いでしょう。

急な休みも取りやすい

子育てと両立しながら働いていると子ども熱を出してしまったりと、急に仕事を休まなければならないこともあると思います。

このとき、正社員であれば、非常に休みづらいです。休むにあたって様々な書類を提出しなければならかったり、休日出勤を要求されたりします。

そのため、正社員の薬剤師は子ども体調が悪くても、仕事にいってしまう人もなかにはいるのです。

しかし、パートや派遣であれば、比較的簡単に休みを取ることができます。正社員よりも責任は重くないので、上司に連絡をするだけ基本OKです。

パートや派遣薬剤師が主婦に人気なのは、時間が選べたり、給料が高いだけでなく、休みがとりやすいことも関係しているわけです。

ただ、職場によってはパートや派遣であっても、「上司や同僚に嫌な顔される」といった形で休みが取りにくいこともあります。

そのため、職場を選ぶ際に、転職コンサルタントに相談して職場見学をさせてもらうことをお勧めします。

派遣やパートにも欠点はある

ただ、一見いいことづくめのように見える派遣やパートでもデメリットはあります。ここでは、その二つの雇用形態のデメリットを比較していきます。

派遣として働くか、パートで働くか迷った時に参考にしてみてください。

派遣薬剤師のデメリット

派遣薬剤師は、働ける時間の幅が広いのですが、何と言っても契約を更新してくれるかがわからないところがデメリットと言えます。

派遣薬剤師の多くは3か月更新のものが多いのですが、職場の状況によっては、それより前に切られてしまうケースもあるのです。

これは、仕事ができる、できないといった評価で契約解除になることもあれば、しっかりと仕事をしていても更新できないことがあります。

人手不足になっていたり、経営難に陥っている職場であればあり得る話ですです。

私自身も、派遣として働いていたのですが、その職場の資金が足りなくなったため契約から2か月で解除されてしまいました。

そのため、派遣として働く場合は、その職場の状況をしっかりと調べてから応募するようにしましょう。

特に長期で働きたい人は契約更新について注意する必要があります。

パートのデメリット

パート薬剤師には試用期間を設けている職場はありますが、契約解除というものは存在しません。

そのため、しっかりと働いていれば試用期間で落とされることはないです。また、会社都合で解雇されるといったことも、ほぼありません。

しかし、正社員よりも安定性は悪いです。働きぶりやスキルによっては解雇の対象となるのです。また、もちろん福利厚生はあるものの、正社員よりも使いにくいです。

例えば、退職金は出ないですし、育休や産休も法律上は取ることができますが、とりづらい雰囲気が流れている職場もあります。

このように派遣よりも安定性はあるものの、正社員に比べるとかなり劣ってしまうのです。

パート薬剤師の福利厚生に関しては、本当に使いづらい雰囲気ではないのかを深くチェックする必要があります。

正社員として働くなら

ここまで、子育てとの両立を考えるならパートや派遣がオススメという話しをしていましたが、では正社員で働くことは難しいのでしょうか?

もちろん、可能です。しかし、パートや派遣のように融通が利ききません。その反面、安定性や福利厚生などのメリットは得ることができます。

正社員の薬剤師として働きながら、子育てと両立させるのであれば、忙しい薬局や病院、ドラッグストアは避けるようにしましょう。

忙しい職場では、残業も多いですし、かなり休みが取りづらくなります。そのため、子育てや家事に充てる時間は皆無になります。

そこで、忙しくない職場を選ぶことで早く帰ることができたり、休みも取りやすくなります。

もちろん、すべての職場が融通を利かせてくれるわけではありませんが、忙しくなければその傾向が強くなります。

もし、正社員を希望するのであれば、なるべく忙しくない職場を探すようにしましょう。

薬剤師が楽な仕事に転職する方法!職場の探し方など
薬剤師として転職する時、なるべく忙しくない楽な職場に転職したいと言う人もいるでしょう。 しかし、薬局や病院よっては立ち...

ブランクが不安な時は

子育てと薬剤師を両立したいと考えている人の中には、これから仕事復帰しようしている人もいるかと思います

しかし、年単位のブランクがあると仕事に復帰しても活躍できるか不安になりますよね。

もし、知識やスキルがうろ覚えで自信がなければ、「未経験歓迎」の求人を探すとよいでしょう。全くの未経験よりも、少なからず経験のある人の方が優遇されます。

事前のブランクがあること伝えておけば、研修も行ってくれるでしょう。

就業前に職場をチェックする方法

ここまで、何度か求人先について良く調べる必要性を述べてきました。

職場に入って後悔するのは何としても避けたいので、職場見学やリサーチは必ずは必ず行うようにしましょう。

このとき、転職サイトを活用することで、高確率で自分に適した職場を見つけることができます。

転職サイトには経験豊富なコンサルトが在籍していおり、無料で相談することができます。このとき、

「職場見学をしたい」

「ブランクがあっても安心して働ける職場を探している」

「パートでも福利厚生が使いやすいところがいい」

といった要望を伝えることで、希望に沿った求人を探してくれます。また、職場見学もコンサルトが同行してくれます。

このように確実に転職を成功させたい場合には、転職サイトが役に立ちます。

子育てとの両立を考えるのであれば、希望の条件も多いはずです。そのため、できる限り理想の職場を探せるように最善を尽くすようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする