薬剤師転職サイトは選ぶな!適したサイトの確実な探し方

薬剤師として転職する時に転職サイトを活用しない人は少ないでしょう。

しかし、数多くある転職サイトの中で、どれを選べば良いかわからない人も多いと思います。

この時ほとんどの人は、1番良い転職サイトを調べようとしますが、これは人によって変わってきます。

サイトごとに特徴が変わってくるため、すべての人に適しているサイトは残念ながらありません。

人が違えば適した転職サイトも違うと言うわけです。どのサイトが1番自分に適しているのかを真剣に考えてしまうのです。もちろん、転職サイトを見定めるのは重要なことです。

ただ、複数の転職サイトを比較検討して、答えを導き出すよりも効率的で確実な探し方があるのです。

転職サイト選ぶと失敗する理由

転職する際に、よく起こりがちな間違いとして、転職サイトを1つに絞ることが挙げられます。

複数使うことで確実性が増す

なぜ転職サイトを1つに絞ると良くないかと言うと、その分視野が狭まってしまうからです。

仕事を変えたいと思った時に希望の条件というのは誰にでもあるはずです。

家から近い年収が高い

人間関係が良い

転職は今後の人生を大きく左右するものなので、出来る限り希望の条件を満たしたところです。

しかし、ここで転職サイトを1つに絞ってしまうと選択を誤ってしまう可能性が高くなります。

そのサイトの中では魅力的に見える求人でも、他のサイトの求人の方が希望に沿っているケースがよくあります。

このように、自分に合った求人を見つけるためにも、できるだけ視野を広げることが大切なのです。

ただ、視野が広がりすぎると、選択肢が多くなって選びにくくなってしまうと考える人もいるかもしれません。

先ほども述べた通り、転職は人生を大きく左右するものです。

狭い選択肢の中から「これでいいや」と決めてしまい、蓋を開けてみたらヒドイ職場だったでは笑い話になりません。

常にもっと良い条件はないかと追求する姿勢が後悔のない転職につながります。

そのため、一度決断したら後戻りはできないという気持ちで、より良い選択ができるよう広い視野を持つようにしましょう。

ライバルがいないから手を抜く

もう一つ、サイトを絞ることのデメリットとして、転職コンサルタントがサボることが挙げられます。

これは、転職サイトが儲かる仕組みを考えれば理解することができます。

薬剤師専門の転職サイトは人材を薬局や病院、ドラッグストア、企業などに紹介することで利益を上げています。

このような仕組みから、求職者が自社の転職サイトしか使っていない場合、ライバルがいないため簡単に利益になると思われやすいのです。

一方で、2社以上の転職サイトを併用している場合、サイト側は人材をライバルと取り合わなくてはいけません。

そのため、コンサルタントも「なんとしても自社で転職して欲しい」と本気になって取り組んでくれるのです。

この視野が狭くなってしまう点と、コンサルタントが手を抜く可能性があることから、必ず転職サイトは2つ以上は使うようにしましょう。

自分で確かめないことにはわからない

では、自分に適した転職サイトを見つける上で、最も確実な方法をご紹介します。それは、「使ってから判断する」というやり方です。

おそらく、多くの人は転職サイトを使う前に、どれが自分適しているかを検討するでしょう。

しかし、使ってみないとわからないのが正直なところです。

情報を集めて検討するよりも、自分の目で確かめたほうが早いです。さらに自分に適したサイトかどうかも判断できます。

当サイトではランキング形式で、転職サイトの特徴を解説しています。

まずは、今の段階で魅力的に感じるサイトを手当たり次第使ってみることをお勧めします。

これで、自分に適したサイトが見つかるだけでなく視野も広がりますし、コンサルタントも本気になります。

多くの人が使っていても自分には合わない可能性

また、転職サイトを探す時に1番人気のあるものを選ぼうとする人が多くいます。

しかし、いくら人気があっても、あなたに適していない可能性も自分に考えられます。

転職を成功させるには、人気のあるサイトよりも自分に適したサイトを使った方が良いです。

ただ、使ってから判断するという理由で、とりあえず人気のあるものから試してみるのはアリです。

その上で、自分に合う合わないを判断して複数のサイトを使っていくと確実に自分に適したものを見つけることができます。

悪質なサイトも存在する

ここまで、転職サイトを使ってから判断することの重要性を述べてきました。

ただ、一つ注意点があります。転職サイトの中には、求職者のことを何も考えずに強引に転職させようとするところもあるのです。

基本的には、当サイトがおススメしている以下のサイトは有名で満足度も高く、信頼性があります。

薬キャリ

マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

ただ、これらのサイト以外でも自分に合ったものを探したい場合は、コンサルタントに流されないようにしましょう。自分が納得していないことにはYESと答えないようにするのです。

少しでも違和感を感じたら、「検討します」と判断を先延ばしにして、他のサイトと比べてみると良いでしょう。

これが、悪質なサイトに対処する唯一の方法です。担当のコンサルタントによっても変わってくるので、事前に悪質なサイトを見つけることは難しいです。

口コミなどのサイトの悪評が書かれていたとしても、コンサルタントが違えば対応は変わってきます。

そのため、強引な対応に遭ってしまったら担当者を変えてもらうか、違う転職サイトを使うようにしましょう。

失敗しない転職サイトの使い方

このように複数のサイトを使って自分に適しているかを判断することで、確実に希望の求人を探すことができます。

そこで、まずは信頼性が高く、自分が使ってみたいと思うサイトから試していくようにしましょう。

転職サイトを選ぶと視野が狭まってしまうだけでなく、コンサルタントも手を抜いてしまう可能性があります。

転職サイトは自分の目で確かめることが重要です。これが最も確実なサイトの探しかだと言えます。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする