薬剤師としてアルバイトや派遣の掛け持ちをするべきか

今まで、パート薬剤師一本で働いてきた場合、収入を増やしたいと考えてアルバイトの掛け持ちする人も多くいます。

ただ、パートを掛け持ちすることにもデメリットがいくつかあるので、自分の状況と照らし合わせて考える必要があります。

また、掛け持ちが禁止されているケースもありますのでその点も踏まえて、働き方を考えていくことが重要です。

ライフスタイルに合わせて働ける

薬剤師でまで派遣を掛け持ちする際に、1番大きなメリットとしてはやり自分のライフスタイルに合わせて働けることでしょう。

例えば子育てを行っている人であればどうしても長時間働く事が難しくなってしまいます。

ただ派遣やパートであれば働く時間が自由に選べるため、家庭との両立もしやすいのです。

さらに、薬剤師のパートや派遣は時給が高いため、働く時間が短くてもそこそこの収入を稼ぐことができます。

正社員として1日8時間以上働くのなら、アルバイトや派遣を掛け持ちして、同じ時間働いた方が、時間や融通の面で時間やメリットを得ることができます。

ボーナスを考えると、年収は正社員より戻ってしまいますが、時給換算すれば正社員よりもパートや派遣の方が高いと言う事は多くあります。

収入が上がる

また、掛け持ちすることのメリットとして、今まで1つのアルバイトや派遣だけで働いてきた人は収入を上げることができます。

一つのパートだけだと、十分に働くことができない可q能性もあるのです。

例えば、人が自分に足りている職場であれば、希望のシフトに入れないということも珍しくありません。

そのため、職場を複数に分けることで自分の入りたい時間に確実に仕事に入れるようになります。

このような点から、働く時間が増えることによって収入が大きくアップすることにつながるのです。

さらに、1つの職場で長時間働くと給料から保険料が差し引かれることになります。一定時間、勤務することでアルバイト先で保険に加入することができます。

その保険にメリットを感じているのであれば問題ありませんが、少しでも収入増やしたいと感じるのであれば、保険料を支払わずに済む選択をした方が賢いといえます。

転職先探しに使う

正社員として働く、転職先を見つける場合、少しの時間パートや派遣で試しに働いてみると言うことができます。

職場見学や転職コンサルタントとの相談で転職先について調べるのも効果的ですが、やはり最終的には自分で体験してみなければその職場が、自分に合っているかわかりません。

そこで、パートや派遣といった形式で試しに働いてみることで、転職の確実性を高めることができるのです。

今現在、アルバイトとして働いていて、これから正社員として働きたいと考えているのなら、パートを掛け持ちして職場を探してみるのも効果的と言えます。

知識やスキル、経験が増える

掛け持ちすることのメリットは、収入や働きやすさだけではありません。

様々な医薬品の種類や技術などを学ぶ機会を増やすことができるのです。

例えば、調剤薬局とOTC販売など、違った業務のパートや派遣を掛け持ちすることで、知識や経験を広げることができます。

パートや派遣では、どうしてもスキルアップが難しいと思われがちですが、このように異なる業務を掛け持ちすることで薬剤師としてのスキルアップにもつながります。

掛け持ちする際の注意点

しかし、掛け持ちをするにしてもデメリットはいくつかあります。ここで、解説する注意点を踏まえた上で、掛け持ちをするかどうか判断していくようにしましょう。

競合店は選ばない

片方の仕事、同じような職種で掛け持ちすると、職場の人から白い目で見られることがあります。

特に上司から、きつく当たられることも増えるかもしれません。例えば、パートとして働く時、ほとんどの場合、家から近い職場を選ぶかと思います。

この時、同じ地域で同じような職種を掛け持ちしてしまうと印象が良くないのです。

その理由としては、調剤薬局なのでライバル店同士の掛け持ちしてしまう恐れがあるからです。

その店舗同士で、処方箋の枚数を競っていたら、あなたはライバル店に手を貸していることになります。

すると、管理薬剤師から嫌われたり、パワハラを受けたりする可能生が上がるのです。

そこで、調剤薬局とOTC販売といった感じで職種を分けることで、職場から嫌な顔をされることもなくなります。

さらに、仕事内容が違うためスキルアップにもつながります。

もちろん、ライバル店で働いていても、快く接してくれる職場もありますが、これに関しては働いて見なければわかりません。

働いてから後悔しないためにも、職種を分けることをお勧めします。

時間的にも肉体的にもハード

パートを掛け持ちすれば、その分拘束時間が長くなることは想像が付きます。

ただ、働く前と後では全く感覚が違います。「覚悟していたつもりだったけど、やっぱりキツイ!」といったことはよくあります。

また、子育てや家事との両立を目指したい人は掛け持ちすると、さらに身体がきつくなってきます。

こうした、自分のエネルギーを考えて、辛くなったらシフトの数を減らそうという気持ちで働くのが良いでしょう。

薬剤師で掛け持ちに適した職場

それでは、薬剤師の掛け持ちに適した職場はどのようなところでしょうか?

正社員での掛け持ちは難しいですが、アルバイトや派遣であれば以下のような場所が適していると言えます。

1.調剤併設ドラッグストア

ドラッグストアの1番の魅力は、夜間での勤務ができるところです。

調剤薬局には夕方ごろで薬局を閉めてしまうところが多いのですが、ドラッグストアは夜9時や10時ごろまで開けてるところが多いです。

そのため、夜の時間を使って稼ぎたい人には非常に適しているといえます。

また、OTC販売なども行っているため、幅広い薬品の知識を学ぶことが出来るのも魅力の1つです。

2.調剤薬局

おそらく、パート薬剤師として働く時の選択肢として1番多いのが、この調剤薬局です。

調剤薬局の魅力としては、数の多さです。コンビニの数よりも薬局の数の方が多いと言われているほどなので、家から近い職場も簡単に見つけることができます。

また、皮膚科や美容外科の門前薬局であれば、扱う医薬品が少ないので、覚えることが少ないです。

そのため、スキルアップはしなくてもいいから、とにかく収入をあげたいと言う人はこうした求人を探してみると良いでしょう。

3.病院

あまり数は多くないですが、病院薬剤師のパートや派遣として、働くのも一つの方法です。

病院薬剤師は、給料が低いことで有名ですがパートや派遣であれば、高い時給で働くことができます。

病院で働く派遣薬剤師の時給は平均2,500円から3,000円です。そして、パート薬剤師では1,800円から2,200円で働くことができます。

正社員で働くと、月収20万円を切ってしまうこともある病院薬剤師ですが、このようにパートや派遣で働くことで高い給料で病院を経験することができます。

薬局と比べて病院は最新の技術を取り入れていたり、幅広い薬品を取り扱うので、その分スキルアップにはかなり適した職場ではないでしょうか

これらの3つの職場のどれかを掛け持ちする事で、収入をあげたり、スキルアップをすることができます。

ただ、病院薬剤師は求人が出たとしても倍率が高く、すぐに枠が埋まってしまうのが難点です。

パートや派遣の求人は時間が限定されていることが多く、さらにその職場な掛け持ちOKかがわからないことがあります。

こうした場合、転職サイトを活用することで、掛け持ちしやすい求人を探すことができます。

その他、スキルアップがしたい、年収を上げたいなどの希望を転職エージェントに伝えることで、あなたに適した求人を見つけることができます。

掛け持ちのデメリットとメリットを踏まえて、メリットの方が大きいと感じた場合は転職サイトを活用して確実に職場を探していくようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする