血液センター薬剤師の仕事内容や年収、求人の探し方など

薬剤師は血液センターで働くことも可能です。ただ、あまり求人を見なかったり、血液センターで働く薬剤師の話をあまり聞いたことない人も多いでしょう。

そのため、血液センターで薬剤師はどのような働き方なのか、調剤業務もあるのか、給料いくらなのか、など疑問点も多いかと思います。

そこで、今回は血液センターで働く薬剤師の仕事内容や求人の探し方まで解説していきます。

血液センターの役割

それでは、まず血液センターは医療においてどの役割を果たしているのでしょうか?

実際には血液製剤の研究や開発として血液に関する情報を医療機関や供給をしています。

血液センターで得られた情報から病院での治療が決まったり、血液検査の実施方法なども決められています。

また、血液の採決を行ったり、品質の管理するのも血液センターの役割です。つまり、血液の管理や開発、情報提供などを行っている施設なのです。

血液センターの仕事内容は?

血液センターは「品質管理」の部署と「製造関連」の部署に分けられています。では、それぞれの違いを見ていきましょう。

品質管理

品質管理では、検査抗体検査や微生物検査の試験を行います。また、輸血のための採血や、血液必要とする緊急事態に対して対応することも仕事内容になります。

さらに抗体検査や微生物検査に使用する機械の点検やメンテナンスも血液センターの仕事の1つです。

1番のポイントとしては、調剤業務がないことです。

薬剤師としてのスキルと言うよりかは、知識を生かすことができる職場でしょう。実際に血液の品質をチェックするために試験では、人体に関する理解も必要になってきます。

製造関連

次に、製造関連の部署では、血液製剤の研究や開発を行っていきます。

具体的には、血しょう製剤や赤血球製剤の保存方法や製造を考案したり、血液を医療にどう生かすかを考えるのです。

血液センターの薬剤師の仕事は薬剤師同士が集まって業務行うのではなく、看護師や医師と協力してコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。

患者さんを治療する仕事ではないので、病院のように薬剤師チーム、看護師チーム、医師チームといったように同じ職業の人が固まって仕事を行う形はとっていません。

血液製剤を研究したり開発したりで、医師、看護師と連携しながら仕事を進めていく形はどこか新薬を実証する「治験」に近いものを感じます。

血液センター薬剤師の年収

一般的に血液センターで働く薬剤師の年収は、初任給で400万円程度となります。そこから経験を積んでいき、年収500万円以上となります。

薬剤師の一般的な年収は厚生労働省の調査によると年収33万円になります。それを考えると、薬剤師の平均年収とほぼ変わらないと認識して良いでしょう。

また、初任給は月収25万円程度で、病院薬剤師の月収とあまりかわりません。薬局の管理薬剤師等を務めてきた人にとっては少なく感じるかもしれませんが、血液に関する専門性を高められて一般的な平均以上の年収で働けるのは魅力的であると感じる人も多いのです。

また、ボーナスは年2回で4ヶ月分の支給となります。ただ、初年度は2.5ヶ月分です。

北の地域にある血液センターでは寒冷地域手当というものがあり、19万円〜25万円のボーナスが出ることもあるのです。

そのため、年収1000万円のような高年収を期待している人には向いていませんが、血液と医療に関するの知識を深めたいにはオススメです。

血液センター薬剤師に向いている人

まず、大前提としては、当たり前ですが血が怖くない人です。血液センターなので、当たり前のように仕事に扱います。毎日血液を見ることになります。

そのため、血液に対して恐怖感を持っている人には務まらない職業といえます。

また、物事を突き詰められる人にも向いている職業です。研究職に近い仕事内容なので、徹底的に品質を管理できたり、より良い血液製剤を心がけるような、常にベストな結果を残したいといった気持ちのある人が評価される職業でしょう。

薬剤師から血液センターに転職する場合のアピールポイント

薬剤師として培ってきた人体に関する知識や医薬品の知識は血液センターでも生かすことができます。

品質管理の部署では抗体検査や微生物検査を行います。また、製造関連の部署でも血液製剤の薬剤師の健康に関する知識は非常に役に立つでしょう。

看護師や医師も血液センターで働きますが、薬剤師の大きな強みとしては、やはり医薬品に関する知識です。

薬の飲み合わせによる副作用や薬品が血液に与える影響などは、看護師や医師よりも強いはずです。そのため、薬の知識や薬剤師ならではの血液関連の知識を武器にして転職活動すると良いでしょう。

血液センターの求人を探すには

血液センターの求人を探すにあたり、主に2種類の方法があります。1つは「転職サイト」の非公開求人をあたってみる方法です。

非公開求人とは、転職サイトに登録しなければ、閲覧できない求人のことです。

転職サイトは登録してない人でも求人を見ることができますが、条件の良いものはなかなかありません。そこで、レアな求人や条件が良いものは登録してくれた人だけに公開するようにしているのです。

血液センターの求人は普通に探してもなかなか見つからないので、転職サイトに登録して非公開求人をあたってみると良いでしょう。

そして、2つめは血液センターのホームページから求人を探す方法です。この探し方であれば、確実に求人を見つけることができます。また、同時に会社概要なども見ることができるので、情報収集もしやすいでしょう。

ただ、デメリットもありまして、ホームページ上に乗っている情報しか見ることができないので、職場の雰囲気や人間関係まで知ることができません。

当サイトでは、「求人票だけで判断するのは危険である」と言った話をよく書いています。これと同じように、血液センターもホームページだけで判断するのはお勧めしません。

しかし、転職サイトに登録し、コンサルタントに申し出をすれば職場見学などもさせてくれます。

また、人間関係や雰囲気などもコンサルタントから話を聞くことができます。可能であれば、ホームページと転職サイトの両方活用して求人を探していくと良いでしょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする