漢方薬剤師の仕事内容とは?資格や年収など

医薬品の中でも漢方に興味がある薬剤師もいるでしょう。

しかし、漢方薬局の数はあまり多くはないので、仕事内容や給料などが見えづらいところもありますよね。一般的な薬剤師との違いも気になるところかと思います。

実は、漢方薬剤師は一般的な薬剤師よりも患者さん個人に合わせた処方ができたりするのです。

こういった一般的な薬局と大きく違う点もいくつかあります。

そこで、この記事で漢方薬剤師の働き方、年収や求人の見つけ方まで詳しく解説していきます。

調剤薬局とは仕事内容が大きく変わる

漢方薬剤師として働くことを考えたとき、多くの場合漢方薬局で働くことになります。

漢方薬局という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、一般的には「漢方専門薬局」や「漢方相談薬局」と言われています。

特徴として医師の処方箋を必要としない一般漢方のみを取り扱っています。

一般漢方は、薬剤師であれば処方することができます。

そのため、医師の判断によって薬を処方するのではなく、薬剤師が患者さんにカウンセリングをして、薬剤師だけの判断で漢方を処方するのです。

そのため、漢方薬薬剤師は、一般的な薬剤師の知ってるだけでなくのスキルだけでなく、患者さんの病状を細かく理解する能力も必要とされます。

漢方は体質に合っているかどうかが非常に重要で、体質から逸れた薬品を処方してしまうと、大きな副作用を招く危険性があります。

そのため、患者さんとのヒアリングでは、より正確に患者さんの体質を理解できなければなりません。

このように漢方薬局は一般的な調剤薬局比べて大幅に仕事内容が変わってきます。

漢方薬局で働くメリットとデメリット

漢方薬局が医療業界でまだマイナーなためにその「漢方薬剤師」の実態が分かりづらい人も多いかと思います。

そこで、漢方薬局のメリットとデメリットをここで比較して見ましょう。

漢方薬局のメリット

漢方薬局で働くメリットとしては、漢方の専門知識を身に付けることができるということがいえます。

現在、漢方処方する病院の薬局も増えてきていますので、漢方の知識を持っておくと幅広い職場で活躍することができます。

また、OTCでもセルフメディケーションとして漢方より一般的な薬として広げようと言う傾向があります。

こうした中で、漢方薬に関する患者さんからの質問も増えてくることが予想されます。漢方専門の薬剤師として知識をつけておけば患者さんのニーズに正確に答えられるでしょう。

また、前途の通り、漢方薬薬剤師は患者さんとのカウンセリングを通して薬を処方してきます。

漢方は即効性があるものでは無いため、長い時間かけて根本的に患者さんの体質を改善していくことが目的になります。

こういった長期間のカウンセリングのため、一般的な調剤薬局に比べて患者さんとの距離が近いのがメリットと言えます。

一般的な調剤薬局では、患者さんの数も多く多くの処方箋をさばかなければならないため、どうしても1人の患者さんに対して、じっくり服薬指導することができません。

しかし、漢方薬局であれば、1人の患者さんに対して何回も説明してるヒアリングする機会があるので、信頼関係を築きやすいのです。

漢方薬局のデメリット

デメリットとしては、漢方薬局は給料が少ないことが挙げられます。

薬剤師の平均年収は533万円ですが、漢方薬局の平均年収は400万円前後と言われています。高収入を目指したいと言う人にはあまり向いていない職業といえるでしょう。

また、漢方薬剤師は漢方薬局は勉強する機会が少ないです。一般的には薬剤師会なので講習や勉強会なとが行われているケースが多いのですが、漢方薬局ではその機会が少ないのです。

世間的には西洋医学が一般的なため、漢方薬局の薬剤師を集めて勉強会を開くまでに至らないケースが多いようです。

もちろん、まったくないわけではなく、首都圏であれば見つけることができる可能性が高いですが、地方に住んでいる場合は勉強会に参加することは難しいでしょう。

さらにもう一つ漢方薬局のデメリットとして、求人が少ないことが挙げられます。

やはり、現在、漢方薬局の数は少ないです。そのため、おのずと漢方薬局の薬剤師求人も少なくなってきます。

漢方薬局に転職しようと思ったとしても、倍率が高かかったり、なかなか求人が見つからないといった状況になりがちになります。

漢方薬剤師になるには資格は必要?

漢方薬局の調剤薬局の仕事内容は大きくなってくると説明しましたが、この話を聞くと多くの人が専門的な知識や、何か資格がないと働くことができないんじゃないかと考えてしまいます。

しかし、そんな事はなく、むしろ一般的な調剤薬局から、漢方薬剤師として転職するケースは珍しくありません。

特に資格なども必要なく、漢方に関する知識や経験があれば漢方薬剤師と名乗ることができます。

ただ、資格は取っておいて損はないです。もし、あなたが漢方薬剤師として、知識やスキルを証明したい考えるのであれば、資格を取得することをお勧めします。

漢方薬剤師の資格としては「漢方薬・生薬認定薬剤師」と言う資格があります。漢方や生薬についての専門性が高いことを証明するための資格です。

日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する認定薬剤師制度で、資格を取得するにはこの2つの施設が実施する研修に参加し、試験で一定の成績を収めることが必要となります。

そして、試験に合格すれば、認定証が発行されます。

資格を維持するには3年ごとに更新が必要で、必要な単位を取得するために講座を受講しなければなりません。

漢方薬剤師として活躍したい場合は、専門性をアピールできることが大切です。

そこに、そこで、資格を取得しておくことで自信を持って漢方薬の情報を患者さんに提供することができるようになります。

漢方薬局の求人を見つけるには

漢方薬局のデメリットでも説明したように、なかなか求人を見つけにくいです。特に、自分1人で漢方薬剤師の求人を探すのは非常に困難です。

そこで転職エージェントを活用をすることをお勧めします。転職サイトに登録し、コンサルタントに相談することで、幅広い求人の中から漢方薬局に特化した求人を探し出すことができます。

また、求人数が少ないためライバルが多くなりがちな漢方薬局の求人ですが、その中で、求人先に適した効果的なアプローチを教えてくれます。

少しでも、ライバルより有利に転職したい場合にはコンサルタント手を組むようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする