薬剤師が結婚や妊娠での転職を成功させるには

薬剤師が転職する理由の1つとして、「ライフスタイルの変化」があります。

人生の中で最も大きな生活の変化といえば、結婚や出産を思い浮かべる人がほとんどです。かと思います。そして、このタイミングで職場を変える決断をする人も多いでしょう。

そこで、今回は薬剤師が結婚や出産を機に職場を変える際の注意点をついてまとめていきます。

男性薬剤師にとっても結婚や出産は重要

結婚や出産と言うと、どうしても女性が中心のイベントだと思われがちです。

しかし、仕事や育児の面から見れば、男性も大きく生活に変化が出ることは言うまでもありません。

例えば、

パートナーと結婚するにあたり、今のままでは収入が足りず転職を考える

結婚を機に引っ越しをするため、転職をしなければいけない

など、男性薬剤師も退職を考えるケースもよくあります。そのため、女性も男性も結婚や出産によってどのように薬剤師を退職して復職するのかについて見ていきましょう。

結婚がきっかけで転職する理由

結婚や出産をきっかけに転職する理由には、それぞれ違ってきますがいくつか共通点があります。ここでは、1つずつ解説していきます。

パートナーと暮らすには給料が低い

病院薬剤師にありがちなことではあるのですが、給料が低すぎて誰かと生活を共にするほどのお金に余裕が持てないといったケースがよくあります。

先ほどの男性薬剤師の例でも紹介しましたが、結婚すれば男性も女性もパートナーを支えていかなければならない状況になります。

パートナーが大富豪で、玉の輿に乗れたという場合は何も問題は無いですが、結婚してこれから生活していく上で、金銭面がシビアになっていくことがほとんどだと思います。

確かに病院薬剤師は幅広く専門的な医薬品の知識が学ぶことができ、スキルアップには適しています。

ただ、家庭を持つなると「お金よりも経験」など言ったキレイゴトは通用しなくなってきます。

そこで、生活のために年収を優先して、転職に踏み切るケースが一般的です。

引っ越し

次に結婚を機に引っ越しをすると言う場合です。

ライフスタイルの変化によって住む地域を変えるという人も多いです。

また、引っ越しをきっかけに、今よりももっと子育てがしやすい職場を探すことはよくあります。

その時に先程の年収が低いと言う理由で転職を考えている場合、田舎に引っ越して、年収が高い薬局で働く言うケースも少なくありません。

このように引っ越しによって結婚子育て新しいスタートを切るために今の職場も変えようとする人が多くいるのです。

育児をしづらい環境

今の職場に育児への理解がないので、転職をせざるを得ないといった状況で退職を決意する。

薬剤師に限らずですが、今、勤めている会社で出産、育児がしづらい場合、働き続けると言う選択は取りづらいでしょう。

そこで、しっかりと育児や出産に理解がある職場を探すようになるのです。

多くの薬剤師はこのような理由で結婚を機に転職をしています。もちろん、あなたに当てはまる場合もあれば、当てはまらないこともあるでしょう。

ただ、自分と同じ状況の人がどのように転職をしているか、そしてどのように仕事を復帰しているのかを知っておく事は重要なことです。

妊娠や出産、子育てに関する制度

結婚や出産を機に転職する場合必ず知っておくべきことがあります。それは、職場における出産育児に関する制度についてです。

特に知っておきたいのは「産休」と「育休」になります。この点をしっかりと理解しておかないと、貰えるお金がもらえなかったり、十分に休暇が取れないといった状況に陥ってしまいます。

そうならないためにも、それぞれの違いについて仕組みについて見ていきましょう。

産前産後休業

略して「産休」と呼ばれる「産前産後休業」ですが、これは2つの制度について表したものです。

一つは、妊婦さんが出産する前に取得できる休暇を指す「産前休業」です。

通常は出産予定日の6週間前から取得できますが、双子や三つ子などの多胎妊娠では母体への負担が大きいためで14週間前までに延長されます。

2つ目は妊娠、出産後に取得できる休みが「産後休業」になります。出産後、8週間は産休を取ることができます。

法律的にも「事業主は、産後8週間は働かせることができない」されております。ただ、医師が問題ないと判断し、本人の希望がある場合は産後から6週間で復帰することが可能です。

育児休業

次に出産してから子育てのために休みがもらえるのが「育児休業」です。育児休業を申請する場合にはいくつか条件があります。

  • 育休後も同じ会社で働き続ける意思がある
  • 1年以上同じ会社で働いている
  • 週3日以上で働いている

この条件を満たした上で、子供が1歳になるまで休むことができます。特別な理由があれば1歳6ヶ月になるまで休むことができますが、基本的には1歳になるまで休業することができると考えておきましょう。

まだ育休中に生活に必要な資金を支援する「育児休業給付金」と言う制度もあります。こちらを申請する際にもいくつか条件があります。

・雇用保険に加入する65歳未満の方で、育児休業する前の2年間のうち1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること

・休業中に職場から賃金の80%以上を支給されていないこと

・休業している日数が対象期間中毎月20日以上であること

このような条件満たしていれば、会社から給付金を受け取ることができます。

では、その金額がいくらぐらいもらえるものでしょうか。これは、育休の期間によって決まってきます。

・育児休業開始~約6ヵ月:月給の67%
・育児休業開始から6ヶ月以降:月給の50%

例えば例えば、女性薬剤師の平均月収36万円で考えると、

1.育休開始〜6ヶ月

36万円×0.67=24万1200円

2.それ以降

36万円×0.5=18万円

となります。毎月この額がもらえるか、もらえないかでは、かなり大きな違いになります。そのため、しっかりと育児休業給付金についても確認しておく必要があります。

退職や転職を考えるタイミングが大切

結婚のきっかけに結婚をきっかけに職場を変える場合には、退職するタイミング転職を考えるタイミングが重要になります。

妊娠中に転職することは難しい

転職や退職のタイミングが遅れてしまうと妊娠中に求職活動を行わければならないことがあります。

やはり妊娠中となると、受け入れてくれる会社はほとんどありません。仕事中に何かあっては昔に戻りづらいですし妻とも仕事ができるのかどうか怪しい部分が大きいからです。

妊娠中でも受け入れてくれる職場はあるにはあります。例えば、1日の単発の派遣なら妊娠中でも雇ってくれる場合があります。

妊娠中はやはり体調がすぐれないことも多く、仕事が手につかなくなることが考えられます。

すると職場の迷惑になってしまい、働きづらくなる事は容易に想像できるでしょう。またひどい場合には、「つわり」や「切迫分娩」などを起こすこともあり、会社を困らせてしまうことにもつながります。

また、妊娠中にいくつもの会社の面接を受けたりなどをしていると疲れが出て胎児に影響が出る可能性があります。

もし妊娠中であるならば、本当に特別な事情がない限りは働くのは控えたほうがよいでしょう。

退職するタイミング

前途のとおり、タイミングがおくれてしまっては妊娠中や子育てと休職活動が被ってしまい、就業先が見当たらず育児休業給付金がもらえないといった事態になってしまいます。

早めに転職活動を始め、半年以上は働くようにしましょう。この状態であれば、転職した会社で妊娠発覚しても、妊娠までには一年以上は働けるので問題なく、育児休業に入ることができます。

そのため、現在の職場を退職するタイミングは結婚や出産を考え始めた頃に新しい職場を探す始めた方が良いでしょう。

復職するタイミング

出産を機に休暇を取った場合発揮する目安としての多くは、やはり出産と育児が落ち着いた段階で仕事に戻るというケースが多いです。

ただ、出産や子育てが終わってすぐに仕事に戻るのはリスクを伴います。

例えば、産後休暇の場合、8週間は休めることになっていますが、医師の判断と本人の希望があれば6週間で復帰できることを先ほど説明しました。

ただ、やはり圧倒的に8週間しっかりと休みを取る人の方が多いです。出産から6週間経ったとはいえ、働き始めてから体調崩してしまっては結果的に職場に迷惑をかけることになります。

