管理薬剤師の断り方と辞める基準

仕事量も多く、エリアマネージャーからのプレッシャーも尋常でないと想像される管理薬剤師。

処方箋の枚数を増やせ、コストを下げてくれなど、店舗管理する上で上司から要求されることが容易に考えられます。

そのような、きついイメージがある管理薬剤師にある日突然指名されても、正直なところやりたくない人も多いでしょう。

たしかに給料は上がりますが、労働に見合ってないようにも思えます。

では、管理薬剤師になりたくない場合は断るべきなのでしょうか。また、断りづらい場合には転職するのはアリなのでしょうか。

ここでは、管理薬剤師になりたくない時の対処法についてまとめていきます。

やってみるという選択肢も検討する

もし、管理薬剤師になろうか迷っているいる場合には、一度やってみるという選択肢も視野に入れても良いかと思います。

管理薬剤師になってダメだったら、転職するというのもアリ。

薬剤師になれば、また違った視点から薬局を見ることができるので、薬剤師としての経験を増やしたいという場合には、やってみて損はないと思います。

管理薬剤師と聞くと、きついイメージがありますが、あくまでもイメージなので、実際にやってみなければ仕事のやりがいや労力などはわかりません。

そのため、一度やってみてから自分には難しいと判断できるようであれば、薬剤師に戻れるなら戻る、戻れないなら転職するといった手段をとっていけばよいのです。

辞めるべきかどうか考え抜く

退職を考える際には、一時的な感情で退職を決めてしまっては後悔する可能性が高いです。

そのため、本当に今の職場を辞めるべきか真剣に考えなければなりません。

せっかく転職したのに今よりもっと仕事量が多く給料が低い場所に就職してしまうこともあります。

管理薬剤師になってくれと言われて断れないからといって、辞める必要があるのかを長期的な目で考えた上でしっかりと判断していきましょう。

断る際の注意点

管理薬剤師になりたくない場合には、状況が許すようであれば、断ったほうが良いでしょう。

やりたくない仕事に任命されていても、自分が納得してなければ、務まるものも務まりません。

ただ、他に管理薬剤師ができる人がいないので、断ったら確実に気まずくなるといった状況の人もいるでしょう。

一度断って、気まずくなったら転職する

こういった場合、断ったら薬局にいづらくなるから、どうせならやめてしまおうかと考える人もいます。しかし、ここで辞めてしまうのは少しタイミングが早いように感じます。

想像上では、確かに断ったら人間関係が気まずくなってしまうことが考えられますが、それは実際に断ってみないとわからないことです。

もしかすると、断ったからといってその後の関係が悪くならない場合もゼロでは無いはずです。

いきなり退職するのではなく、まずは自分がやりたくない意思をしっかりと伝えて反応を見た方が良いです。

その上で、関係が悪くなった場合には転職するという戦略をとっていくと無駄な労力を使わずに済みます。

正当な理由で断る

もちろん断るにしても、仕事量が多くなって責任が重くなるのは嫌なのでというマイナスな理由で断るのは良くありません。

やはり、上司が納得できる理由で断る必要があります。ただこの理由は個人によって違ってくるかと思いますが、参考までに例を挙げておきます。

私が使えると感じるのは、「近いうちに転職しようと考えている」という理由です。

仮に管理薬剤師になったとしても、すぐに辞めてしまうのであれば、上司もこの人を管理薬剤師にする意味はないと考え直すはずです。

また、転職をしようと考えていると告げることで、もし人間関係悪くなった場合にもすんなりと辞めることができます。

仮に具体的な転職の時期などを聞かれた場合は、「まだ、早ければ今年中に」などあいまいに答えるようにしましょう。

もし、断った結果、人間関係が気まずくならなかった場合に今の職場に居続けることができるようにするためです。

断れない場合には

ただ、やりたくない理由を説明しても「いや、管理薬剤師になってもらえないと困る」と強引に引き留られる場合ももちろんあります。

この場合は、その薬局に居続けるのは難しいです。こちらから退職する意思を伝えるようにしましょう。

こちらも強引に断ったとしても、おそらく、その後の人間関係が悪くなってしまうのは目に見えています。

ポジティブに辞める

やめる理由は必ずポジティブな理由で辞めるようにしましょう。仕事がきつい、給料が安いなどのなどの理由では、引き留めに会う可能性が上がります。

例えば、

  • 病院薬剤師を経験したい
  • 田舎の薬局で働いてみたい
  • MRや DIなど他職種に興味がある

なと自分がやりたいことに焦点を当てて、理由を考えていくのが良いです。もちろん奨学金の支払いが足りてなくて、どうしても給料の高い薬局で働かないといけないという場合には、ネガティブな転職理由でも良いです。

このやめる理由に関しても、1番重要なのは上司が納得してくれるかどうかという点です。いかに独りよがりにならず客観的に妥当な退職理由を答えられるかにかかっています。

本当のことを告げる

ただ、病院薬剤師を経験したいなどの理由だけだと、「本当は管理薬剤師になりたくないから辞めるんだろ」と普通にバレれます。

そのため、「実のところ、管理薬剤師にはなりたくなく…」と言う言葉を最初に付け加えたほうが良いでしょう。

「実のところ、管理薬剤師にはなりたくなく、病院薬剤師を経験したいと思っているんです。」

どうせばれるなら、こちらから先に触れておいた方が良いです。

なので、管理薬剤師の話を出されて断る前に止める場合には、本当のことを伝えた上で、ポジティブな理由を添えて辞めるようにしましょう。

管理薬剤師になりたくない人が転職を成功させるには

では、他の薬剤師になりたくない人はどこに転職するのが良いのでしょうか。選択肢としては2つあります。

薬剤師として普通に働く

管理薬剤師は嫌だけど薬剤師はオーケーという人は薬局を変えるか、病院に行くかの2パターンになります。

病院薬剤師は給料が低くなりますが、最新医療やチーム医療、幅広い薬品の知識などが学べますのでスキルアップには適しています。

もちろん、今よりももっと給与面や待遇の良いところに就職できるに越した事はありません。

そこで、給料増やすなら、年収の高い田舎で働くなど自分のニーズに合った薬局を探すようにしましょう。

管理薬剤師を任されるほどの薬剤師経験があれば、即戦力として雇ってもらえる可能性が高いので受け入れてくれる会社が多いはずです。

ただ、薬局で働く場合は、また同じように管理薬剤師になってくれと言われる可能性もありますので、その点には注意が必要です。

他職種に転職する

もし、薬剤師ではない職業も経験してみたいと感じるなら職種に転職するという方法もあります。

ただ、今までの薬剤師としての経験を生かした仕事に転職する人は多いです。例えば、

製薬会社の営業(MR)

学術業務(DI)

治験コーディネーター(CRC)

などがあります。もし薬剤師としてではなく薬関係で他職種に転職をしたい場合にはチェックしておくと良いでしょう。

転職コンサルタントとじっくり話しあう

管理薬剤師になりたくなくて、やめた場合は特に転職先や退職理由、志望動機などが曖昧になりがちです。

明確なビジョンを持って転職活動するのではなく、管理薬剤師になりたくないと言う気持ちが先に立って退職するので、転職に失敗するケースもよくあります。

そこで、自分の状況や転職先の希望など薬剤師専門の転職エージェントとしっかり相談してベストな求人を選ぶようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする