薬剤師のエリアマネージャーの年収や仕事内容は?


一般的な薬剤師ではなく、管理職の立場として転職を考えている人もいるでしょう。 その理由としては、年収を上げたい、スキルアップをしたいと人それぞれです。

こうした場合、管理者の中でもエリアマネージャーとして転職することもあるのです。 しかし、求人の探し方や仕事内容、具体的な年収など疑問点も多いでしょう。

そこで、この記事ではエリアマネージャーに転職する方法とその環境について解説していきます。

エリアマネージャーとは

調剤薬局グループで全国に展開するようなチェーン薬局であればエリアマネージャーが存在します。

一人当たり10店舗~15店舗をエリアマネージャーが管理するのです。

多い地域だと薬局だと50店舗以上あるケースがありますが、この場合、複数のエリアマネージャーが管理することになります。

エリアマネージャーは管理薬剤師よりも立場が上

管理薬剤師は1店舗の管理ですが、エリアマネージャーは複数の店舗管理するので、一般企業で考えると課長クラスほどの立場だと言えるでしょう。

一般的には店舗において、店長経験がある人がエリアマネージャーに就任するケースが多いです。

薬剤師としての知識や経験はエリアマネージャーでも生かすことができます。その上で、現場の管理や経営能力が求められる職業です。

また、社員の悩みを聞いたり相談をすることでより良い薬局を作っていく立場となります。

エリアマネージャーの仕事内容

薬の調剤薬局やドラッグストアをマネジメントすることが主な業務内容なります。各店舗ごとの売り上げ管理薬剤師との連携などを行っていきます。

また、従業員のリアルな声を聞くことによってどうすれば、スムーズに薬局の回すことができるかを検討します。

さらに、在庫管理や売り上げの拡大などもっと効率よく利益を上げる方法を各店舗ごとに検討するのもエリアマネージャーの仕事の1つです。

薬局ではスピーディーに患者さんの対応をすればするほど、回転数が上がり売り上げの効率も良くなってきます。

ただ、一人ひとりの患者さんに対して上手な接客になってしまったら、その薬局の評判が悪くなり結果として患者さんが来なくなってしまうことにもつながることがあります。

そのため、エリアマネージャー薬局の「利益を最大化させるにはどうすべきか」を常に考え、改善点を見つけていく必要があるのです。

人材管理がメインの仕事

店舗の売り上げの拡大や、在庫の管理、従業員の際などがエリアマネージャーの仕事としては重要ですがそれ以上に、人材管理することがメインの仕事となります。

薬局経営する上で最も重要かつ、難しいのが「いかに薬剤師にストレスを感じず、長く働いてもらえるか」と言う部分です。

人材管理がなぜ重要かと言うと、1人の薬剤師に薬局を止められてしまうと、想像以上に薬局へのダメージが大きいです。

先ほど、店舗の利益を利益を最大化させることをエリアマネージャーは常に考えなくてはならないと説明しましたが、1人の薬剤師が抜けるとその分薬局の効率が非常に悪くなります。

まず、新しい人材を雇わなくてはならないので、求人を出したり、面接をしたりとやらなくてはならない業務が増えます。

さらに、新しく入ったてきた薬剤師に対して教育なども行わなくてはなりません。 このように、1人の薬剤師が辞めることによって薬局が受けるダメージは非常に大きいのです。

また、薬剤師が少なくなってしまい潰れる薬局も多々あります。

しかし、一方で薬剤師を十分に確保できれば安定して薬局経営を行うことができます。こうした背景から薬局での人材管理が非常に重要となってくるのです。

エリアマネージャーのデメリット

では、実際にエリアマネージャーとして働くことのデメリットはあるのでしょうか?

エリアマネージャーは複数の店舗を管理しなければならないため、以下の部分で働きづらいと感じる人もいるでしょう。

1.責任やプレッシャーが大きい

エリアマネージャーの上司である役員や部長から「なぜもっと売り上げが上がらない」「1日の処方箋100枚は捌けるだろ」とプレッシャーをかけられます。

また、薬の店舗を管理者の立場から、薬局が潰れてしまうとエリアマネージャーの責任となります。

先ほど、人材管理が最も重要な仕事であることを解説しましたが、人が集まらず薬局が潰れてしまうとエリアマネージャーの人材管理が甘かったのではないかと上の立場の人から思われてしまいます。

2.中間管理職なので、上からも下からも要求される

役立場の人からは、先ほどのようにもっと利益を上げてくれと言われる一方で、現場の薬剤師からは、「もっと丁寧に患者さんに服薬指導したい」「一人ひとりにかける時間をもっとやりたい」と意見をもらうことがあります。

他にも、薬剤師からは有給が欲しい、もっと給料を上げてほしいといったものもあります。

売り上げや利益を求める上層部と労働条件や働きやすさを求める現場の薬剤師に挟みされるのです。

効率ばかり追い求めてしまって、薬剤師が辞めていくよりかは、上層部から文句言われる方がまだマシと考えるひとも多いですが、上と下のどちらからのよって求める人材が求められる職業といえます。

3.労働時間が長い

エリアマネージャーは複数の店舗管理しなければならない立場上、どうしても労働時間が長くなってしまいます。

1人で10店舗から15店舗管理するので、業務内容も多くなります。

そのため、朝から昼にかけては実際に現場を見に行き、夜は事務所に戻って各店舗の売り上げ管理などPC作業を行なわければなりません。

こうした業務内容から必然的に残業も多くなる傾向にあります。

エリアマネージャーのメリット

では、次にエリアマネージャーとして働くメリットについて見ていきましょう。立場上、一般的な薬剤師とは違った以下のような利点があります。

1.年収が高い

エリアマネージャーになると、年収はで平均で700万円から800万円になります。実績や経験によっては年収1000万円も目指すことができる職業です。

ただ、最初からエリアマネージャーが出して会社に入るケースは少なく、エリアマネージャーでの採用を希望する求人もほぼありません。

そのため、まずはエリアマネージャー候補として入社したり、一般的な薬剤師から昇進を重ねていってエリアマネージャーになるのが一般的です。

もし、エリアマネージャー候補として入社するのであれば、初年度から一般的な薬剤師よりも給料が高めに設定されています。

基本的に年収600万円ほどとなります。 一般的な薬剤師の平均年収は500万円とれているので、エリアマネージャーになることを前提とした採用であれば、最初から薬剤師の平均に年収を超えることができます。

2.経営者の立場から薬局を見ることができる

エリアマネージャーの1番の魅力としては、ビジネスの視点で薬局やドラッグストアを見ることができる点です。

薬剤師として働いているうちは、なかなかビジネスとして捉えることが難しいですが、エリアマネージャーになると、自然とどうすれば売り上げが上がるかという点に気を配るようになります。

その結果、薬局経営のスキルも身につくのです。

そのため、今後独立して薬局を経営していきたいという目標がある人にとっては非常に勉強になる職業であるといえます。

3.転職で有利になる

薬剤師の中でもエリアマネージャーを経験してるのであれば、転職する際に幅が広がります。

薬局の転職はもちろん、エリアマネージャーとして実績を上げれば、企業への転職も可能になります。

また、エリアマネージャーなので、初めから管理薬剤師として転職することもできますし、また現場の薬剤師として働くこともできます。

このように、エリアマネージャーにを経験したことで医薬品業界では、職業選択の幅が広がるというメリットが挙げられます。

エリアマネージャーとして採用される方法

前途の通り、初めからエリアマネージャーを募集している求人はほぼありません。

もちろん、一般の薬剤師の勧めであれば数多く存在しますが、エリアマネージャーを募集する特殊な求人はなかなか見つけることが難しいです。

そこで、転職サイトを活用するようにしましょう。

転職サイトに登録することで、一般には出回っていない非公開求人を見ることができるため、エリアマネージャーの求人が見つかる可能性は十分にあります。

また、エリアマネージャー候補の求人であれば、比較的多く見つかるでしょう。

ただ、エリアマネージャー候補のようなレアな求人はすぐに募集枠が埋まってしまう恐れがあります。

そのため、少しでも早く転職サイトに登録しておき、エリアマネージャー候補の求人が掲載された時にコンサルタントに教えてもらうようにしておくとよいです。

エリアマネージャーのやりがいとは?

エリアマネージャー候補やエリアマネージャーとして店舗管理する立場になれば、薬剤師の調剤スキルだけではなく、薬局全体をマネジメントするスキルも身に付けることができます。

薬剤師それぞれの特徴や性格によって、最も成果の出るやり方を教えたり、薬局の制度などを考えるようになります。

自分のアイディアによって、薬剤師が気持ちよく働けたり、結果が数字(売り上げ)として目に見える形で現れるためモチベーションも上がりやすい職業でもあります。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする