薬剤師2年目や3年目での転職を成功させる方法

薬剤師として働いて2年、3年目の段階で転職するべきなのか迷う人も多いでしょう。

入社2、3年で退職することで転職に不利にならないだろうかと不安に感じることもあるでしょう。

もしくは、人間関係がうまくいかずに今の職場を変えたいと感じる人も多いと思います。

そこで、この記事では入社から2年、3年目での転職活動のコツについて解説していきます。

薬剤師2〜3年目の悩み

入社して1年から3年目の薬剤師はなぜ転職したいと考えるのでしょうか。

あなたが、いま転職するかどうが迷っているのであれば、同じ境遇の人の事例を参考にすると良いでしょう。

人間関係

薬剤師として転職をしたいと感じる1番の理由としては、人間関係がうまくいかないことにあります。

特に新人の場合、右も左もわからない状態で働くことになります。

この時に新人を迎える上司の性格によってその職場の離職率がかなり変わってきます。

例えば、少し調剤ミスをしただけで怒鳴りつけたり、暴力を振ったりするような上司の下では誰も働きたいと感じません。

的確な指示をくれる上司と、質問する度に人格否定してくる上司とでは働きやすさに大きな影響が出るのは言うまでもありません。

薬学生は薬剤師国家試験で頭がいっぱいなので、自分の就職先について詳しく調べようとする人が少ないのです。

そのため、人間関係が良くない職場だと知らずに就職してしまうのです。このような理由から、入社してすぐに転職したいと考えるようになります。

年収が上がらない

薬剤師として就職できたのは良いものの2、3年働いても給料が上がらず、昇進できる職場ではないことがあります。

いくら働いても、給料が上がる気配がないため、この職場で働いていても将来的に不安定になるだけだと感じてしまうのです。

そこで、年収が高かったり、仕事ぶりが正当に評価される新しい職場を探そうと考えるのです。

また、私立の6年生大学を奨学金で通った人にとっては、年収が低いすぎると生活が苦しくなります。

多額の奨学金返済が残っているので、今の給料では、到底返せる金額ではないと判断して転職を決断する人が多いのです。

仕事のプレッシャー

薬剤師1年目では、売り上げに対するプレッシャーをかけられることは少ないですが、2年目以降は上司の目も厳しくなってきます。

一つ一つの作業を「もっと早くしろ」と煽られることも多くなるのです。薬剤師になって2年目とは言え、まだ自分のことで精一杯のはずです。

このタイミングで、過度にプレッシャーをかけられると、ミスも多くなってしまいます。

その結果、さらに上司に怒られる回数が増え、今の職場にづらくなってしまうのです。

スキルアップできない

薬剤師として働いているうちにだんだんと仕事に慣れてきて、頭を使う作業が少なくなったと感じる人もいます。

つまり、流れ作業で1日が終わってしまうと感じるのです。

特に調剤薬局で働く薬剤師は仕事内容がある程度決まっているので、ルーチン作業になりやすいのです。

このように毎日、同じ作業繰り返していると自分の薬剤師としてのキャリアに不安を感じてしまう人が多いのです。

スキルアップができずに、ただ働くだけの日々に疑問を感じて転職を考えるのです。

20代は転職に有利

入社して2年、3年で退職するのは転職活動するのにあまり良くないのではないかと思われがちですが、20代の薬剤師は転職に有利な傾向にあります。

30代は人件費が高い

その理由としては、20代の第二新卒はある程度経験がある上に、安く雇用できるため企業側にとってはコスパがよいのです。

20代よりも、30代の方が市場価値が下なので多くの企業はより若い人材を求めます。さらに30代の方が多く人件費がかかってしまいます。

また、第二新卒であれば全くの未経験でないため、新人研修にそこまで時間を取られる心配もないので採用しやすいわけです。

そのため、1つの会社で2年、3年ほど働いた薬剤師であれば問題なく転職することができるといえます。

病院薬剤師は20代を優先して採用する

20代が採用されやすいのは、一般的な薬局やドラッグストアだけではなく病院にも同じことが言えます。

特に病院薬剤師は年齢を重視する傾向が強く、40代以降に病院で働こうととしてもほぼ不可能に近いです。

その反面、病院は20代の若い薬剤師を積極的に採用します。

若い薬剤師の方が、当直や夜勤などがあっても頼みやすいですし、引き受けてくれやすいのです。

40代の薬剤師はまるでいた自分の経験則があるので、頼みづらい要求をしたときに断られる可能性が高いのです。

また、20代や30代であれば年収が低くても我慢してくれることが多いので、病院側としても嬉しいのです。

そのため、病院薬剤師をいつかは結婚したいと思っている人は20代のうちに転職しておくことをお勧めします。

2年目や3年目での転職活動のコツ

根性がないと勘違いされないように注意

入社して2年、3年で転職する際の注意点としては、根性がないと思われないようにすることです。

一般的に見れば2年、3年での退職は少し早いではないかと思われがちです。

そのため、採用する側は「この人はほんとに長く働いてくれるだろうか」と考えるはずです。

単純に根性がないだけでやめてしまった人材を誰も採りたいと思いません。そこで、明確な将来像を語れるようにしておきましょう。例えば、

自分は昔からチーム医療に興味があり、病院薬剤師として働きたいと考えていました。しかし、実家の家計が苦しいため、大学卒業後に病院薬剤師として働くことは叶いませんでした。それでも、病院薬剤師はあきらめきれなかった私は調剤薬局で、家の仕送りをしながらコツコツとお金を貯めてきました。2年(3年)たった今、十分な貯金ができたので、スキルアップのためにも病院薬剤師として働きたいと考えています。

このように、明確に将来像が語れれば、なぜ退職したのかなど説得力をもって詳しく話すことができます。具体的に志望動機や退職理由を伝えることで、根性なしではないことがアピールできます

転職サイトを活用する

本当に明確なビジョンがある人は転職活動する時も困らないと思いますが、特に将来像もなく、ネガティブな理由で辞めてしまったと言う人もいるでしょう。

こういった場合、どのように自己PRすれば良いか分からなくなってしまいます。

この時、自分1人で頭を悩まして、誰もが納得できる自己PRを考えることができれば良いですが、多くの場合はつじつまが合わなくなってしまいます。

1人で志望動機が退職理由を考えても、主観だらけになってしまいます。

例えば、上司とうまくいかずに退職したとします。

すると、以下のよう志望動機を書く人が多いです。

「御社であれば、部下に対して暴言を吐くことがないと確信しています。」

この志望動機は、かなり主観的で印象があまりよくありません。

働いてもいないのに会社の人間性を把握するのは難しいはずです。とりあえず職場が変われば、人間関係が良くなるだろうという考えが見え見えなのです。

また、原因を100%会社のせいにしているのも見て取れます。「喧嘩両成敗」という言葉があるように、人間関係の問題はお互いに少なからず原因があります。

前職を悪く伝えると印象がよくないので、自分にも原因があったことを少しでも伝えるとそれだけで、印象が180度変わります。

このように、自分1人で考えているとどうしても主観的に捉われてしまいます。

そこで、転職サイトのコンサルタントに現状を伝えて、どのようにアプローチすれば良い相談しましょう。

コンサルタントは求人を探してくれるだけでなく、効果的な履歴書の書き方やあなたの状況に合わせた自己PRまで考えてくれます。

特に、ネガティブな理由で辞めてしまった人は転職コンサルタントを使わない手はないでしょう。第三者の意見を聞くことで説得力のあるアプローチをすることができます。

薬剤師が転職する際に必ずといって使用するのが転職サイトです。というのも、100以上の中から自分の希望にあった求人を選べるためです。

 

幸いなことに、登録~転職完了まですべて無料で使うことができます。登録にかかる時間は2、3分程度です。ただ、転職サイトにも向き不向きがありますので、自分に合ったものを探す必要があります。

 

以下の記事では、薬剤師専門の転職サイトをランキング形式で特徴を解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱…

シェアする