薬剤師からCRC(治験コーディネーター)になるために必要な資格

薬剤師からCRC(治験コーディネーター)へ転職する際に、もっておくと有利な資格などあるのでしょうか?

転職する際に資格を持っていると、実際にスキルがあるかどうかは別として、努力や意欲があることの証明にはなります。

例えば、運転免許を取ったからと言って、すぐには自動車を自在に運転できるようになりません。しかし、教習所の課程を修了して、自動車を扱えることは証明することができます。

そのため、資格があるから採用される確率が跳ね上がるわけでありません。ただ、資格を持っている、持っていないでは与える印象が確実に違ってきます。

やはり資格はあった方が有利

資格は必ず必要というわけではないが…

CRC(治験コーディネーター)になる場合、特別な資格は必要ありません。ただ、これまで医療系の仕事にどのように関わってきたかは問われるようになります。

というのも、CRCの9割は医療関係の国家資格を所持していると言われています。そのため、表向きは無資格でも働けるのですが、実際のところ医療関係の資格なしでは受け入れてくれる企業が少ないのが現状です。

しかし、無資格で働いている人もゼロではないので、前職での大きな実績があれば、受け入れてくれることもあります。

CRC(治験コーディネーター)関連の資格としては、日本SMO協会が発行している「公認CRC制度」や日本臨床理学会が発行する「認定CRC制度」という資格があります。

これらの資格が取得できれば、CRCとして高いスキルがあることを証明することができます。

Point

  • 医療関係の資格があれば圧倒的に有利!
  • 「認定CRC制度」や「公認CRC制度」があったらさらに有利
  • 資格だけではなくスキルも生かせる

薬剤師としての経験が生かせる

新薬の開発をする際に、必ず治験薬を使って臨床試験を行います。このときCRCは薬剤師としての経験があれば、被験者に対して副作用や効果など説明がスムーズにできます

「CRC(治験コーディネーター)の役割」について書いた記事でも述べましたが、治験を円滑に進めるためサポートをするのがCRCの役割です。

そのため、薬や体に関する知識があれば、医師や看護師などの医療従事者との連携もとりやすくなります。こういった背景から薬剤師からCRCに転職し、活躍している人も多いのです。

CRC(治験コーディネーター)に必要なスキル

コミュニケーション能力

治験を円滑に進めるにあたり、医師や看護師、薬剤師、CRA(臨床開発モニター)患者さんなど様々な人と連携を取っていかなければいけません。

そのため、CRCにはコミュニケーション能力が必須となります。一番、重要視されているスキルでもあります。

例えば、治験薬の副作用を患者さんに伝え忘れたとなれば大問題です。さらに被験者(患者さん)からも不信がられてしまいます。そのため、必要な情報をしっかりと伝えるスキルが何よりも求められるのです。

事務作業が得意

CRC(治験コーディネーター)は治験を円滑に進めるための治験に関わる医療従事者と連携をとるのがメインの仕事です。ただ、それ同等に事務作業もかなり多くなります。

特に薬剤師から転職してCRCになった人はこの事務仕事が、慣れない作業で四苦八苦するケースがよくあります。治験はクスリの効果を検証するものなので、多種多様な書類を作成しなければなりません。

そのため、普段からPCの扱いに慣れている人の方が、仕事の効率も上がりますので優遇されます。

英語が操れる

現代は医療のグローバル化が進んでいて、英語の論文を参照する機会がかなり増えています。最新医療に関する論文を調べるにしても、英語が読めることが前提になります。

これからCRCになろうとしているのなら、ある程度の英語力がないと治験をスムーズに進めることが難しくなります。もし、勉強できるようなら早いうちに始めておくことお勧めします。

CRC(治験コーディネーター)の働き方

土日休み

基本的には、SMO(治験実施機関)に努めるケースが一般的です。SMOは病院などの治験を実施する医療機関をサポートする団体になります。

一番大きな特徴としては、土日が休みになる点です。病院や薬局と違って土日のどちらかは出勤しなければならないというわけでもなく、コンスタントに週末が休みになるケースが多いです。

外回りが多い

仕事面での働き方としては、毎日ひとつの職場に通って仕事をするよりも、外回りが多くなります。家から近い時もあれば、遠い時もありますので、時間が不規則になりがちです。

治験には様々な職業の人が関わります。各分野の担当と打ち合わせを重ねる日々になりますので、出勤する場所が頻繁に変わるのがCRCの働き方の特徴です。

CRCの給料は?

未経験でCRC(治験コーディネーター)となった場合、初任給は月収20万~25万円が相場となります。ただ、残業代やボーナスがありますので、年収は400万円程度になることが多いです。

昇給はもちろんありまして、3年目になると月収は25万~30万円に増えます。年収は400万~450万になります。

そして、5年目には月収30万以上になり、年収は500万~600万円となります。

給料がすこぶる高い職種とは言えませんが、普通のサラリーマンと同じぐらいかそれ以上の年収ですね。年収1000万円を目指したい!という人にはあまり向いてないかもしれません。

CRCは医療の進歩に関われる仕事なので、仕事に対して年収よりもやりがいを求める人に向いている職業と言えます。

薬剤師資格などの国家資格があり、それなりに経験もあればCRCに転職することは難しくありません。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする