薬剤師専門の転職サイトの特徴とランキング

薬剤師の多くが転職時に活用する「転職サイト」ですが、実際にどれを使えばよいかピンとこない人も多いかと思います。サイトによって強みや弱みが変わってきますので、特色を少しでも把握した上で使うようにしましょう。

そこで、この記事では転職サイトごとの特徴をそれぞれランキング形式で挙げていきます。自分の希望とマッチしたものから登録して試してみると良いでしょう。

薬キャリ(エムスリーグループ)

エムスリーキャリア株式会社が運営する「薬キャリ」(ヤクキャリ)は、月間約9万人が利用している、日本最大級の「薬剤師専門の転職支援サイト」です。病院薬刺師で臨床での経験がある人であれば「エムスリー(m3.com)」というサイトを耳にしたことがあるかもしれません。

「m3.com」は医師だけでも20万人以上の登録があり、医師、薬剤師の転職サポートや最新医療の情報を伝えています。こういった超有名サイトとの連携もあって幅広い求人や転職に関する情報を持っているところが多くの人に選ばれている理由の一つです。

また、エムスリーが薬剤師の転職で一番力がある状況は採用側であればだれもが納得するのが現状です。つまり、採用側にも信頼のサイトなため、多少なりとも有利に転職活動をすることができます。

転職サイトの特徴としては、面談してじっくり話し合うという形式ではなく、薬キャリは多くの求人を紹介していくのが特徴です。

自分の希望条件と照らし合わせて、一つの求人を徹底的に検討したいという人にはむいていません。また、薬キャリには年収が高いの案件が多いため、高収入を目指したい人には適切なサイトだと言えます。

コンサルタントとは電話やメールでのやり取りがメインになりますが、返信などのレスポンスが高く安心できるとの評判があります。

このような特徴から「多くの求人見たい」「高収入に興味がある」「自分で比較して決めたい」という方にはピッタリな転職サイトだと言えましょう。

 

マイナビ薬剤師

マイナビと聞いて、なんの会社かわからない人はおそらくほぼいないと思います。それだけ転職業界で成功しているサイトになります。マイナビは薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師の専門転職サイトです。

総合人材派遣の最大手会社になります。とにかく知名度が高いので、ブランドや信頼という意味では安心して利用できる薬剤師転職サイトです。その強みは大手薬局から病院、製薬企業など、幅広く求人を保有していることです。

また、転職先の環境や人間関係をチェックしやすい点もユーザーからの信頼につながっています。大きな特徴はとしては、中小企業や地方の薬局・病院は弱い傾向にありますが、その反面、大企業とのつながりが強いです。

他の転職サイトに比べると、圧倒的に大手へ転職しやすいので、大手企業へ行きたい場合はマイナビ薬剤師をおすすめします。



ファルマスタッフ

全ての都道府県で計500店舗以上の調剤薬局を展開する日本調剤のグループ会社です。大きな企業でありながらも、転職希望者一人一人としっかりと向き合っていくスタイルが特徴的です。

コンサルタントとの面談はもちろん、面接同行まで含めてフォローが手厚いです。また、必ずコンサルタントが予め求人先に出向き、視察してくれるのもメリットの一つです。

人間関係、経営者の方針、職場雰囲気などを企業側から具体的にヒアリングし、その内容をあなたに共有してくれるのためミスマッチも起こりづらいです。

ただ、あなた自身で職場環境を見に行く機会は必ず作ってください。コンサルタントの手厚いフォローがあっても、あなたとの捉え方と違う部分もありますので、施設見学を行っていくとさらに転職先を間違えることが少なくなります。

さらに、ファルマスタッフは他のサイトに比べて、派遣の求人も多く保有しています。そのため、主婦など家庭との両立を目指したい人に人気があるのです。また、登録するだけで「薬剤師保険調剤テキスト(全96ページ)」がもらえる特典も好評です。

こうして見ると、割かしメリットづくめの転職サイトのように感じますが、じっくりと求人を検討するためどうしても就職までの時間がかかってしまいます。

そのため、時間に余裕があり、自分の希望にマッチした転職先を確実に見つけていきたいという人には非常に適した転職サイトだと言えます。


まずは自分の目で確かめることが大切

ここまで、オススメサイトの特徴やメリット、デメリットを解説していきましたが、一番大切なのは情報に振り回されるよりも、まず、自分の目で確かめることです。

他の人が「すごく良かった」と評価している転職サイトが、あなたにとっては全く使い物にならないということもあり得るからです。私も多くの人がお勧めしているからという理由で、転職サイトを選んだことがありました。

もちろん特徴なども調べ、自分のニーズに合ったサイトを選んだつもりではいました。しかし、実際に蓋を開けてみれば、良い求人が見つからないという経験があります。

そのため、転職に成功している人は複数のサイトを自分の目で確かめて、最も自分に適した転職サイトをメインに活用するようにしています。情報だけで判断せず、実際に登録してみてどのような求人があるのかをチェックしなければ、結局のところ自分に合っているのかわかりません。

ぜひ薬剤師の転職サイトに迷っている方は小さく始めて、試してみるという考え方をもって転職活動に取り組んでみてください。