そのため、余裕を持ってゆっくりと起業するゆっくりと休養する方が好ましいといえます。今育児休暇の間にもあります。

結婚、妊娠、出産後にベストな転職とは

妊娠中、出産後でも安心して働ける職場

先ほども説明しましたが、職場によって育児に理解があるか無いかは変わってきます。そのため、新しい職場を検討する際は慎重に選ばなくてはなりません。

例えば、病院薬剤師には当直、夜勤の仕事があります。妊娠中でも、そういった業務もしなければならない会社も中にはあります。

言うまでもありませんが、当直や夜勤の仕事をすれば、お腹の中の胎児に悪影響を及ぼします。

他には、小児科の門前薬局だと粉薬を吸ってしまい体内に影響を及ぼすなど考慮しないとけません。

この部分を踏まえた上で、転職コンサルタントなどを活用し確実に安心安全な職場を見つけるようにしましょう。

正社員になる場合

産休後に正社員として働くことのメリットは、福利厚生が充実していることです。

社会保険や住宅手当、賞与会社に入っていれば、お金の面や保険など会社が負担してくれるところが心強いところです。

また、産休も育休も使えるので出産や子育てに安心して専念することができます。さらに、業績が良ければ昇給することも可能なところも魅力です。

デメリットとしては、育休を取れるものの、復帰がしづらいところがです。子育てが一段落して会社に復帰したはいいものの、子供はまだ1歳です。

そのため、急に熱を出したりすれば、看病する大人が必要になります。

子育ても一段落しても、このような予期せぬ事態も多いわけです。正社員だとなかなか休みが取れないことが多いのでこの点に関しては、デメリットと言えましょう。

ただ、もちろん育児に理解のある会社なら事情を説明すれば、休めることもよくあります。この辺の会社によって変わってくるので転職の際によくチェックしておきましょう。

パートで働く場合

薬剤師のアルバイトは時給が良いことで有名で、実際正社員の給料を時給換算して比べた場合アルバイトの方が高いと言う事実があります。

具体的には2,000〜3,000円の時給で働けるので、短い時間でもしっかり稼ぐことができます。また規定の労働時間を満たせば、社会保険に入ることもできますのでその点もメリットの1つになります。

また時間が選べると言うのもパートの魅力です。さらに正社員よりも休みやすいので、子供が急に熱を出してたりした場合でも融通はききます。

ただ、これから給料がずっと一定であることがデメリットになります。さらに福利厚生も少ないので、そういった面では正社員に劣ります。

派遣として働く場合

薬剤師が結婚を機に転職する際に派遣と言う選択肢は見過ごされがちですが、派遣にも、もちろんメリットがあります。

派遣社員になるには派遣会社に登録する必要があります。派遣薬剤師として働くことのメリットは様々な職場を経験できるため、知識やスキルの偏りがなくなることです。

例えば、病院薬剤師の派遣案件もあったりします。専門的な薬品の知識やチーム医療など育児をしながらスキルアップをしたい人には適しています。

ただ、病院薬剤師と言うと年収を気にする人も多いでしょう。しかし派遣であれば、時給2,500〜3,000円と高い給料で働くことができます。

また、毎日働かなければならないわけではなく自分の好きな時に仕事ができますので、子育てもしやすいかと思います。

もちろん派遣薬剤師にもデメリットがありまして、妊娠中などに派遣として働く場合には体調の面を気にされて契約を更新されないことが高確率で起こります。

また、粉薬ばかり任されると胎児への影響が心配なることも多いです。こういった業務内容については、就業する前にしっかりと確認しておきましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする