刑務所薬剤師は危ない?年収や転勤など仕事内容を解説

刑務所で働くと聞くと、受刑者とのやり取りで危険な目に会うのではないかと考える人もいるでしょう。

刑務所では、病気になった受験者のために医薬品を処方する必要があるため、薬剤師の存在は欠かせません。

そのため、薬剤師が働くことができますが、あまり印象がないので二の足を踏んでしまう人も多いです。

そこで今回は、刑務所で働く薬剤師の働き方や年収や役割等についてまとめて解説していきます。

刑務所薬剤師の危険性「ゼロ」

まず、最も多くの人が不安に思う受刑者とのトラブルですが、心配する必要は全くありません。

というのも、刑務所で働く薬剤師と受験者が顔を合わせる機会がゼロだからです。

刑務所の中にある薬局で働くことになるのですが、実際に受験者の動きは限られているため、直接薬局に患者さんが訪れる事はありません。

そのため、間接的に薬を処方していく形になります。このような、処方の形式から受刑者とのトラブルは全く気にしなくて良いといえます。

刑務所で働く薬剤師の仕事内容は?

調剤薬局とほぼ同じ

一般的な調剤薬局と変わりありません。

違うところと言えば、直接患者さんに服薬指導を行わないくらいです。そのため、医師が書いた処方箋の通りに調剤や処方を行ってきます。

刑務所の薬局で扱う医薬品は様々なものがあります。受刑者には高齢者が多いため、何らかの慢性疾患を患っているも患者さんが多くいます。

多種多様な症状に対応するために、幅広い薬品を取り扱うのです。また、受験者の中で2割の人は何らかの精神病を持っていると言われています。

薬物依存への知識が生かせる

刑務所の仕事内容の1つに薬物依存の受刑者を更生させると言うものがあります。

とは言っても、薬剤師自身が直接的に服役者に指導することはありません。「指導者」に薬の情報を提供したり、指導補助を行うことが刑務所薬剤師の仕事となります。

薬物依存は精神的なものなので、刑務所の服役する2割の精神病患者は、薬物が手放せられない人がほとんどとなります。

そのため、薬物依存への知識が明るい人には、受刑者の更生に役立てることができます。

刑務所薬剤師は公務員である

刑務所の薬剤師は公務員である1番の一般的な薬剤師との違いは公務員として勤務することです。

そのため、将来性や安定性、福利厚生の面では明らかに待遇が良いです。

退職金がしっかりともらえたり、育休や産休ももちろん取ることができます。また、マイカー通勤可能なども完備されています。

公務員薬剤師の職場の一つが刑務所となりますが、刑務所で働く場合、国家公務員試験を必ず受ける必要はありません。

刑務所の薬剤師は、法務技官としての採用となるため、特別資格が必要と言うわけでは無いのです。ただ、刑務所で働く上で試験に合格する必要があります。

とは言え、公務員試験よりかは難易度は低いので、一般的な薬剤師でもしっかりと対策しておけば合格することができるでしょう。

刑務所薬局は転勤が多い?

公務員薬剤師には転勤がつきものと言われていますが、刑務所の場合はどうなのでしょうか?

これに関しては地域のよって変わってきます。人手に偏りがある地域では、移動が激しいですが、現状に問題がない場合には転勤になることはありません。

ただ、一般的な公務員は3年程度で転勤すると言われているので、目安として3年で転勤する可能性があると認識しておくと良いでしょう。

刑務所の薬剤師の年収は?

刑務所で働く場合、平均的な年収は400万円〜500万円程度となります。昇給は年功序列で、多くても600万円〜700万円です。特に、薬剤師の平均年収とほぼ同じ位だと考えておけば良いでしょう。

また、刑務所という危険な職場だからといって、手当てが付いたりはしません。

先ほども説明した通り、受刑者と直接触れ合う機会も少ないので、危険なイメージがあるだけで、実際は一般的な調剤薬局ありません。

景気によっては減額される恐れもある

刑務所で働く薬剤師の年収は、「医療職俸給表(二)」によって定められ、病院、診療所などの医療機関が適用されます。

「医療職俸給表」は景気の変化によって変動することもあるのです。そのため、現状は年収400万円〜700万円ですが、世論の影響を受けて減額されることも考えられます。

ただ、公務員薬剤師の中では給料が高い傾向にあります。また、景気にいくら変化があっても、公務員ならではの安定性や福利厚生は変わる事はありません。

公務員として働ける調剤薬局と言うイメージで、薬剤師特有の調剤スキルや経験を活かしたい人にはお勧めの職場です。

刑務所の薬剤師はどれくらい休めるのか

刑務所で働く薬剤師のメリットとして、カレンダー通りに休みが取れることが挙げられます。週休二日制で土日祝が休みとなります。労働時間は8時〜17時程度です。

残業はほとんどなく、定時に帰ることができるのが魅力です。公務員ということもあり、しっかりと自分の時間を確保することができるわけです。

また、年末年始や夏季休暇もあるので、休みをすべて合計すれば。年間124日ほど休日があります。

このように、休みが多かったり、定時に帰ることからママ薬剤師でも家庭と両立させながら、働くことができるでしょう

刑務所薬剤師に求められるスキル

刑務所で働く上でどのようなスキルが求められのでしょうか、前途の通り、患者さんは高齢者や精神病患者が多いです。

そのため、精神病を扱った経験のある薬剤師や高齢者医療に詳しい薬剤師であれば、有利に転職をすることができます。

例えば、精神科の薬局や慢性期病院での経験があれば優遇されるでしょう。

慢性期病院には長期的な症状で、入院している患者さんが多くいます。

慢性疾患となると、やはり高齢者に多く見受けられますので、慢性期病院には高齢者の患者さんが多いのです。

また、刑務所で問題となっているのが、患者さんが薬を誤飲してしまうことです。

高齢者の患者さんに多く、誤飲したことによる薬の副作用によって、症状が悪化してしまうケースもあるのです。

こうした、誤飲した場合の対処法などの臨機応変さを持ち合わせと薬剤師であれば、急なトラブルがあっても対処することができるでしょう。

刑務所薬剤師の求人を見つけるには

刑務所薬剤師の求人はハローワークで見つけることができますが、当サイトではハローワークを使用する事はあまりお勧めしていません。

代わりに「転職サイト」を活用することをお勧めしています。

その理由としては、転職コンサルタントとハローワークで働く従業員には、天と地の差があるからです。

ハローワークは希望条件に合わせて、紹介できる求人を案内する形式になります。

あまり、転職サイトと変わらないイメージがあるかと思いますが、大きな違いとしては担当者が求人先について詳しくないという点です。

ハローワークはとにかく大量の求人を有しています。ただ、一つ一つの職場の環境は理解していません。

一つ一つの求人先を調査していては、いくら人手があっても足りないからです。

一方で、求人サイトは、求人先についての雰囲気や環境についても詳しいのです。そのため「働いてみたら思っていたのと違っていた」というケースも少ないわけです。

また、事前に職場見学が出来るのも転職サイトの魅力の1つです。

このような理由から、ハローワークよりも転職サイトを使うことをお勧めします。

ただ、より多くの求人の中から求人を調べておきたいと言う人はハローワークを使うのも1つの方法ではあります。

しかし、求人先の環境がいいか悪いかは、働いてみなければならないので、その点は理解しておくようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする