薬剤師が田舎や僻地への転職で年収を上げる方法

年収を上げたい理由は人それぞれかと思います。

奨学金を返したい

家計を支えたい

昇進できずに一向に給料が上がらない

このような事情抱えている人たちは、今すぐにでも、年収あげたいと考えるでしょう。なかなか給料が上がらない職場で、生活が苦しい中やっていくにしても限界があります。

そこで、田舎や僻地へと転職をして年収を上げるという方法があります。単純に、働く地域を変えるだけで大幅に年収をあげることができるのです。

この記事では、田舎や僻地に転職して年収を上げたい薬剤師が注意すべき点についてまとめていきます。

田舎や僻地では薬剤師が不足している

なぜ田舎や僻地へ転職すると年収が上がるのかと言うと、人手が足りてないからです。

人口が少ない

離島などの人が立ち入りづらい地域では、都市部に比べて人口が少ないです。そのため、応募してくる薬剤師の数もごくわずかなのです。

こうした背景から、1人で薬局を経営しているケースも珍しくなく、もっと薬剤師の数が欲しいと考えている薬局は山ほどあるのです。

そこで、1人でも多くの薬剤師を雇うために、年収を高めに設定して星の数を増やそうという意識が強いのです。

一人当たりの給料が高くなる

もちろん、薬剤師の数が少ない分、一人当たりに支払う給料も高くなります。

需要と供給で考えれば、薬剤師の数が足りている都市部に比べて人手不足の田舎の方が給料が増えるの妥当なことです。

そのため、人手が足りていない地域に転職することで年収を大きく上げることができるのです。

採用されやすい

田舎や僻地への転職は年収が上がるだけなく、採用されやすいのも魅力の1つです。

やはり、都市部で経験のある薬剤師を雇いたいと考える田舎の薬局は多いです。また、人手が足りていないため、そこまで大きな問題がなければスムーズに採用してくれます。

例えば、薬剤師が40代以上で転職するのは、不利になるケースが多いですが、田舎や僻地であれば問題なく採用が決まります。

このように、一般的には転職が不利になると言われるような状況でも、比較的容易に転職することができるのです。

田舎や僻地は忙しいのか

ここまで、田舎の僻地は薬剤師の数が足りないということを繰り返し述べてきました。

ただ、この話をすると多くの人は「人手が足りない分、忙しいはず」と考えます。

しかし実際は、そこまで忙しいわけでもありません。その理由としては、そもそも田舎へき地は人口が少ないので、患者さんの数も同じく少ないのです。

そのため、多くの人が想像するようなものすごく忙しいケースは少ないのです。

しかし、人手不足であるのはことは、変わりないため、都市部と同じ位は忙しいと考えておいた方が良いでしょう。

都会と田舎で薬剤師の給料はどれだけ違う?

もちろん、首都圏にも高収入の案件は存在しますが、田舎や僻地との違いは求人数です。

年収600万円以上での求人は首都圏では全体の15%しかありません。

一方で、田舎や敵地であれば、全体の35%も高収入の求人に当たります。

また、都市部での薬剤師の平均年収は500万円程度が相場ですが、田舎や僻地は平均年収が600万円以上になります。

つまり、平均だけで見ても年収が100万円ほど変わってくるのです。働く地域を変えるだけで月収が数万円ほど上がるので、給料を上げるために田舎に転職するのは頷けます。

初年度でもこれだけ違う

いくら田舎や僻地は給料が高いと言えど、初年度から高収入というわけではなないはずと考える人も多いでしょう。

薬剤師における都市部での初任給は、年収400万円が平均です。

それに対して、田舎の薬局では年収700万を提示してくれるケースもあります。

もちろんこれは、高ければといった話ですが、それでも最初から年収600万円で働けることも少なくありません。

地域によって変わってくる

ただ、田舎や僻地といっても、その地域によって年収が変わってきます。

最も薬剤師の給料が高いのは、秋田、福岡、群馬で平均年収600万円以上です。

一方で、静岡など田舎でも人手が足りている地域は高収入の求人が少なくなります。

そのため、どの地域へ転職すれば年収が上がるのか転職サイトのコンサルタントと相談しておくのが良いでしょう。

大手調剤チェーンは避ける

さらに、田舎僻地へ転職する際の注意点として大手調剤チェーンは避けるようにしましょう。

一般的な中小薬局であれば、地域によって年収が変動します。しかし、全国展開している大きな薬局では年収がどの地域も一定に定められていることが多いのです。

そのため、せっかく田舎に転職したはいいものの、都会とあまり変わらないといった状況に陥ってしまいます。

こうしたことから、田舎に転職する際は必ず個人経営をしているような調剤薬局を探すようにしましょう。

パートや派遣でも高収入

田舎や僻地に転職する際、必ずしも正社員で働かなければならないわけではありません。

同じようにパートや派遣でも高収入を期待することができます。

子育てが落ち着いた頃にお金が必要になって、パートととして仕事復帰する女性薬剤師も多いのです。

では実際にパートや派遣はどれだけ給料がもらえるのでしょうか?

パートや派遣の給料

田舎でパートや派遣で働く場合、時給2,500〜3,000円の求人も多く存在します。

時給だけで見れば、正社員よりも給料が高いのです。

福利厚生や雇用の安定性は正社員には劣るものの、自分の時間を作りながら、そこそこの給料で働けるのが、パートや派遣の魅力です。

休日は家事や子育てにあたる人もいれば、スノーボードやダイビングなど自然を生かした趣味に没頭する人もいます。

このように、お金も時間も大切と考える人はパートや派遣として働くことを視野に入れておくと良いでしょう。

田舎暮らしのデメリット

ここまで田舎や僻地に転職すると年収が上がるという話をしてきましたが、もちろん、田舎に住むデメリットも存在します。

交通が不便

まず、1番に挙げられるのが、都会に比べて非常に交通の便が悪いです。

住む地域によっては畑が広がっているだけでスーパーやコンビニ等は車を使わないといけなかったりします。

そのため、日用品等買い物するだけでも一苦労です。運転免許証を持っていない人は転職できる地域が限られてしまうでしょう。

一瞬にして噂が広まる

都会に比べて田舎は、人と人との距離が非常に近いです。ご近所さんとのコミニュケーションが非常に多いのです。

これはメリットでもデメリットでもあるのですが、噂が一瞬で町全体に広まってしまうのです。

良い噂であれば良いですが、あまり知られたくない事が広まってしまうと非常に住みづらくなってしまいます。

都会では、住んでいる地域にいるのが気まずくなって引っ越しをするのは少ないと思います。

しかし、田舎では地域での人間関係があるのでその点も注意しておく必要があります。

田舎暮らしのメリット

では、田舎で暮らすことのメリットとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

人が暖かい

デメリットとして、噂が一瞬で広まる事はありましたが、これは、人との距離近いからです。

つまり、田舎のおじいちゃんやおばあちゃんが積極的に話しかけてくるのです。

例えば、農家を営んでいるおばあちゃんが、野菜をおすそ分けしてくれたり、誕生日を祝ってくれたりします。

長年都会で暮らしていた人からすると「よく他人にそこまで尽くせるな」と感じることも多々あります。

このように人の温かみを感じられるのは田舎のメリットです。

自然を感じられる

先ほど、自然を生かした趣味を楽しみたいからパートで働くといった事例を紹介しました。

特に山登りやスキー、ダイビング等のアウトドアは都会暮らしではなかなか楽しむことができません。

一方で、田舎や僻地で暮らすことによっていつでも、自然を生かした遊びを楽しむことができるのです。

そのため、都会暮らしでアウトドア系の趣味を持っている人はかなり田舎暮らしをエンジョイできのではないかと思います。

自給自足も可能

自然が多い田舎であれば、自分で野菜を育てて自給自足をすることも可能です。

薬剤師として働きながら、野菜を育てることもできるので、副業として農家を始めることもできるのです。

このように、田舎や僻地で暮らす事は良い点も悪い点もあります。

自分が、田舎暮らしは向いていないと感じるのであれば、都会の高収入の求人を探すようにした方が良いでしょう。

短い期間で年収が跳ね上がる

ここで、説明したように田舎の僻地へ転職することで、短い間で年収を大幅に上げることができます。

そのため、今の会社で昇進できるまでの時間的な余裕がなかったり、奨学金返済に悩まされてされてる人は、田舎の僻地への転職することをお勧めします。

うまくいけば、年収が100万円以上も上がるので、生活もかなり楽になっていくでしょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする