薬剤師の結婚後の働き方をまとめてみた

薬剤師が結婚を考える時、働き方を変えるか否か、という問題に直面するでしょう。

家庭を持ちながら、今の職場を続けるのは難しいと感じる場合は転職するか、休職する必要が出てきます。

今転職するべきか、転職するならどのタイミングでするべきかなど疑問は絶えないかと思います。

そこで、この記事では薬剤師の結婚後の働き方かについてまとめていきます。

結婚が決まったらするべきこと

1.転職するか、しないか判断

今の職場でも十分働けそうなら、無理に転職する必要はないですが、家庭と両立するのは難しい職場なら転職を検討する必要があります。

ただ、辞めるかどうか迷う場合には、結婚を機に転職した人がどういった理由で退職しているかを参考にするのがおススメです。

例えば、以下のような会社に勤めている場合、結婚後や妊娠中に働きづらくなると考え、転職する人が多いです。

  • 育児に理解がない会社
  • 通勤時間長い
  • 休みが取れない
  • 粉薬を扱う(妊娠時に胎児に影響する)
  • 労働時間が長い
  • 年収が低い

子育てや家事の両立を考えると、仕事場の労働環境や条件はかなり重要になってきます。

年収もその一つで、これから結婚するとなると、パートナーを支えていく必要があるため低い賃金で働いている人は転職を考えます。病院薬剤師などが特にその傾向にあります。

さらに、今の職場を辞めるかどうかの判断基準として多いのが、「時間」に関する部分です。

通勤時間が長かったり、労働時間が長いと育児や家事にあてる時間も少なくなります。

そのため、労働時間や通勤時間が短く、給料が高い求人が人気になりやすいです。

もちろん、家庭はパートナーに任せて自分は稼ぐことに専念するという場合は変わってきます。

家庭との両立を考えている人は給料と時間を気にする人が多いということです。

また、会社以外に転職を決断する理由としては、結婚を機に引っ越しをするというケースがかなり多いです。

2.転職先を探す

次にどんな求人があるのか、転職先を実際に探していきます。

先程の会社を辞める際の基準を考えるときに自分が職場に求めるものが把握できるかと思います。

そこで得られた、希望の条件や労働環境を元に転職先を探してきましょう。

ただ、この時に求人先はどこで探したらいいかといった疑問が生まれてくるかと思います。

新しい職場を探す際に様々な手段があると思いますが、一番オススメなのが「転職サイトを活用すること」です。

転職先を探す際によく行われる方法として、知り合いや友人の紹介、後はハローワークを使うなどがあります。

しかし、このような方法よりも転職サイトの方が圧倒的に後悔しない転職をすることができます。

まず、友人や上司の紹介された転職先は信頼感があるようには見えますが、働いてみたら全くイメージと違っていたということがよく起こります。

この理由は簡単で、友人や上司は求人先を探すことに関してはド素人だからです。

友人や上司から得られる転職先の情報は一個人の経験に過ぎないので、その職場の客観的に見ることができません。

また、友人や上司に紹介されたとしても1社や2社、多くても3社ぐらいだと思います。しかしこれでは、比較対象が少なすぎるため視野が狭くなってしまいます。

一方で、転職サイトの場合100社以上の求人から最適なものを選ぶことができます。

また、今まで何人もの転職成功者を生み出してきたコンサルタントからアドバイスがもらえるところも強みです。

私自身も、どのようにアプローチしたらいいか自分に合わせたPR方法まで一緒に考えてくれたのでスムーズに転職活動を行うことができました。

次にハローワークがお勧めできない理由としては、求人数が多いものの、無料で求人を投稿できるためブラック企業が多くなってしまうところです。

転職サイトは求人を投稿するのに料金がかかるので、お金に余裕がある企業やお金を払ってでもしっかりと人材を採用したいと言う企業が多いのです。

もちろん、上司や友人の紹介、ハローワークの求人が全て悪いと言ってるわけではないです。もし、そこで自分にぴったりの求人が見つかれば応募すべきだと思います。

ただ、友人や上司の紹介やハローワークだけを参考にするのではなく、転職先サイトも活用した方が成功確率は上がります。

⇒薬剤師専門の転職サイトランキング

3.退職を申し出る

そして、最後に退職を申し出るステップに移ります。一般的には2週間前に今の職場に申し出れば問題なく退職することができます。

しかし、例外として今の会社に勤めるときの契約条件に退職する場合は3ヶ月前に申し出ることと記載がある場合はその規定に従わなければなりません。

そのため、転職活動を始める前に契約条件をチェックしておく必要があります。

退職を申し出る際の不安要素として、強引な引き止めに合う可能性があることです。

しかし、これは全く気にする必要はなく先ほどのように2週間前に申し出れば、退職することができると法律で定められているのです。つまり、強引な引き留めを行った時点で、その会社は法律違反になります。

妊娠を考えると転職は早い方がいい

結婚を機に転職する場合、どのタイミングで転職するべきか悩む人も多いでしょう。こういった場合、妊娠をしているかしていないかがタイミングを決める大きな基準となります。

もし、あなたが妊娠をしているのであれば、今すぐ転職をするべきです。妊娠中(特に後期)は体調の面を気にされてどこの会社も雇ってくれないことが多いのです。

そのため、生活するためにお金が必要だけど、妊娠してて働けないという状況に陥ります。

理想としては、転職した先で数ヶ月間働いて産休や育休を取得するような流れが良いでしょう。

これから子供を作るといった場合には、特に妊娠の期間を計算して転職のタイミングを定める必要があります。

妊娠に適した職場

それでは、妊娠する場合にどのような職場を選ぶのが良いのでしょうか。

やはり気にするべきポイントとしては、扱う薬品が胎児に影響与えないという点です。

冒頭でも少し書きましたが、粉薬を使う場合は胎児に悪影響を与える可能性があります。そのため、分包や散在をなるべく避ける必要があります。

転職前に妊娠してしまった場合には

タイミングが遅れてしまって、妊娠後期と転職活動の時期が重なってしまった場合はどのようにしたらよいのでしょうか。

この場合受け入れてくれる求人数がかなり減りますが、妊婦OKの条件で絞り込めば職場を探すことができます。

ただ、求職活動の疲れから胎児に悪影響が出ることも考えられますので、出来る限り安静にしておいた方が良いかと思います。

目的別の雇用形態

結婚後の働き方として1番の悩みどころとしては雇用形態んです。

正社員で働くべきなのか、もしくはパートの方が良いのか判断しかねる部分もあるでしょう。

そこで、ここでは目的別の雇用形態について解説していきます。

家庭との両立を目指すなら

まず、育児や家事子育てとの両立を目指したい場合にはパート薬剤師がお勧めです。

パートのメリットとしては時間が選べると言うところです。必ず毎日仕事をしなければならないと言うわけではなく、週3出勤なども可能です。

さらに、残業もほとんどなく定時に帰ることができます。

家事や子育てなどもこなさなければならない主婦にとって、融通が利く雇用形態はうれしい部分です。

また時給も高く、平均的には2000〜3000円ぐらいなので給与面も申し分ないかと思います。

規定の労働時間を満たせば社会保険に入れるのもパート薬剤師の魅力です。

家庭と両立させながらスキルアップもしたい

家庭は家庭で大事だけれど、薬剤師としてのキャリアも捨て切れないと言う人は派遣をお勧めします。

派遣はパートと同じように時間が選べて、給料も同じくらい高いです。

ただ、決定的に違うところは病院薬剤師の仕事があることです。病院薬剤師と言えば、薄給で労働時間が長いことで有名ですが、派遣の場合は残業なども、ほぼなく定時で帰ることができます。

時間も融通が利きますし、給料も高いです。そのため、一度は病院薬剤師を経験しておきたいと言う人が結婚を機に派遣として働くことが多いのです。

デメリットとしては、人手が足りてしまった場合は契約が更新されなかったり、勤務地によっては通勤時間が長かったりするところです。

このような条件がありつつも、スキルアップを目指したい人は派遣として働くことを検討してみてもいいかもしれません。

一つの会社で安定して働きたい

しっかりとした福利厚生で、安定して1つの会社で働きたいと言う場合には正社員が向いています。

労働時間が長くなり、休みもなかなか取れないと言ったデメリットはありますが、年収はボーナスを含めればパートや派遣よりも高いです。

このように結婚後の働き方は自分の目的によって最適な職場が変わってきます。

そのため、まずは自分が転職先に求めるものを決めることが大切です。妊娠や出産、子育てなど結婚後も様々なイベントがあると思います。

これからのライフスタイルにマッチした転職をする必要があります。そのため、自分の目的に沿って結婚後の働き方を決めるようにしていきましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする