管理薬剤師になりたくない人が注意すべきこと

せっかく管理薬剤師になったはいいものの、仕事量が圧倒的に増えるため退職を考える人も多いでしょう。

店舗の管理とか売り上げの管理など薬剤師とはかけ離れた仕事が多くなります。

そのため、管理薬剤師になってからモチベーションが上がらなくなってしまったというケースもよくあります。

しかし、せっかく手に入れた役職を簡単に手放していいものか、また転職した先で給与面や待遇などが今よりも悪くならないかと転職に踏み切れない人も多いです。

そこで、

管理薬剤師を辞めるべきなのか

やめた人はどういった退職理由で辞めているのか

どういった点に注意をすれば後悔しない転職ができるのか

ということについてこの記事でまとめて行きます。

本当にやめたいのかを見極める

管理薬剤師に限ったことでは無いのですが、仕事を辞めたいと考える場合、

  • その気持ちは一時的なものでは無いのか
  • 単に今の状況から逃げたいだけじゃないのか

といった点を本気で考える必要があります。

希望の職場に転職としてもまた同じような状況になって、結局問題が解決しなかったでは笑い話になりません。

例えば、「仕事場の人とウマが合わない」「店舗の薬剤師の知識が少なすぎる」と言う理由で転職をしようとしている場合には、もう一度考え直すことをお勧めします。

これらの理由はどこに行っても同じような環境になる可能性があるからです。

また、自店舗の薬剤師の人が知識が少ないということは、管理薬剤師にも非があると思われることも多いです。

薬剤師に知識を共有することも、管理薬剤師の仕事の一つです。そのため、聞く人によっては「言い訳」にも取れてしまうわけです。

仕事場の人とウマが合わないだけで転職するのは好ましくありません。人間関係で薬剤師をやめる人は多いですが、ある程度の我慢は必要です。

人間関係を変えたくて転職することは運に身を任せるようなものです。職場見学で、会社の雰囲気などはある程度は調べられるものの、実際に働いてみなければわからないことは多くあります。

もちろん、上司からひどいイジメに合っていたり、仕事についてはではなく人間性を否定されてたりしてる場合は、言うまでもなく転職するべきです。

ただ、ウマが合わないが一人、二人いるぐらいであれば転職しない方がマシかもしれません。

このように一時的な感情で退職すると、転職しなければ良かったと後悔することになる可能性もあります。

そのため、自分がなぜ、管理薬剤師を辞めたいのかと言う部分は明確にするようにしましょう。

他の人はどういった理由で退職するのか

管理薬剤師を辞めたい場合に1番大切になってくるのが「退職理由」です。この部分が曖昧だと退職することも転職することも難しくなります。

それでは、ほかの人はどういった理由で退職しているのでしょうか?

管理薬剤師が辞める理由はいくつかパターンがあります。ここでは、1つずつ紹介していきます。

他の人がどんな理由で辞めているのかを知ることで適切な退職理由を見つけることができるので参考にしておきましょう。

人間関係

管理薬剤師が辞める理由として最も多いのは人間関係です。

例えば、調剤薬局の薬剤師であれば嫌いな人がいたとしても、なるべく距離を置いたり、あまりこちらから話しかけないようにするなど対処法はいくでもあります。

ただ管理薬剤師となると、自分の店舗の薬剤師とのコミュ二ケーションが重要になりますので、嫌いな人がいてもなかなか距離を置くのは難しいです。

そのため、新人に教育をしても反抗されてしまったり、何度言っても同じミスを繰り返してしまうなどの問題があると、かなり疲労してしまいます。

自分のミスを部下から指摘されてしまうなど、どうしても人間関係がうまく構築することが難しいのです。

信頼を得ている管理薬剤師であれば問題は無いですが、「人の上に立つ人は嫌われる」という言葉もあるように部下から信頼を得るのは難しいようです。

また、同様にエリアマネージャーからのプレッシャーもあり、下からも上からも圧力をかけられて満身創痍でやめてしまうというケースが多いのです。

給料が上がらない

立場が上がって、店舗の管理と売り上げの管理、薬剤師の教育など仕事量が増えたものの年収が上がらないことはよくあります。

そのため、毎日管理薬剤師として激務に追われながらも薄給と言う状況に疑問を感じ、転職を考えるのです。

例えば、都会の調剤薬局でその地域に何店舗も調剤薬局がある場合、薬剤師の数が足りているので必然的に一人当たりの給料が下がってしまいます。

そのため、年始を年収をあげたいと言う薬剤師は田舎で人手不足の薬局に行こうとするわけです。

年収が高いところでは、月給40万円スタートのところもあります。このように、管理薬剤師として仕事量と給料がやってないと感じる場合、新しい職場で働き直そうと考える人が多いのです。

仕事内容

管理薬剤師になって、自分の調剤スキルを存分に発揮できていないと感じるという理由で退職を考える人も少なくありません。

店舗薬剤師を管理する立場なので自分が調剤する時間が少なくなったと感じるのです。

管理薬剤師は調剤業務以外にも、

  • 店舗の管理
  • 売り上げの管理
  • エリアマネージャーとのやりとり
  • 薬剤師の教育

など仕事が多岐に渡るため薬の知識を生かした業務がしたいのに、薬局を回すことに精一杯になってしまい、転職を考えるようになるのです。

また、管理薬剤師1人で運営をしていかないと店舗もあり、そのような環境で働いてる場合はかなりの激務で疲労してしまい退職するというケースもあります。

引き止めに遭った場合の注意点

転職する意思が決まって、いざエリアマネージャーに相談するとなると、どうしても不安になることが1つあります。「辞めないでほしい」という言葉です。

もし、会社側が辞められたら困る場合は改善策を提示されて、会社に引き止めようとするケースもよくあります。

例えば、給与面や休日が良くなったり、具体的に問題を解決しようとしてくれる場合もあります。

このように、あなたが退職したいと思う理由を会社としての今後の課題として改善してくれることも少なくありません。

もちろん、上司と相談してあなたの抱えている問題が解決するのなら、転職や退職を考え直すのも1つの方法です。

ただ会社が全く問題を改善しようとしなかったり、同じ職場に在籍していても解決しない問題であれば、転職する必要があります。

また、本当にあなたのことを考えて引き止めてくれていると感じるなら、転職を検討してみてもいいですが、しかしながら、そのような会社は世の中にほとんどありません。

「辞めたい」という社員を誰のために引き止めるのかを考えてみてください。おそらく、会社のために引き止めることがほとんどだと思います。

そのような場合に引き止められてしまった場合には、どうすればよいのでしょうか?

法律を学ぶ

退職をする場合、必ず知っておきたいのが法律に関してです。会社に「後任が決まるまではウチにいてほしい」などと言われた時、従う義務などあるのでしょうか。

法律上、退職する意思を伝えて2週間が経過すれば、何の問題もなく退職することができます。

民法627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

アルバイトやパートであれば、いつでも辞められるのはご存知かと思いますが、法律上は正社員で会っても申し入れから2週間で退職することができます。

今の会社では解決できない問題を取り上げる

会社を退職するにしても、「仕事に疲れてしまった」「給料が少なすぎる」などのマイナスな理由で辞意を伝えると改善策を提示され、引き止めに遭う可能性が高くなります。

そこで、会社が改善策を提示できないような理由で退職するという方法を取ります。

例えば、人間関係の問題は会社がいくら改善策を練ろうが、完璧に解決すると言う事はほぼありません。

学校であれば、先生が生徒たちの仲介に入ってコミニケーションが円滑になるように取り組みます。しかし、企業に入ると全員が大の大人なので自分で解決することを求められます。

他には、調剤薬局から病院もしくはその逆など、全く仕事内容が違う業種に転職するのであれば、引き止められることも少なくなります。

今の職場では経験できない仕事に携わりたいと伝えればOKです。

例えば、調剤薬局の管理薬剤師が病院に転職するのであれば、今よりもっとスキルアップできる環境で働きたい、チーム医療を経験したいなどの理由であれば会社にはどうすることもできない理由なので、引き止めにくくなります。

管理薬剤師が円満退職するには

管理薬剤師にかかわらず、仕事を転職するのであれば、誰もが気持ちよく職場を去りたいものです。

言うまでもありませんが、引き継ぎをちゃんとしなかったり、ある日突然バックレたりしてしまっては会社側に非常に悪い印象を与えます。

そのため、辞める意思を示しっかりと伝え、「○月いっぱいで退職させていただきます」と具体的な時期も添えて上司に伝えるようにしましょう。

退職理由には、先ほどのような「今の会社にいてもどうしようもない理由」を伝えれば納得してくれるはずです。

もし、退職理由をしっかりと伝えても理解してくれなかったとしても、あなたが譲歩する必要は一切ありません。

円満退職を妨げる1番の要因としては、やはり「強引な引き留め」によるものが多いです。

繰り返しますが、会社はあなたのために引き止めているのではなく、会社のために引き止めているのです。強引な引き留めに遭った場合は、法律の話を出して断固した姿勢を貫きましょう。

円満退職するには、会社側が納得することが必要になります。

そのため、なかなか会社側が理解してくれなかったとしても法律の話まではしっかりと行なっていきましょう。法律的に問題があるのに納得しない会社は少ないはずです。

それでも難しい場合は、円満退職はあきらめるしかないです。そこまで理解のない会社であれば、逆に何としても転職するべきだと思います。

最悪、引き継ぎなどをしっかりと行なった上でこちらから一方的に辞めるというのもアリなのではないでしょうか。

転職したらどのような職業についているのか

管理薬剤師を退職した場合、他の人はどのような職業についてるのでしょうか。

今は抱えている問題を解決した上で、さらに働きやすいところに転職できるのが理想です。

管理薬剤師が転職する職場としてやはり、薬に関する職業が多いです。

中には全く別の教会に別の業界で働く人がいますが、お金と時間と労力を使って手に入れた資格や薬剤師としてのスキルを活かした仕事に就く人がほとんどです。

1.製薬会社の営業職(MR)

管理薬剤師として培ってきた薬の知識を生かして、病院や薬局に薬を取り扱ってもらえるように交渉するMRに転職をする人も多いです。

営業職なので調剤業務からは離れてしまいますが、医薬品をビジネスの観点から見ることかできるため薬剤師としての視野が広がります。

2.学術業務(DI)

薬の中でも、特に情報について管理、提供する業務です。医薬品に関する情報をMRや医療従事者、大学研究の機関に提供していきます。

常に専門性と正確性の高い情報を求められるため、薬に関する知識を追求したいという管理薬剤師はDIへの転職したいと考えるのです。

3.治験コーディネーター(CRC)

新薬を作る上で必要不可欠なのが「治験」です。製薬した医薬品の効果を実験を通して確かめることが主な仕事です。

世の中にはエビデンス(根拠)の薄い医薬品も出回っているため、本当に信頼できる薬の開発に携われるため非常にやりがいのある仕事と言えます。

4.経験のある薬剤師として、別の病院や薬局に転職する

管理薬剤師であれば、即戦力として病院や薬局の薬剤師としてことができます。

普通の薬剤師に戻りたいと言う思いがあったり、他職種に転職したいと言う気持ちが特になければ、薬剤師として今までやってきたスキルをそのまま活かせる職場の方が働きやすいはずです。

単純に管理薬剤師ではなく、薬剤師に戻りたいといった人は経験豊富な薬剤師としては店舗を変えて新たなスタートを切る人も多いのです。

職場に重視することを決める

後悔しない転職をするためには、自分が職場に1番求めるものを決めておく必要があります。

  • 人間関係?
  • 給料?
  • 休日?
  • やりがい?

もし今、人間関係について悩んでいるのなら、多少年収が低くなったとしても風通しの良い職場に転職したほうが満足できる可能性が高いです。

仕事量が多すぎて精神的にも肉体的にもきつい状況にあると言う場合には、仕事面に対してのやりがいがなくなったとしても、休日が多い会社に転職した方が良いでしょう。

このように自分が最も重視するものを決めておくことで求人も選びやすくなりますし新しい就職先とのミスマッチも起こりにくくなります。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする