薬剤師が入社3か月で転職する際の注意点

新入社員として薬局や病院、ドラッグストアで働き始めたのはいいものの、入社からわずか3ヶ月で退社したいと考える薬剤師もいます。ただ、入社3ヶ月で退社をしたいという、自分は甘いのではないかと考える人も多いでしょう。

しかし、辞める決意をした人は、おそらく必死に考えた上で入社3ヶ月であっても、会社を辞めるべきだと結論を出したのではないでしょうか?

ただ、それでも、世間からどう見られるかであったり、もう少し続ければ状況が変わるのではないかという気持ちもあって迷いが生じているところかと思います。そこでこの記事では、薬剤師が入社3ヶ月で薬局や病院を辞めるべきかについて解説していきます。

転職する時期が早すぎるのでは?という周りの目

入社3ヶ月で辞めるのは早すぎるか?

入社3ヶ月で職場を転職しようと考えると、1番のネックとなるポイントが今のタイミングで本当に退社するべきか問題です。

一般的には入社してから3年は働いた方が良いという印象がありますが、入社3ヶ月で転職する人は早すぎるのでしょうか。結論から言うと、転職活動のタイミングとしては非常に早いです。

やはり、せっかく入社したにもかかわらず3ヶ月で辞めてしまう場合、特別な理由がない限り社会生活においては不利になってしまいます。

石の上にも3年は本当か?

「石の上にも3年」ということわざを聞いたことがない人はいないと思いますが、実際にこの話は本当なのでしょうか?確かに3年間続ければ、会社の決まりや仕事内容の全体像が見えてくるはずです。ただ、3年で必ずしも一人前になるとは限りません。

人それぞれ、個人差がありますので、1年間で仕事を覚える人もいれば、5年たっても仕事の全体像がつかめない人もいるでしょう。

石の上にも3年といった言葉があるからといって、とりあえず3年は続けてみようと考えるのは判断としては間違っています。

薬剤師が転職するのに適切なタイミング

では、薬剤師が転職する際に適切なタイミングというのはあるのでしょうか?これは、転職する理由によって変わってきます。

転職する理由によっては、入社3ヶ月でやめた方が良い場合もありますし、何年か続けた方が良い場合もあります。つまり、適切な転職のタイミングはありませんが、転職するのに適切な理由はあります。

そのため、誰にでも当てはまる理想の転職のタイミングは存在しないと考えておいた方が良いでしょう。

入社3ヶ月で辞める理由

では、どのような理由であれば、転職するのに適切だと言えるのでしょうか?薬剤師が入社3か月で辞めてしまう理由を挙げながら見ていきましょう。

1.人間関係

やはり、薬剤師の転職理由として最も多いのが人間関係です。特に新人薬剤師の場合、上司によっては、働きづらい環境となってしまうでしょう。

例えば、パワハラを受けたり、イジメに遭っていたりすると、入社数ヶ月でやめてしまうことがあります。

2.労働条件

特に、求人票を見て今の職場で働くことを決めたのであれば、現実とのギャップを感じているかもしれません。例えば、残業なしと書いてあったが、定時を過ぎても仕事をしなければならないなどです。

3.結婚、出産

もし、入社してすぐに結婚が決まったり、出産をすることになってどうしても今の職場で働けなくなってしまったと言う場合、退社する薬剤師もいます。最も多いのは、結婚が決まって新居に引っ越すことになり、退社してしまうというケースです。

4.仕事上の問題

また、仕事上の問題も薬剤師が、入社3ヶ月やめてしまう理由の1つです。特に新人薬剤師では、ミスが目立ち自分だけ職場の役に立ってないのではないかと考えがちになります。その結果、3ヶ月にであっても薬剤師に向いていないと辞意を固めてしまうのです。

この中で、入社3ヶ月であっても転職した方が良い場合とそうでない場合があります。例えば、仕事上の問題や職場の中に嫌な人がいるといった退職になれば、入社3ヶ月で転職するのは早いといえます。

実際に、職場を変えたからといって嫌な人がいないと限りませんし、仕事の仕事上の問題も入社3ヶ月で自分に見切りをつけるのは早すぎるといえます。

一方で、結婚や出産を機に引っ越しをしなければならない場合や、労働条件が自分の希望と全くマッチしていなかったという場合、今の職場を続けることは難しいかと思います。

また人間関係の問題であっても、パワハラやいじめを受けている場合はすぐにでも会社を変えたほうよいでしょう。

少し嫌な人がいるくらいであれば、今の職場に残るべきですが、暴力や暴言を振る割れたりしている場合は入社3ヶ月であっても対処するべきだといえます。

確実に満足のいく職場の探し方

次は誤った転職活動にならないために慎重に転職先を選んでいく必要があります。

そこで、転職サイトを活用すると良いでしょう。無料で転職コンサルタントに相談をすることができますので、求人先の雰囲気や人間関係、求人票に載っていない情報などを教えてもらうことができます。

特に人間関係がうまくいかずに転職をする場合、転職先でも同じような状況になる可能性もあります。そこで、転職後のギャップを少なくするためにも転職コンサルタントを活用していくのが確実です。

転職では次の職場へのアプローチ方法が大切

やはり、入社3ヶ月で辞めるのは、転職の際にあまり良い印象を持たれません。そこで、誰もが納得できる形で入社3ヶ月で辞めてしまった理由を説明できなければなりません。

例えどんなにスキルがあって知識も豊富な人材だとしても、採用してまたすぐに辞めてしまうのであれば、どの会社も採用したいとは思わないでしょう。

次の職場では長く働けることをアピールしなければなりません。そのため、どのように次の求人先にアプローチするかが大切になります。こういった場合も、転職コンサルタントに相談をすることで、あなたの状況に合ったアプローチ方法を知ることができます。

入社3ヶ月で、会社を辞めてしまった場合やはり転職活動では不利になります。ただその不利な状況での中でどのように求人にアプローチしていけばよいか教えてもらえるのです。

転職コンサルタントは求人先について詳しく知っているので、その求人先に合わせた効果的なアプローチ方法を考えることができます。

あとは、あなたの現在の状況を知ることで、どのようにしてアプローチしていけば最善の結果が得られるかわかります。そのため、転職コンサルタントには、入社3ヶ月で辞めてしまったことを正直に話しましょう。

このように、早期退社をしまった後の転職には転職コンサルタントが欠かせません。誰もが納得できる理由で入社3ヶ月で辞めてしまったのであれば、説明をしやすいですが、そうでない場合は、退職理由を明確に伝えるようにしなければなりません。

次の職場では、長く続けられるようにするためにも積極的に転職コンサルタントを活用していくようにしましょう。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする