ホスピスケアにおける薬剤師の役割とは?

薬剤師として技術やスキルを磨きたい場合には、ホスピスケアに携わろうと考える薬剤師も多いです。患者さんの症状によっては、いつ何が起きるか分からない状態なので、迅速な判断や対応が求められます。 このように、あえて過酷な現場に身を置くことで薬剤師として大きく成長しようと考えるのです。

ホスピスケアの薬剤師における仕事内容とは?

では、ホスピスケアでの薬剤師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?ホスピスケアでの薬剤師の仕事は主に3つあります。

1.疼痛管理

薬の種類や量を調整することによって、悪性腫瘍などで強い痛み訴える患者さんの苦痛を緩和することがホスピスケアの薬剤師に求められます。薬剤師の調剤スキルによって、患者さんを痛みをコントロールするのです。

2.服薬指導

病院に入院している場合でも、在宅でホスピスケア受けている場合でも、確実に医薬品の用法容量をしっかりと守ることが大切です。適切に医薬品を扱うことで、患者さんの症状が緩和することにもつながります。そこで、薬剤師による服薬指導が非常に重要なのです。

3.請求業務

薬剤師が調剤報酬点数を計算して請求する業務を行います。実際に、地域でホスピスケアを提供する場合、在宅医療チームの中には薬剤師が自分1人と言う状況が多いです。そこで、普段から医薬品を使っている薬剤師がどれほど点数を計算する必要があるのです。

ホスピスケアでの薬剤師の仕事内容は以上の3つが基本となります。特に、患者さんの少女に関わる疼痛管理と服薬指導の徹底して行う必要があります。また、一般的な薬剤師としての業務である薬歴管理や調剤業務なども薬剤師に求められます。

さらに、患者さんの生活の質QOLを向上させることが、緩和ケアの目的で、薬剤師としては飲みにくい薬や副作用のある薬をなるべく使わずに患者さんの負担を軽くしていくことが重要となります。

ホスピスケアの種類

ホスピスケアにはいくつ大きく分けて以下の3種類のタイプがあります。病院によって緩和ケアの実施スタイルが変わってくるのです。

1.病院内ホスピス

病院内ホスピスは病院の敷地内、もしくは緩和ケア科などが設けてあるタイプのホスピスです。病院内ホスピスではさらに3つのタイプに分けられます。

1.1院内病棟型

病院内にホスピスケアを設けている タイプです。総合病院に多い形式で、内科や外科などいくつかの診療科の一つとして、緩和ケア科(ホスピスケア)が設けられています。

1.2院内独立型

病院の敷地内に、独立したホスピスケア病棟の建物があるタイプです。こちらも、総合病院に多いタイプで、建物が独立している分他の診療科と交わらずに落ち着いてケアすることができます。

1.3ケアチーム型

病院内にホスピスケア専門のチームを設けているタイプです。主に、医師や看護師、薬剤師ソーシャルワーカーといった医療従事者で構成されていることが多いです。

2.独立型ホスピス

ホスピスのみを専門として行うタイプの病院になります。独立した建物の中で緩和ケアを行う形式になります。他の診療科がないのが特徴で、主に終末医療の緩和ケアを目的としたホスピスになります。

3.在宅ホスピス

近年、医薬品や医療の進歩により、ホスピスにするのではなく。住み慣れた自宅で緩和ケア行うのが一般的となっています。在宅の場合、医師や看護師薬剤師等のスタッフが患者さんの自宅を直接訪問する形になります。

ホスピスケアはどんな薬剤師が向いているか?

患者さんの痛みは不規則になってきます。そのため、保険医療機関においても、地域医療においても、夜間や勤務時間外にも働かなくてはなりません。

患者さんに痛みが起こっても大丈夫なように、常に患者さんの痛みを理解する姿勢が重要になるでしょう。

また、終末医療の現場と言うこともあり、患者さんだけではなくその家族の気持ちや立場を考えているのに医療に参加することも重要です。

さらに、容体の急変も頻繁に起こりますので、いつ何が起こるか分からない状態で、どんな時でも冷静な判断と星が行えるか薬剤師が過ごされるといえます。

1.コミュニケーション能力が高い

チーム医療と言うこともあり、チーム医療と患者さんや家族との話しあっていく必要があるため、コミュニケーション能力が求められます。

3.メンタルの強さ

ホスピスケアに取り組むにあたり、辛い現実を目の当たりにすることもあります。一つ一つの治療に命の重さを感じる中でで、的確な処置行う事は、並大抵の精神面の強さではとても仕事に取り組むことができません。

さらに、患者さんと家族の苦しみが少しでも軽くなるように、苦しみを分かち合える関係を作る必要があります。

医療チームが緊張していたり不安を感じていたりすれば、患者さんや家族の不安は増大してしまいます。そのため、この人になら苦しみを預けられると思われるようなメンタルの強さは求められるでしょう。

ホスピスケアで身に付くスキル

どんな状態であっても、的確に処置を行うことができるか判断能力や症状を見極める力、また、相手の気持ちになって考えられる能力が身に付くことができます。

容体が急変することも、急に痛みが発生することも考えられるので、臨機応変さが身についていくでしょう。

また、人の命の大切さや精神的に辛い患者さんや家族と向き合っていくことで、人間的にも大きく成長できることでしょう。

さらに、治療法や薬品の進歩により、在宅でのホスピスケアを受ける自宅療養の患者さんも増えておりいます。そのため、在宅医療での治療スキルも勉強することができます。

ホスピスケアに関わる薬剤師の年収

専門施設や病棟で働く場合、年収が500万円前後となります。一般的な病院薬剤師と比べてほぼ変わりがありません。

一方で、在宅医療のホスピスケアの場合、年収は380万円から550万円と夜勤や残業によって大きく変化があります。

また、施設によっても大きく年収が変わってくるため、職場を探す際にチェックしておく必要があります。 ホスピスケアで薬剤師の求人を探している場合、年収の高い求人を探すには転職サイトを活用することをお勧めします。

ホスピスケアの求人の中でも、年収が高いものは、非公開求人として扱われていることが多いです。そのため、転職サイトに登録することで閲覧することができます。

また、転職コンサルタントに相談をすることで、職場見学や求人先の雰囲気など見ることができるので、転職後のギャップも少ないのです。そのため、ホスピスケアの求人を調べるのであれば転職サイトを活用するようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする